タグ別アーカイブ: 2016シーズン

11月20日ホーム FC琉球戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第30節、ブラウブリッツ秋田はFC琉球と対戦し、結果は2対0で勝利。この結果、秋田は過去最高成績となる4位で今シーズンを終えました。

シーズン最終戦となったこの日はホーム・あきぎんスタジアムに2,198人の観客が集結。この時点で6位の秋田は、順位がひとつ下の琉球をホームに迎えての今季ラストゲームとなります。琉球からは2013シーズン以降勝利をあげることができていない秋田(0勝4分5敗)。苦手としている相手に勝ってシーズンを締めくくることができるか注目です。

この日は、累積警告により出場停止となった堀田秀平に代わって下田光平、さらに前節・ガンバ大阪U-23戦で終盤に同点ゴールを決めた畠中佑樹が先発入り。また、今シーズン限りを持って引退を表明している川田和宏はベンチスタートとなりました。試合は、前半11分に左サイドで日髙慶太が前線に縦パスを送り、これを田中智大がスルー。このパスは通らずに相手にカットされるも、相手の連携ミスを突いて比嘉諒人が逆にボールを奪って一気に前線へ。GKとの1対1となると、比嘉はフリーで駆け上がった久富賢に絶妙なパス。これを久富がゴールに流し込んで幸先よく先制点をあげました。久富は10月のセレッソ大阪U-23戦以来となる今季5ゴール目。久富がゴールを決めた試合は今季負けなし(3勝1分)とあって、秋田に勢いをもたらすゴールとなりました。

先制ゴール後、秋田は主導権を握りながら試合をコントロール。相手に攻め込まれても危なげない守備を見せて前半を1対0で終え、後半に折り返します。後半開始早々、両チーム惜しい場面が続くと同15分、相手選手がシミュレーションによって警告を受け、この日2枚目の警告となり退場。この直後、1人多い秋田にチャンスが生まれます。同17分、中盤でボールを奪った秋田は山田がすかさず前線へ縦パス。このパスは前線にいた田中には収まらなかったものの、相手DFとGKの連携ミスを突いた田中がボールを奪って無人のゴールへ流し込み、秋田に待望の追加点をもたらしました! 田中は10月のグルージャ盛岡戦以来となるチームトップの今季8ゴール目。勝負強い男がこの日も大事な場面でストライカーとしての仕事をきっちりと果たしてみせました!

秋田が2点リードとなった後半28分、比嘉に替わって川田が大歓声に迎えられながら最後のピッチへ。同45分には左サイドの川田から前線の呉大陸へ絶妙なパスが送られるも、これは残念ながらオフサイドの判定でアシストとはならず。このままゲームはGK松本拓也&秋田DF陣がJ3屈指の攻撃力を誇る琉球を無失点に抑えてリードを守り切り、2対0で秋田が今季最終戦を白星で締めくくりました。

この結果、秋田は14勝8分8敗(ホーム11勝2分2敗、アウェイ3勝6分6敗)の勝点50となり、得失点差で鹿児島ユナイテッドFCを上回って4位に浮上。過去最高成績をおさめて今季を終えました。間瀬秀一監督2年目の今季は、アウェイでの開幕2連戦にて試合終盤に追いつかれて勝ち点3を逃すというゲームが続いたものの、開幕から11試合負けなしをキープし、さらに去年8月から続いていたホームゲーム13試合連続負けなしのJ3リーグ記録を更新。そして5月にはJ3となってからは初の首位に立つと約1カ月間トップをキープするなど、まさに大躍進の年となりました。2016シーズン、ブラウブリッツ秋田を応援していただいた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

11月13日アウェイ ガンバ大阪U-23戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第29節、ブラウブリッツ秋田は敵地でガンバ大阪U-23と対戦し、結果は2対2の引き分けで終わりました。

前節・SC相模原戦では、試合終了直前に畠中佑樹の劇的な逆転ゴールで今季13勝目、順位を4位にまで上げた秋田。今季アウェイ最終戦となるG大阪U-23戦は、今年オープンした市立吹田サッカースタジアムに乗り込んでの一戦となりました。この日は秋田側に100人を超えるサポーターが集結。一方、対戦相手のG大阪U-23は、AFCU-19選手権の優勝メンバーである堂安律、初瀬亮、市丸瑞希、今季J1で14試合出場1ゴールを記録している呉屋大翔が先発メンバーに名を連ねるなどベストメンバーでホーム最終戦に臨んできました。

