タグ別アーカイブ: いわぎんスタジアム

2018シーズン第6節 vsグルージャ盛岡 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第6節、ブラウブリッツ秋田は敵地・いわぎんスタジアムでグルージャ盛岡と対戦し、1−2で敗戦。次節は4月15日(日)にホーム・あきぎんスタジアムでアスルクラロ沼津との対戦(13時キックオフ)となります。

盛岡との”北東北ダービー”には秋田からも大勢のサポーターが応援に駆けつけ、約300名が敵地のいわぎんスタジアムに集結。試合は、前半36分にセットプレーから久富賢が頭で合わせて先制。風上で優位に立つ秋田は追加点を狙うも盛岡の懸命なディフェンスにゴールを阻まれ1-0で後半へ。

エンドが変わって風下となった秋田に対し、同点に追いつきたい盛岡が反撃を見せるもGK清水慶記を中心に秋田守備陣もゴールを固めます。この苦しい時間帯を凌ぎ切って流れを変えたい秋田でしたが、後半29分に失点を許し同点に。なんとか勝ち点3を奪って連勝としたい秋田の杉山弘一監督は先制ゴールをあげた久富に代えて藤田祥史を投入。

そして後半アディショナルタイムに突入直後、秋田はCKのチャンスに今季初スタメンとなった千田海人が頭で合わせるもシュートはクロスバーを直撃。この跳ね返ったボールが相手に奪われカウンター攻撃を仕掛けられると、懸命に走って戻った選手たちもこれを止めることができず失点。前節勝利の勢いで臨んだ北東北ダービーでしたが、追加点がなかなかあげられない状況から逆転負けを喫した秋田にとっては厳しい結果となりました。

さて次節は4月15日(日)、ホーム・あきぎんスタジアムにアスルクラロ沼津を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。開幕から無傷で2位と好調な滑り出しでスタートダッシュに成功した相手に対し、古巣との対戦で必勝を期す中村亮太を筆頭に秋田がどういった闘いを見せるのか注目です!

北東北ダービー制す! 9月10日アウェイ グルージャ盛岡戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第22節、ブラウブリッツ秋田は敵地でグルージャ盛岡と対戦し、3対1で勝利。2位・アスルクラロ沼津と勝ち点2差は変わらず秋田が首位をキープしました。

前節では優勝を争うライバル・栃木SC戦との大一番で試合終了間際に田中智大がゴールを決めて同点に追いつき、土壇場で勝ち点1を獲得、首位を守った秋田。そして迎えた今節は盛岡との北東北ダービーだ。4月の対戦では有薗真吾の移籍後初ゴールで秋田が勝利。相手の盛岡は現在6連敗中と調子を落としているものの秋田との対戦では接戦が多いだけに油断はできない。

会場のいわぎんスタジアムには秋田からも多くのサポーターが集結。メインスタンド、ゴール裏あわせて約300名の大応援団となり、ホームさながらの雰囲気がスタジアムを包んだ。この日は開幕からスタメンで出場し、秋田の攻守を支えていたキャプテン山田尚幸が体調不良により欠場。その穴を埋めるべく山田(尚)とボランチでコンビを組んでいた藤山智史が3試合ぶりに先発出場をはたした。

気温26度とこの時期にしてはやや暑いなか13時キックオフ。その直後いきなり秋田にチャンスが! 山田樹のクロスが相手選手に当って跳ね返ったボールを拾った藤山が左サイド後方からロングボールを入れると、ファーサイドにいた古田寛幸がダイレクトで合わせてボレーシュート。このシュートが左に逸れそうになったところを詰めていた山田(樹)が必死に左足を伸ばして合わせるもポスト直撃。惜しくもゴールとならなかったが序盤から秋田が攻勢に出る。すると前半16分、GK松本拓也が蹴ったゴールキックを相手DFがヘディングでクリア、そのボールをさらに前山恭平がヘディングで跳ね返してボールは右サイドでフリーとなっている久富賢へ。ここから久富はドリブルで一気にペナルティエリア内へ侵入し、中に切り替えしてから中央にいた田中へパス。このパスを田中がダイレクトで再び久富に戻すと、田中とのワンツーパスから抜け出した久富がシュート。これがゴール左に決まって秋田が先制! 8月のガンバ大阪U-23戦以来、今季7ゴール目となる久富の先制弾が炸裂し、秋田サポーターも大盛り上がり。

ここから一気に追加点を狙いたい秋田。ところがホームで連敗を止めたい盛岡がシンプルに裏へめがけてロングボールを入れる作戦に出ると前半31分、裏を狙った相手のロングパスを有薗がヘディングでクリアも、このボールを盛岡の垣根拓也に拾ってすかさずミドルシュート。これが決まって秋田が同点に追いつかれてしまう。前半のうちに追いつきたかった盛岡としてはここから一気に攻め込みたいところ。逆に、追いつかれてしまった秋田としては盛岡が攻勢に出る前に再び突き放したいところだ。

