タグ別アーカイブ: あきぎんスタジアム

2018シーズン第32節 vsカターレ富山 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第32節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで12位・カターレ富山と対戦し、AT突入直前に藤田祥史がPKを決めて追いつき、2対2の引き分け。ホーム最終戦を白星で飾ることはできなかったものの、最後まで粘り強い闘いを見せて観客を沸かせました。

前節・ギラヴァンツ北九州戦で連敗を止めた秋田が今シーズンのホーム最終戦に臨みました。来季からホームスタジアムが現在改修工事が進められている秋田市営八橋運動公園陸上競技場に変わることから、2013シーズンからホームスタジアムとして数々のドラマを生み出してきたあきぎんスタジアムとは今季かぎりで一旦お別れとなります。そのファイナルで有終の美を飾ることができるか 、さらにあと2ゴールと迫ったチームでのJ3通算200ゴール目にも期待がかかります!

前半は秋田が攻勢に出るも23分、相手の中央突破を止められずにゴールを割られ、先制点を奪われます。しかし、すぐさま反撃に出た秋田は、中央の吉平翼から前線に縦パスが通ると抜け出した外山凌が巧みなトラップからシュート。これは相手GKの好セーブによって阻まれるも、弾かれたこぼれ球に反応した久冨賢が猛ダッシュで追いつき折り返すと、青島拓馬がダイレクトで右足を合わせてゴールネットを揺らし、同点に追いつきます!

ここから一気に逆転したい秋田ですが、36分にクリアミスから相手に繋がれて失点。再びリードを許して後半へ。後半開始早々に迎えたコーナーキックのチャンスでは続けざまにシュートを放つも、いずれも相手GKの好セーブに阻まれて得点ならず。早い時間帯で追いつきたい秋田ですが、引いて守る相手に攻め手を欠き、時間だけが刻々と進んでいきます。

後半40分、間瀬監督は久冨に替えて中村亮太を投入。すると後半44分、韓浩康を前線に上げてパワープレーに出ると、ペナルティーエリア内で中村が相手選手からファールを受けてPKを獲得。この日集まった2,500人を超える観客が固唾をのんで見守るなか、キッカーの藤田が相手GKの裏をキッチリ突いてゴール右に叩き込み、土壇場で秋田が同点に追いつきます。そして、前節に続いて2試合連続ゴールとなった藤田の今季4ゴール目により、秋田はJ3通算200ゴールを達成しました!

ATは3分、逆転を目指して最後の猛攻に出た秋田は、左サイドからの藤田のクロスにゴール前へ飛び込んだ日高慶太がダイビングヘッドで合わせるも、わずかに外れてゴールならず。そして相手の攻撃を凌ぎ切ったところで試合終了のホイッスル。9月の盛岡戦以降ホームでの勝利から遠ざかっていただけに最後は勝ってみんなで喜びを分かち合いたいところでしたが願い叶わず。しかし、最後まで粘り強く闘い、2度に渡って同点に追いついてみせた選手たちに試合後はサポーターから大きな拍手が沸き起こりました。

この結果、秋田は11勝7分12敗で勝ち点40とし、順位は変わらず8位のまま。シーズンも残り2戦、いずれもアウェイゲームとなりますが、次節は11月25日(日)敵地で福島ユナイテッドFCとの東北ダービー(とうほうみんなのスタジアム、13時キックオフ)です。今季ホーム開幕戦では1万人以上を集めた観客の前で苦杯を喫しているだけに、そのリベンジを果たしたいところ。今こそ秋田のチカラを、そして気持ちをひとつに”全員力”で闘いましょう!

2018シーズン第26節 vsザスパクサツ群馬 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第26節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムでザスパクサツ群馬と対戦し、0対1で敗戦。連続負け無し試合は7でストップとなり、順位も7位に後退しました。

10月6日(土)の深夜から7日(日)の午前にかけて台風25号が最接近し、秋田県も暴風警戒域に入ったため試合開催も危ぶまれましたが、キックオフ時刻を13時から15時に繰り下げて行われたこの日のゲーム。4位・ザスパクサツ群馬をホームに迎えた一戦は、同じJ2昇格を目指すライバルとして絶対に負けられない試合でした。

前節からメンバーが入れ替わり、秋田の間瀬秀一監督はこれまでFWとして出場していた遊馬将也をなんと左SBで先発起用。さらに前節では途中出場からゴールを決めた藤田祥史を2試合ぶりに先発に戻すなど、堅守の群馬を秋田がどう攻略するかに注目が集まりました。

15時キックオフの頃には台風による影響は少なくなったものの曇天模様で時折雨がぱらつくという状況にスタジアムでは既にナイター照明が点灯。試合は前半からチャンスを作って攻勢に出た秋田ですが先制点は奪えず。そしてスコアレスで折り返した後半7分、相手の決定的な場面で遊馬が身体を張ってゴールを守りますが、直後のコーナーキックで相手に頭で合わせられて失点。またも先制点を許した秋田は4試合続けて追いかける展開に。

しかしこの日はゴールが遠く得点を奪うことができず。さらには経験豊富な選手が多い群馬の試合巧者ぶりに秋田は最後まで翻弄され、前半・後半あわせてシュートはわずかに5本と攻撃が不発。結局、スコアが動かないまま0対1ので大事な一戦を落とした秋田は、J2昇格争いから一歩後退する結果をなってしまいました。

この結果、10勝6分9敗で勝ち点36から伸ばすことができなかった秋田は6位から7位へと後退。残り7試合でJ2昇格のためにはひとつの負けも許されなくなった秋田としては、ここが最大の踏ん張りところとなります。そして注目の次節は、10月14日(日)、敵地にてFC東京U-23との対戦(14時キックオフ、江東区夢の島競技場)です。この試合のあと1週お休みが入り、Y.S.C.C.横浜とのアウェイゲームと、関東での試合が続きます。アウェイにもかかわらず多くのサポーターが応援に駆けつけてくれる関東アウェイで昇格への望みを繋ぐことができるのか!?

