タグ別アーカイブ: 浦島貴大

浦島選手に寄せ書きメッセージを贈りました

公式リリースにもある通り、2016シーズンから秋田でプレーしてきた浦島貴大選手が今シーズン限りでチームを離れることになりました。FC琉球から移籍加入した浦島選手は左サイドのポジションでレギュラーを奪うと21試合に出場して3ゴールを記録。積極的な攻撃参加と空中戦での抜群の強さで攻守にわたって活躍を見せました。

ところが昨年9月の第22節・FC東京U-23戦の試合中に負傷した浦島選手は、右膝前十字靱帯損傷および外側半月板損傷により全治8カ月と診断されて戦線を離脱。懸命のリハビリによって今年9月の第25節・鹿児島ユナイテッドFC戦で約1年ぶりに復帰を果たし、翌節の相模原SC戦では先発出場するも、このゲームで浦島選手は再び同じ箇所を負傷。右膝前十字靱帯再断裂による全治8カ月の診断で、11月21日に手術を受けました。

そこでわれわれBLUE+AKITAでは、秋田のために全力プレーでピッチを沸かせてくれた浦島選手へ、手術&復帰に向けての激励メッセージを贈りたいという思いからホーム最終戦で寄せ書きメッセージを集め、ホーム最終戦後に浦島選手本人に贈呈いたしました。

贈呈した寄せ書きは浦島選手のインスタグラムで見ることができますコチラ

浦島選手のいち早い復帰をお祈りすると共に、秋田で2シーズン共に闘ってくれたことへの感謝を申し上げたいと思います。

ありがとう浦ちゃん!
一緒に優勝するぞ!!

ロスタイムでまさかの…… 9月30日アウェイ 鹿児島ユナイテッドFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第25節、ブラウブリッツ秋田は敵地で鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、1対1で引き分け。後半ロスタイムに追いつかれて勝ち点3を逃す惜しい結果となった秋田だが連敗はストップ。順位は変わらず3位をキープししました。

9月終わりとはいえ日中は25℃を超える暑さの鹿児島市。会場となった鹿児島県立鴨池陸上競技場には約15名の秋田サポーターが全国各地から集結。さらに地元出身の有薗真吾選手をはじめ選手のご家族&ご親戚&お友達の方々も応援に駆けつけてくださり、秋田から約1700キロ離れた地で選手にとっては心強い応援をすることができました。

試合はスコアレスで折り返した後半49分、ピッチ中央からやや相手陣内に入った位置にいた藤山智史から相手DFの裏を狙ったロングパスに山田樹がダイレクトで左足を合わせて先制ゴール。その後も幾度かチャンスを迎えながら追加点を奪えなかった秋田は、後半ロスタイム突入時にゴール前での混戦から鹿児島・藤本憲明に同点弾を許すと、試合終了直前の最後のプレーとなるコーナーキックではケガから戦列復帰した浦島貴大が約1年ぶりにピッチへ。しかし勝ち越しゴールとはならず試合終了のホイッスル。秋田は連敗こそ止めたものの試合終盤の進め方に課題を残す悔しい結果となりました。

この結果、秋田は13勝6分4敗で勝ち点45、順位は変わらず3位をキープ。しかし、首位・栃木SCが勝ったため勝ち点差は4に開きました。首位奪還のためにはここが踏ん張りどころとなる秋田。われわれも最後まで諦めずに闘う選手たちを全力応援でこれからも後押ししていきます!

ここが踏ん張りどころ! 9月24日ホーム FC琉球戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第24節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでFC琉球と対戦し、1対2で敗戦。今季2度目の連敗となった秋田は3位に後退しました。

午前中には全日本少年サッカー大会秋田県大会の開会式が行われ各出場チームのサッカー少年らも観戦に訪れたこの日は、今季最多動員となる3933人の観客が詰めかけました。さらにわれわれBLUE+AKITAが陣取るゴール裏にもたくさんの方たちが一緒に応援してくださいました。ありがとうございます!

8位・FC琉球をホームに迎えての一戦。今年5月のアウェイ戦では6対1で秋田が快勝しているものの、そのリベンジに燃える琉球をどう迎え撃つかが注目される。試合は13時キックオフ。この日はリーグ戦再開以降先発から離れていた韓浩康がひさびさに先発メンバー入り。さらにアノ男があきぎんスタジアムのピッチに返ってきた! 昨年9月のFC東京U-23戦での試合中に全治8カ月の大ケガを負って戦列から離れていた浦島貴大が約1年ぶりに復帰し、ベンチメンバーに入りました。

さて試合のほうは、前半から拮抗した展開が続くなか琉球の猛攻を凌ぎ切って0点に抑え、後半での巻き返しを図った秋田。ところが後半開始まもなくの後半5分、右サイドを起点にボールを繋がれるとゴール中央へのクロスを琉球・前田央樹に決められれて失点。これで秋田は2試合続けて先制を許す苦しい展開に。しかし秋田は直後の後半8分に前山恭平がペナルティーエリアで相手GKに倒されてPKを獲得。蹴るのは”PK職人”田中智大。ところが田中の蹴ったボールはまさかのポスト直撃でゴールならず。同点のチャンスを逃す。

すると後半25分、山田樹がペナルティーエリアでハンドを取られて今度は琉球にPKを与えてしまうピンチとなると、これを琉球のチーム得点王・富所悠に決めれられて追加点を許す。2点差を追う形となった秋田は後半35分に田中の2試合連続となる今季13ゴール目で1点返すも反撃はここまで。前節に続いて終始相手にリードを奪われる形となった秋田は今季2度目となる連敗を喫して順位は3位に後退(13勝5分4敗)。秋田としてはチャンスを確実に決めて常に優位な展開に持ち込む試合運びができるかが今後のカギとなりそうだ。

さて次節は9月30日(土)敵地・鴨池陸上競技場に乗り込んで6位・鹿児島ユナイテッドFCとの対戦となります。J2ライセンスを新規取得して一段と熱が入る鹿児島を相手にアウェイといえども勝ち点3を獲得したい我らがブラウブリッツ秋田をぜひ応援してください! 現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!