タグ別アーカイブ: あきぎんスタジアム

2018シーズン第13節 vs FC東京U-23 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第13節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで15位・FC東京U-23と対戦し、0−0のスコアレスドロー。勝ち点1はあげたものの1カ月ぶりの勝利とはなりませんでした。

この結果、秋田は5勝2分6敗の勝ち点17で順位は変わらず10位。次節は6月16日(日)、敵地で11位・藤枝MYFCと対戦(藤枝総合運動公園サッカー場、13時キックオフ)です。3連勝中と好調の藤枝相手に秋田は敵地で勝ち点3を奪うことができるか!? 熱い闘いにぜひご期待ください!

2018シーズン第11節 vs AC長野パルセイロ 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第11節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで13位・AC長野パルセイロと対戦し、1-2で敗北。vs長野戦ホーム初勝利とはなりませんでした。

秋田県内では18日からの記録的な大雨で秋田市では一日の降水量が観測史上最大となるなど試合開催も危ぶまれましたが、天気が回復して試合当日の20日は朝から晴れとなり、ひさびさに天気に恵まれたホームゲームとなりました。

この日の先発メンバーは、開幕から全試合に出場して攻守でチームを支え続けていた久富賢、韓浩康がメンバーから外れ、遊馬将也、堀田秀平が先発入り。遊馬はリーグ戦今季初先発となりました。

前半はコイントスで勝った長野がエンドチェンジを選択したため秋田によってキックオフ。秋田はいつも通り序盤から球際で強くプレスをかけてボールを奪いに行こうとするも、長野は細かくパスをつなぎながらこれをかわしていく。それでもしつこく相手DFの裏などを狙って崩しにかかる秋田だがチャンスはあれどフィニッシュにつなげるまでには至らず。シュート0本のまま両者スコアレスで前半終了。

試合が先に動いたのは後半15分、左サイドでこぼれ球を拾った前山恭平のパスから藤山智史がこれをダイレクトで前線に縦パス。このパスに反応した遊馬が相手DFの裏へうまく抜けると、すかさず放ったシュートは前に出てきた相手GKの股を抜けてそのままゴールマウスへ。杉山弘一監督の起用に応えた遊馬が今季初ゴールを決めて秋田に待望の先制点をもたらしました。

さらに追加点を狙いに行く秋田の杉山監督は、後半22分に先制点を決めた遊馬に替えて吉平翼を投入。ところが後半39分、相手の左サイドからのクロスに対するペナルティエリア内での競り合いでDF尾本敬が長野のFW萬代宏樹の腕を掴んで決定機を阻止したという主審の判定によって反則→PKとなり、これまで好セーブ連発でピンチを救ってきたGK清水慶記もこのPKは止められず失点してしまう。

同点に追いつかれた秋田は青島拓馬に替えて4月のY.S.C.C.横浜戦以来の出場となる中村亮太がピッチへ。さらにアディショナルタイムが経過して藤田祥史も投入されて最後まで勝ち点3にこだわった勝負を見せるも、アディショナルタイム突入から6分、最後の攻撃に出た長野にペナルティエリア前でパスを繋がれるとフリーで受けた三上陽輔のミドルシュートが秋田のゴールへと吸い込まれ、その直後に試合終了のホイッスル。試合終了直前にまさかの逆転ゴールを許した秋田が1−2で敗れました。

この結果、5勝1分5敗で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は順位をひとつ下げて6位に後退。昨季、先制した試合では勝率8割超を記録していた秋田ですが、今季11試合を終えた時点ですでに逆転負けが2試合となっており、このあたりがなかなか波に乗れない原因となっているようです。さらに複数得点を記録した試合がまだ2試合のみで得点不足(※得点数はリーグ12位)となっているのも気になるところ。天皇杯1回戦が入ることにより次節まで2週空くため、どう課題を克服していくか注目です。

さてその天皇杯ですが、秋田県代表として17年連続25回目の出場(※前身のTDKサッカー部時代も含む)となるブラウブリッツ秋田は、1回戦で千葉県代表のVONDS市原と激突します。昨季関東リーグ1部で優勝し、現在JFL昇格を目指すV市原を率いるのは、かつて清水エスパルスで監督を務めていた(2000〜2002シーズン)経験もあるゼムノビッチ・ズドラヴコ氏。そして選手では、元日本代表の山岸智、かつて川崎フロンターレで活躍したレナチーニョが名を連ねており、秋田で2014〜2015シーズンにプレーした峯勇斗も主力として活躍中。決して侮ることができないチームです。この試合に勝てば2回戦でJ1・柏レイソルとの対戦となりますが、まずは大事な初戦、一発勝負のトーナメント形式となる天皇杯で秋田はどんな闘いを見せるのか、5月20日(日)、会場は秋田市八橋運動公園陸上競技場にて13時キックオフです!

2018シーズン第9節 vsギラヴァンツ北九州 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第9節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで15位・ギラヴァンツ北九州と対戦し、1-0で勝利。3連勝を飾った秋田は順位を7位から4位に上げました。

前節・カターレ富山戦から中3日のミッドウィークに行われたこの一戦。朝から雨が降るあいにくの天気ではあったもののキックオフの頃には雨もあがり、まずまずのピッチコンディションのなか13時キックオフ。秋田の先発メンバーは富山戦と同じ。そして第5節・Y.S.C.C.横浜戦に出場して以降メンバーから外れていた中村亮太がひさびさのメンバー入りを果たしました。

試合は序盤から北九州ペースで進み、再三にわたってピンチを迎えるもGK清水慶記が好セーブを連発するなど得点を与えず。さらには田中智大ら前線の選手も下がって守備に加わり、先手を奪いたい北九州の攻撃を凌ぎ切ると、前半36分、相手選手によるファールからFKのチャンス。キッカー前山恭平が蹴ったボールは相手GK のパンチングによって弾かれるも、このボールをPA手前にいた山田樹がヘディングで前方へ。するとややライナー気味となったボールに対して尾本敬が右足のカカトを当ててヒールキック。ループシュートのような弾道を描いたボールはそのままゴールへと吸い込まれ、秋田が先制! 尾本はこれが秋田での初ゴールとなりました。前半はわずかシュート1本のみだった秋田ですが、このシュートが見事な先制ゴールとなって1点リードのまま後半へ。

そして迎えた後半、早く同点に追いつきたい北九州の攻撃が前がかりになっているところをうまく突いて秋田はカウンター攻撃で応戦。このカウンターを相手はファール覚悟で止めにかかるため、逆に秋田はいい位置でセットプレーのチャンスを得るも追加点とはならず。終盤では長身FWフェホを途中交代で投入した北九州がパワープレーを仕掛けてくるも、秋田は粘り強い守備でこれを跳ね返し、虎の子の1点を最後まで守り切ったところで試合終了のホイッスル! J2昇格を目指すライバルの北九州を退けた秋田は3連勝を飾りました。

この結果、5勝4敗で白星を先行させた秋田は順位を7位から4位に上げ、昇格圏内となる2位との勝ち点差を2まで縮めました。次節は中2日の5月6日(日)、敵地でFC琉球との対戦(沖縄県総合運動公園陸上競技場、19時キックオフ)です。昨年4月の沖縄アウェイでは大量6得点をあげるなど攻撃陣が大爆発しているだけに今年もゴールラッシュでGWを締めくくりたいところ。5月最初のゲームを制して白星発進した秋田がどこまで連勝を伸ばせるのかにも注目です!