試合は前半10分、ゴールから約25mの距離で得たFKを山田尚幸がゴール右に直接決めて先制。しかし、同29分に相手CKから野田裕喜に頭で合わせられて同点に追いつかれます。同点となってから勢いに乗る相手の猛攻に対し、守護神・松本拓也が中心となり必死のディフェンス。そして1対1で迎えた後半22分、またしても相手CKからのこぼれ球を堂安に押し込まれて勝ち越しを許します。

この失点直後に間瀬監督は、久富賢に替えて前節で逆転ゴールを決めた畠中をピッチに投入。すると後半29分、左サイドでのインターセプトからボールを奪った比嘉諒人がペナルティエリア手前でフリーとなっていた畠中にパス。ここからドリブルでエリア内に侵入した畠中は、中央へ鋭く切り込んでからシュート。左足アウトサイドで蹴られた畠中のシュートはゴール右に突き刺さり、秋田が同点に追い付きます!

ここからはお互い一進一退の攻防となり秋田にも幾度かチャンスが生まれるものの得点ならず。そして後半のアディショナルタイム(3分)が突入したところでアクシデントが。相手との競り合いからもつれ合って倒れた際、相手のスパイクが頭に当たって出血した比嘉が治療のためピッチ外へ。この時点で秋田は交代枠(3人)を使い切っているため残りを10人で闘うこととなります。そしてラストワンプレーとなった相手CKからのシュートが枠外となったところで試合終了のホイッスル。点の取り合いとなった一戦は2対2の同点で終わりました。

この結果、13勝8分8敗で勝ち点47とした秋田は順位を2つ下げて6位に交代。しかし、最終戦を待たずに今季の目標であった過去年間成績(7位以上)をクリアすることが確定しました。さて今季最終戦となる次節は、11月20日(日)ホーム・あきぎんスタジアムに7位・FC琉球を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。最終節の結果次第では再び4位に順位を上げる可能性もある負けられない一戦です! 当日は多数のお客様がご来場されるため、スタジアム周辺駐車場の混雑が予想されます。お気をつけてご来場ください。それではAスタでお会いしましょう!

11月6日ホーム SC相模原戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第28節、ブラウブリッツ秋田はホームの秋田市営八橋運動公園陸上競技場でSC相模原と対戦し、結果は2対1で勝利しました。

チーム史上初の入場者数5,000人超えを目指し、『5,000人de応援デー』と題して行われたこの日のゲーム。会場となる秋田市営八橋運動公園陸上競技場には、目標達成となる5,371人の観衆が詰めかけました。

試合は、0対0で折り返した後半21分に中盤でボールを奪われてからのカウンター攻撃で秋田が失点。その後は前節・大分トリニータ戦と同じく自陣で守備を固める相手になかなか点を奪えない状況が続く秋田でしたが、途中交代で出場した選手が活躍します。まずは後半40分、畠中佑樹が蹴ったコーナーキックに田中智大が頭で合わせると、流れたボールを熊谷達也がヒールキックで押し込み土壇場で同点に追い付きます。そして「八橋劇場」のクライマックスは試合終了直前の後半48分、日髙慶太のパスをPA手前で受けた畠中がやや中央に切り込んでから左足を振り抜くと、巻き込むにように放たれたシュートがファーサイドのネットを揺らして逆転ゴール! 今年6月の藤枝MYFC戦以来となる畠中の今季2ゴール目は、5,000人を超える観客をこの日一番沸かせた殊勲のゴールとなりました。

この結果、13勝7分8敗で勝ち点46とした秋田は順位をひとつ上げて4位に浮上。2位大分が勝ったため2位以上となる可能性はなくなったものの、3位・鹿児島ユナイテッドとの勝ち点の差を3まで詰めました。4位と8位の勝ち点の差が4となっているため勝敗によって順位が大きく入れ替わる可能性もあり油断はできません。残り2試合を勝ち切って過去最高成績(これまでの最高8位)でシーズンを終えたいところです! さて次節は、11月13日(日)敵地・市立吹田サッカースタジアムにて9位・ガンバ大阪U-23との対戦(14時キックオフ)となります。今年5月にホームで闘った一戦では秋田が勝利を収めておりますが、第26節のセレッソ大阪U-23戦に続く大阪アウェイ連勝となるか注目です!

現地・大阪に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!