2018シーズン第26節 vsザスパクサツ群馬 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第26節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムでザスパクサツ群馬と対戦し、0対1で敗戦。連続負け無し試合は7でストップとなり、順位も7位に後退しました。

10月6日(土)の深夜から7日(日)の午前にかけて台風25号が最接近し、秋田県も暴風警戒域に入ったため試合開催も危ぶまれましたが、キックオフ時刻を13時から15時に繰り下げて行われたこの日のゲーム。4位・ザスパクサツ群馬をホームに迎えた一戦は、同じJ2昇格を目指すライバルとして絶対に負けられない試合でした。

前節からメンバーが入れ替わり、秋田の間瀬秀一監督はこれまでFWとして出場していた遊馬将也をなんと左SBで先発起用。さらに前節では途中出場からゴールを決めた藤田祥史を2試合ぶりに先発に戻すなど、堅守の群馬を秋田がどう攻略するかに注目が集まりました。

15時キックオフの頃には台風による影響は少なくなったものの曇天模様で時折雨がぱらつくという状況にスタジアムでは既にナイター照明が点灯。試合は前半からチャンスを作って攻勢に出た秋田ですが先制点は奪えず。そしてスコアレスで折り返した後半7分、相手の決定的な場面で遊馬が身体を張ってゴールを守りますが、直後のコーナーキックで相手に頭で合わせられて失点。またも先制点を許した秋田は4試合続けて追いかける展開に。

しかしこの日はゴールが遠く得点を奪うことができず。さらには経験豊富な選手が多い群馬の試合巧者ぶりに秋田は最後まで翻弄され、前半・後半あわせてシュートはわずかに5本と攻撃が不発。結局、スコアが動かないまま0対1ので大事な一戦を落とした秋田は、J2昇格争いから一歩後退する結果をなってしまいました。

この結果、10勝6分9敗で勝ち点36から伸ばすことができなかった秋田は6位から7位へと後退。残り7試合でJ2昇格のためにはひとつの負けも許されなくなった秋田としては、ここが最大の踏ん張りところとなります。そして注目の次節は、10月14日(日)、敵地にてFC東京U-23との対戦(14時キックオフ、江東区夢の島球技場)です。この試合のあと1週お休みが入り、Y.S.C.C.横浜とのアウェイゲームと、関東での試合が続きます。アウェイにもかかわらず多くのサポーターが応援に駆けつけてくれる関東アウェイで昇格への望みを繋ぐことができるのか⁉

今こそみんなで秋田を叫び、共に闘いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です