カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

痛恨の敗戦…… 11月26日アウェイ 藤枝MYFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第33節、ブラウブリッツ秋田は敵地で藤枝MYFCと対戦し、3対0で敗戦。前節首位へ返り咲いた秋田でしたが勝ち点を伸ばすことができず順位を3位に後退。しかし、優勝を争う栃木SC、アスルクラロ沼津がそれぞれ引き分けたため3チームが勝ち点1差のまま今季最終戦を迎えることとなりました。

雪が舞うなかで行われた前節のホーム最終戦では、前半で2点のリードを奪った秋田が後半に追い上げを見せた福島ユナイテッドFCの反撃を振り切って2対1で勝利。第22節以来となる首位返り咲きで迎えた今節は秋田が藤枝のホームスタジアム、藤枝総合運動公園サッカー場に乗り込んでの一戦となりました。そして会場には秋田をはじめ全国各地から約70名近くのサポーターが応援に駆けつけてくださいました。この場を借りて心より御礼を申し上げます。

これまで秋田攻撃陣を支え、全試合出場を果たしてきた前山恭平がメンバー外となるまさかの事態にサポーターも困惑するなか試合は13時キックオフ。先制点を奪いたい秋田は風下から攻めるもなかなかシュートまでつなげることができず前半に放ったシュートはわずか3本のみ。それでも、リーグ3位の得点数で厚みのある攻撃をしかけてくる藤枝に対して守備陣が落ち着いたプレーでわずかシュート1本に押さえ込み、前半はスコアレスのまま後半へ。

エンドが変わった後半、秋田は同12分に山田尚幸がミドルシュートを放つも相手GKの好セーブによってゴールならず。惜しいチャンスが続くなか、後半26分、相手の右サイドからのクロスを頭で合わせられたシュートがポストに当たり、その跳ね返ったボールを押し込まれて失点。さらに2分後の同28分に再び右サイドからのクロスを合わせられ、相手選手の手に当たって入ったシュートがゴールと判定される不運も重なり、2点のビハインドとなる。

あとがない秋田は、日髙慶太に代えて遊馬将也をピッチに投入も後半39分にボール処理のミスから相手にゴールを奪われて3失点目。その後、選手を入れ替えて反撃に出た秋田でしたが最後まで1点が遠く。ホームゲームで強さを見せる藤枝の勢いに抑え込まれて完敗(0対3)を喫してしまいました。

この結果、17勝7分7敗の勝ち点58の秋田は3位に後退。勝ち点差1で栃木が再び首位となり、秋田と同勝ち点ながら得失点差により沼津が2位に浮上しました。3チームが勝ち点1差となる大混戦のなか、いよいよ迎える今季最終戦は12月3日(日)敵地・とりぎんバードスタジアムでガイナーレ鳥取との対戦(13時キックオフ)となります。

秋田が優勝するためには鳥取戦で勝利(勝ち点61)し、直接対決となる沼津vs栃木が引き分け(沼津が勝ち点59、栃木が勝ち点60)とならなければいけません。他力本願とはなりますが、まずは絶対条件となる鳥取戦での勝利に向かって、選手たちを全力応援で後押ししていきましょう!

現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

 

【追記】
大学を卒業して2010年に当時JFL所属のブラウブリッツ秋田に入団し、2015シーズンまでの6シーズンを秋田でプレーした藤枝の三好洋央選手が今季限りでの引退を発表しました。

プロ2年目から頭角をあらわした三好選手は、JFL時代は攻撃の要として降格のピンチを救う活躍を見せ、またJ3元年となる2014シーズンにはチーム得点王となる12ゴールを記録。2016シーズンに藤枝へ移籍し、古巣・秋田との対戦ではきっちりと恩返しゴールも(笑)。
苦しい時代を支えた戦士のひとりとして、またサッカーへ真摯に取り組む姿に三好選手は多くのサポーターから愛されていました。

藤枝戦の試合後には三好選手本人が秋田側の応援席を訪れて挨拶に。サポーターからは三好選手の秋田時代の横断幕に集められた寄せ書きメッセージが贈られました。

三好選手の第二の人生の活躍を心より応援します!
ミヨ、ありがとう!!

浦島選手に寄せ書きメッセージを贈りました

公式リリースにもある通り、2016シーズンから秋田でプレーしてきた浦島貴大選手が今シーズン限りでチームを離れることになりました。FC琉球から移籍加入した浦島選手は左サイドのポジションでレギュラーを奪うと21試合に出場して3ゴールを記録。積極的な攻撃参加と空中戦での抜群の強さで攻守にわたって活躍を見せました。

ところが昨年9月の第22節・FC東京U-23戦の試合中に負傷した浦島選手は、右膝前十字靱帯損傷および外側半月板損傷により全治8カ月と診断されて戦線を離脱。懸命のリハビリによって今年9月の第25節・鹿児島ユナイテッドFC戦で約1年ぶりに復帰を果たし、翌節の相模原SC戦では先発出場するも、このゲームで浦島選手は再び同じ箇所を負傷。右膝前十字靱帯再断裂による全治8カ月の診断で、11月21日に手術を受けました。

そこでわれわれBLUE+AKITAでは、秋田のために全力プレーでピッチを沸かせてくれた浦島選手へ、手術&復帰に向けての激励メッセージを贈りたいという思いからホーム最終戦で寄せ書きメッセージを集め、ホーム最終戦後に浦島選手本人に贈呈いたしました。

贈呈した寄せ書きは浦島選手のインスタグラムで見ることができますコチラ

浦島選手のいち早い復帰をお祈りすると共に、秋田で2シーズン共に闘ってくれたことへの感謝を申し上げたいと思います。

ありがとう浦ちゃん!
一緒に優勝するぞ!!