今こそみんなで秋田を叫び、共に闘いましょう!

2018シーズン第23節 vsガイナーレ鳥取 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第23節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムでガイナーレ鳥取と対戦し、2対2の引き分けで順位は変わらず5位のまま。連勝は4でストップとなりました。

アウェイで行われた6月の対戦ではシュート数わずか3本に抑え込まれ、0対2で完敗を喫している秋田。それだけにホームできっちりとリベンジしたいところ。一方、鳥取はフェルナンジーニョ、レオナルドのブラジルコンビがチームを牽引するなか、若手選手もこれに付随して才能を発揮し、リーグ序盤では首位に立つなどの躍進を見せ、昨年最下位から一気に巻き返しを図っている。J2昇格を目指すチーム同士の対戦ということでこの日も互いに一歩も譲らない拮抗した試合となりました。

試合レポートに入る前に……、今年で5回目となるブラウブリッツ秋田と中央大学FLP小林ゼミによる共同プロジェクト『福+(ふくたす)プロジェクト』が当日開催されました。各地で開催されたスポーツイベントの参加者約120名が試合観戦に訪れ、われわれBLUE+AKITAも”サポーター体験”コーナーに参加して応援のレクチャーを行いました。スポーツを通じての地域活性化を目的とした本プロジェクト。このために早くから来県して準備作業を進め、素晴らしいイベントを企画、運営してくださいました中央大学FLP小林ゼミの皆様に心より御礼申し上げます。

15時キックオフのゲームは開始直後から動きます。先にコーナーキックのチャンスを得た鳥取は、ファーへ流れたボールを巧みなテクニックでキープしたフェルナンジーニョがサイドを駆け上がった魚里へヒールパス。魚里がすかさずクロスを入れると、ゴール前のスペースにうまく入り込んだレオナルドが頭で合わせ、開始1分で鳥取が先制。最近では珍しい開始直後の失点で秋田は追いかける展開となります。

反撃に出る秋田は前半11分、この日は右サイドで先発起用となった古田寛幸からのクロスにゴール前で平石直人がダイレクトでシュートを狙うもミートせず。すぐさま撃ち直したシュートは惜しくも枠外へ。この絶好機を逃してスタジアムに嫌な雰囲気が流れるなか、前半18分、コーナーキックのチャンスからキッカー・古田の蹴ったボールにニアへ走った千田海人が後方へ流すと、ゴール前で待ち構えていた藤田祥史が頭で合わせて同点ゴール! 秋田サポも待ちに待った藤田の今季初ゴールでスタジアムは一気に反撃ムードへ。

突き放しにかかった秋田は攻勢に出るも絶好機を決めきれず。すると前半35分、後方でのパス回しで生まれた一瞬のスキを突かれ、鳥取のレオナルドに再びゴールを許して1対2。秋田は再び追いかける展開となり、後半へ。

後半は一進一退の攻防となりGK松本拓也を中心とした秋田守備陣は懸命のディフェンスでピンチを凌いで追加点を許さず。後半15分を過ぎたところで間瀬秀一監督は最初のカードとして外山凌をピッチへ送り込むと、同22分には中村亮太、久富賢を同時投入してゴールを狙いに行く。すると後半34分、最終ラインの尾本敬からくさびのボールが入ると、ここから日高慶太がロングパスで右サイドへ展開。フリーとなっていた久富がパスを受けるとゴール前へクロス。ニアにいた中村は合わせられず相手DFにクリアされるも、このクリアボールがペナルティエリア内でフリーとなっていた前山恭平へとこぼれ、前山は左足を振り抜く。このシュートがゴールネットに突き刺さり、ようやく同点ゴール! 第19節・長野戦以来となる前山の今季5ゴール目の同点弾で試合を振り出しに戻します。

ここから逆転に向けての気運が高まり応援の声もさらに一段大きくなるなか、後半43分、江口直生の見事なキラーパスに抜け出した久富がシュートを放つも相手DFが伸ばした足にわずかに当たって惜しくも枠外へ。その後、アディショナルタイムに突入して間もなく、相手のカウンター攻撃からレオナルドにシュートを撃たれるも、ここは松本拓也がファインセーブでゴールを守り、秋田を絶体絶命のピンチから救う。最後まで両チーム激しい攻防が繰り返されるも、ここで試合終了のホイッスル。2度にわたって追いつく粘りを見せた秋田でしたが、勝ち越しとはならず。2対2の同点で両チームが勝ち点1を分け合う結果となりました。

この結果、秋田は10勝4分8敗で勝ち点34となり順位は5位のまま変わらず。首位・琉球は負けたものの、2位・鹿児島が勝ったため、J2昇格圏内となる2位との勝ち点差は9へと広がりました。リーグは残り10試合。まだまだ優勝の可能性は残されております。最後まで諦めずに闘う選手たちをわれわれも全力応援でサポートしていきます!

さて次節はホーム連戦となり、9月23日(日)に秋田市八橋運動公園陸上競技場にガンバ大阪U-23を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。2020年東京オリンピックの日本代表候補にも選出されている才能溢れるホープたちが集まるチーム、そして前節では首位・琉球を倒して勢いに乗っているだけにまったく油断できない相手です。連勝はストップしてしまいましたが、ここから10連勝目指して共に闘っていきましょう!!