活動報告」カテゴリーアーカイブ

新しいアウェイ用横断幕を作成しました

2021シーズンより主にアウェイゲームで掲出する新しい横断幕を作成いたしました。

題字の「ひたむき×全力=秋田」は、吉田謙監督の「ひたむき×全力=ブラウブリッツ秋田」という言葉が基となっております。サイズは縦1.4メートル、横13メートル。デザインは当グループ。制作は岡山県にあるO.K.A.フットボール様です。

新しい横断幕を作成しました

おかげさまでブラウブリッツ秋田は2020シーズンは開幕からいまだ無敗で首位を独走!
そこでわれわれBLUE+AKITAでは、快進撃を続けているチームをさらに後押ししようと新しい横断幕をこのたび作成いたしました。

題字となっている「B-STRONG」は、”Be STRONG!”(強くあれ!)という意味が込められております。サイズは縦1.4メートル、横10メートル。制作は岡山県にあるO.K.A.フットボール様です。

2018シーズン最終節 vsアスルクラロ沼津 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ最終節、ブラウブリッツ秋田は敵地で5位・アスルクラロ沼津と対戦し、0対2で敗戦。この結果、12勝7分13敗の勝ち点43の秋田は8位で今シーズンを終えました。

昨年に続いてアウェイでのシーズン最終戦となりましたが、この日も各地からたくさんの秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!

秋田の守護神・GK松本拓也にとっては地元沼津での凱旋マッチ。結果から先にお伝えすると0対2で完封負け。後半開始早々に不可解なPK判定によって先制を奪われペースを崩すと、流れを変えることができないまま連続失点。秋田は反撃に出るも球際で激しくボールを奪いにくる沼津を相手にななかなかセカンドボールが奪えず。集まった秋田サポーターもゴールを期待しましたが、残念な結果となってしまいました。

J3連覇&J2昇格を目標に掲げた今シーズン、ホーム開幕戦での敗戦からなかなか立ち直ることができず、クラブにとっては初めてのシーズン途中での監督交代等もあり、昨季から一転して厳しいシーズンとなりました。しかしながら、クラブにとっては悲願だったJ2ライセンスを初めて取得、さらにはホーム開幕戦ではクラブ史上最高動員となる1万人以上の観客をスタジアムに集めることに成功しました。

来季の目標はもちろんJ3優勝&J2昇格です。来季からはホームスタジアムがあきぎんスタジアムから秋田市八橋運動公園陸上競技場へと変わります。改修工事によって大型ビジョン、ナイター設備等が設置され、昇格に向けての舞台も準備万端です。今季の悔しさを忘れることなく、来季もまた共に戦っていきましょう。ブラウブリッツ秋田への応援、引き続きよろしくお願いいたします!