すると前半35分、左サイドにいた前山がGK松本にボールを戻すと、松本から下田光平へとつながり、下田が右サイドにいた久富に縦パス。このパスを受けた久富がドリブルで駆け上がるも相手選手にコースを塞がれたため、後方にいた前山にいったんボールを戻す。すると前山がゴール前へクロスを入れると見せて再び久富にスルーパス。このパスを受けて抜け出した久富がクロスを入れると、ゴール前へ走り込んだ山田(樹)が頭で合わせゴール。6月の栃木戦以来、今季3ゴール目となる山田(樹)の勝ち越し弾で再び秋田がリードを奪う。この直後に自陣でのミスから相手にボールを奪われてシュートを放たれるもポスト直撃でピンチ脱出。そして2対1のまま前半終了。

 

迎えた後半、風上となる秋田はさらに追加点を奪って勝負を決めたい。後半も序盤は秋田が相手陣内へと攻め込む機会が多いもののシュートまでは持ち込めず。すると後半10分、相手のロングパスが前に出ていたGK松本拓也の手前で大きくバウンドして頭上を超えると抜け出した盛岡の岩渕良太が無人のゴールめがけてシュート。しかし角度がやや厳しかったこともあり、このシュートはクロスバー直撃。秋田としては命拾いとなる。ここから一進一退の攻防に。

この試合展開で先に動いたのは秋田陣営。杉山弘一監督は後半23分に勝ち越しゴールを決めた山田(樹)に代えて青島拓馬、さらにその3分後には先制ゴールを決めた久富に代えて遊馬将也とフレッシュな選手を次々とピッチへ送り込む。ここから秋田が攻勢へ。すると後半29分にコーナーキックのチャンス。キッカーは前山。前山が蹴ったボールはファーサイドへ。これをフリーで有薗が頭で合わせると、ふわりと放物線を描いたボールがゴール右のサイドネットを揺らして追加点。山田(尚)に代わってキャプテンマークをつけたチーム最年長の有薗がゴールを決め、秋田がリードを2点に広げる。ここで勝負あり。リードを守り切った秋田が3対1で北東北ダービーを制した。

この結果、13勝5分2敗で勝ち点44とした秋田は、2位・アスルクラロ沼津との勝ち点差は2のまま変わらずも首位キープ。次節は再びアウェイゲーム、9月17日(日)敵地・ニッパツ三ツ沢球技場で15位・Y.S.C.C.横浜との対戦です(13時キックオフ)。前回7月の対戦では両チーム計7本のゴールが生まれる点の取り合いから4対3で秋田が勝利。しかしながら前節で最下位を脱出して勢いに乗るYS横浜の攻撃は要警戒です!

台風18号の影響で悪天候、交通機関の乱れが予想されます。現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

4月24日アウェイ グルージャ盛岡戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第6節、ブラウブリッツ秋田は敵地でグルージャ盛岡と対戦。“北東北ダービー”となった一戦は1対1の引き分けで、それぞれが勝ち点1を分け合う結果となりました。

この日、グルージャ盛岡の本拠地・いわぎんスタジアムには約300名の秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます! われわれBULE+AKITAが応援を行っているゴール裏はホームゲームと遜色ないほど青色で埋め尽くし、チームが好調とあって雰囲気も最高。試合前に行われたダービーの前哨戦となるのサポーター対決でも、早食い対決、水中息止め対決などを制した秋田が勝利。ここでも負けなし継続です!

さて、試合のほうですが、前半は風下となった秋田が積極的に高い位置でプレスをかけ、試合をコントロール。しかし、再三にわたってチャンスは生まれるものの得点は奪えず。0-0で前半を終えます。

そして迎えた後半、風上に立った秋田は前半と同じく攻勢に出ると、後半11分、左サイドからドリブルで中央に切れ込んだ呉大陸が相手2人をかわしてクロス。このボールをゴール右でフリーとなっていた浦島貴大がシュートを放つと、盛岡のGK土井康平の足に当たりながらも股下をくぐり抜けたボールはゴールラインを割り、待望の先制点が生まれます! これで浦島は2試合連続ゴール。さらに、秋田は6試合連続で先制点を奪ったことになります。

さらに追加点を狙う秋田。しかし、前半はシュート0に押さえられた盛岡がここから反撃に出ます。すると後半25分、左のコーナーキックからヘディングシュートを打たれ、これは呉がゴール前でブロックするも、弾かれたボールを盛岡のFW梅内和磨に頭で押し込まれて同点とされます。

同点に追いついて勢いが出てくる盛岡に対し、秋田は防戦一方。秋田のGK松本拓也のファインセーブなど懸命の守備で盛岡の攻撃を食い止めることはできたものの、勝ち越し点を奪えないまま試合終了のホイッスル。またしても後半の失点で同点に追いつかれてしまったものの、アウェイで貴重な勝ち点1を奪った秋田はこれで6戦負けなし(3勝3分)。順位は首位と勝ち点1差で暫定3位となりました。

次節は、ホームのあきぎんスタジアムにて、J1に所属するガンバ大阪の若手チーム、ガンバ大阪U-23と対戦です。才能あふれる若手選手が多数在籍するガンバ大阪U-23との試合は、5月1日(日)13時キックオフ。当日は、隣接会場で他競技の大会など八橋地区で催事が集中しております。大変混雑が予想されますのでお気をつけてAスタまでおこしください。それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!