遂に首位奪還!11月19日ホーム 福島ユナイテッドFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第32節、ブラウブリッツ秋田はあきぎんスタジアムでホーム最終戦・福島ユナイテッドFCと対戦し、2対1で勝利。秋田は第22節以来となる首位に返り咲きました。

季節外れの寒波が日本海側を襲い、各地で降雪となった2017年11月19日(日)。試合開始時の気温は2.4度と1月初旬並みの寒さで、さらに風速8メートルの強風がピッチ上を舞う悪天候のなか、ホーム最終戦となったこの日は2381人の観衆がスタジアムに詰めかけました。首位・栃木SCとはこの時点で勝ち点2差、残り3戦、まだまだ優勝を狙える位置につけているなか同じ東北のライバルである福島との一戦は、秋田にとって絶対に負けられない闘いとなりました。

今節は山田尚幸が累積警告によって出場停止となったため、日髙慶太が先発出場。広い視野で正確なパスを前線に通す日高の活躍に期待がかかります。試合は13時キックオフ。コイントスによって逆のエンドを選び、前半は風上となった秋田は積極的な攻撃で福島ゴールに攻めかかります。一方、風下となった福島も風の影響を受けにくい低いパスで繋ぎながら応戦。序盤は両チームによる激しい主導権争いとなるなか、前半11分に後方の千田海人から相手DFの間を突くパスが裏に抜け出した久富賢に渡るも、相手GKのブロックによって久富はシュートを打つことができず。

一進一退の攻防のなか前半30分、秋田にコーナーキックのチャンス。キッカー前山恭平の蹴ったボールを相手GKが前に出てキャッチしようとするもボールは手をかすめて後方へ。するとファーでフリーとなっていた韓浩康のところにボールがこぼれ、韓はダイレクトでシュート性のクロスをゴール前へ入れると、これが相手DFのクリアミスを誘って弾かれたボールはそのままゴールへ。思わぬ形で秋田に先制点が生まれました!

先制して勢いに乗る秋田はその2分後、相手の激しいプレスからロストしそうになったボールをすかさず拾った日高が前線めがけて素早くボールを送ると、ここで抜け出した久富賢がボールに追いつきドリブル突破。久富はペナルティエリア手前で中央に切り込んで左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール左隅に決まって追加点。今季9得点目となる久富のゴールで秋田がリードを2点とします。

そして迎えた後半、風下で守る秋田に対して2点を追う福島は長身の外国人選手を前線に置いて攻撃の圧力を強めます。すると後半7分、相手のヘディングシュートをGK松本拓也が弾いて好セーブを見せるも、そのクリアボールを相手に繋がれるとクロスから再び頭で合わせられて失点。後半開始早々の失点によって1点差となり、試合の行方がまだまだわからないゲーム展開に。さらに猛攻を仕掛ける福島に対し、山田に代わってこの日キャプテンマークをつけた有薗真吾を中心に守備陣が懸命のディフェンスでゴール前を守ります。

風下になってなかなか相手陣内に攻め込むことができない秋田ですが、後半26分には途中交代で入った遊馬将也が、さらに後半36分にはセットプレーから有薗がシュートを放つも、いずれも相手GKの好セーブによって得点ならず。そしていよいよゲームはアディショナルタイム(4分)に突入。杉山弘一監督は田中智大に代えて堺俊暉をピッチに送り込んで相手のパワープレーを防ぎにかかると、秋田は最後までこの1点差を守り切って試合終了のホイッスル。最後は前が見えにくくなるほどの猛吹雪となったピッチ上だが、粘り強い守備で逃げ切った秋田が福島との東北ダービーを制しました!

この結果、秋田は17勝7分6敗で勝ち点を58に伸ばすと、栃木が引き分けたため勝ち点で並び、さらに秋田が得失点差でわずかに栃木を上回ってるため(秋田が+22、栃木が+20)、第22節以来となる首位に返り咲きました! 3位・アスルクラロ沼津も含めて上位3チームが勝ち点1差で優勝を争う大接戦に。また、4位・鹿児島ユナイテッドが引き分けたことにより、秋田は昨年の4位を上回る3位以上が確定しました。

雪が激しく舞うなかでの激闘を制した秋田はホーム最終戦を白星で終え、残り2戦はアウェイゲームとなります。次節は11月26日(日)に敵地・藤枝総合運動公園サッカー場で9位・藤枝MYFCと対戦(13時キックオフ)です。首位に返り咲いたものの、優勝に向けて絶対に負けられない闘いはまだまだ続きます! 現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!