タグ別アーカイブ: アスルクラロ沼津

2018シーズン最終節 vsアスルクラロ沼津 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ最終節、ブラウブリッツ秋田は敵地で5位・アスルクラロ沼津と対戦し、0対2で敗戦。この結果、12勝7分13敗の勝ち点43の秋田は8位で今シーズンを終えました。

昨年に続いてアウェイでのシーズン最終戦となりましたが、この日も各地からたくさんの秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!

秋田の守護神・GK松本拓也にとっては地元沼津での凱旋マッチ。結果から先にお伝えすると0対2で完封負け。後半開始早々に不可解なPK判定によって先制を奪われペースを崩すと、流れを変えることができないまま連続失点。秋田は反撃に出るも球際で激しくボールを奪いにくる沼津を相手にななかなかセカンドボールが奪えず。集まった秋田サポーターもゴールを期待しましたが、残念な結果となってしまいました。

J3連覇&J2昇格を目標に掲げた今シーズン、ホーム開幕戦での敗戦からなかなか立ち直ることができず、クラブにとっては初めてのシーズン途中での監督交代等もあり、昨季から一転して厳しいシーズンとなりました。しかしながら、クラブにとっては悲願だったJ2ライセンスを初めて取得、さらにはホーム開幕戦ではクラブ史上最高動員となる1万人以上の観客をスタジアムに集めることに成功しました。

来季の目標はもちろんJ3優勝&J2昇格です。来季からはホームスタジアムがあきぎんスタジアムから秋田市八橋運動公園陸上競技場へと変わります。改修工事によって大型ビジョン、ナイター設備等が設置され、昇格に向けての舞台も準備万端です。今季の悔しさを忘れることなく、来季もまた共に戦っていきましょう。ブラウブリッツ秋田への応援、引き続きよろしくお願いいたします!

2018シーズン第7節 vsアスルクラロ沼津 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第7節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムで2位・アスルクラロ沼津と対戦し、1-0で勝利。ホーム連勝を飾りました。

前節・グルージャ盛岡戦では、久富賢の先制ゴールでリードするも後半2失点で逆転負けを喫した秋田。開幕から勝ちが続かずなかなか波に乗れないなか、4勝1分で開幕から負けなしの2位・沼津をホームに迎えた一戦は、青島拓馬が第2節・ザスパクサツ群馬戦以来の先発入り。

風速10mを超える強風、そして前夜からの雨でピッチに水たまりができるコンディションのなか、沼津がエンドを変えて前半は風下となった秋田がキックオフ。序盤は風上となった沼津が相手陣内で有利に攻め込むのに対し、秋田はGK清水慶記の蹴ったボールが風で大きく押し戻されるなど前にボールを運ぶのにもひと苦労。立て続けにコーナーキックを与えるも粘り強い守備で相手に決定機を与えず。

秋田の最初のチャンスは前半23分、前山恭平がペナルティーエリア手前で倒されてFKを獲得。ゴールから約25m、ほぼ正面の位置からキッカー山田樹が壁を超えて狙ったシュートは枠外へ外れてゴールならず。このチャンスからピッチ内に吹いていた風がやや弱まると今度は秋田が攻勢に出るもなかなかシュートまでには至らず。前半はスコアレスのまま折り返す。

エンドが変わって今度は風上となるかと思われた後半だが風向きが変わって横風に。後半も開始からまたも沼津が攻め込む展開となる。しかし後半10分、相手のパスが流れて韓浩康が前へクリア。このボールが左サイドにいた前山へと繋がると、前山はプレスをかけにきた相手2選手の間を通して田中智大へパス。パスを受けた田中は相手選手のプレスをかわしてさらに右へ展開し、駆け上がってきた青島に繋ぐと、青島はドリブルから右サイドに開いた久富へパス。パスを受けた久富はペナルティーエリア内へと侵入してからやや左へ斬り込み左足を振り抜く。コースを突いた久富のシュートは相手GKの伸ばした右手をかすめてファーサイドのネットを揺らしてゴール。久富の2試合連続ゴールで秋田に待望の先制点がもたらされる。

追加点を狙う秋田、同点に追いつきたい沼津、次の1点がこの試合の流れを大きく左右するなか両チームともピッチに吹き荒れる強風でパスが流れるなど共にチャンスを作れず。秋田の杉山弘一監督は後半39分に古田寛幸、同44分に吉平翼、さらにロスタイム突入後には藤田祥史をピッチへ投入して逃げ切りをはかる。その藤田が縦パスから抜け出そうとしたところで掴んで突破を防いだ沼津のDF藤原拓也がこの日2枚目のイエローで退場。沼津は10人なる。

その後も最後まで球際で強さを見せた秋田が虎の子の1点を守り切り試合終了のホイッスル。第5節・Y.S.C.C.横浜戦以来となる完封勝利で昨年優勝争いを演じた沼津を倒した秋田はホーム連勝。3勝4敗の勝ち点9で順位を9位にあげました。

今節は1位・鳥取、2位・沼津が共に敗れたため第7節終了時で無敗のチームはなくなり、3位・YS横浜から9位・秋田までは勝ち点2差と混戦模様となっております。上位進出のため連勝といきたい秋田の次節は1週空いて4月29日(日)、敵地でカターレ富山と対戦(富山県総合運動公園陸上競技場、13時キックオフ)です。その前に22日(日)は『第28回秋田県総合サッカー選手権大会兼天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会秋田県代表決定戦 決勝』が行われます。スーパーシードで決勝戦からの出場となる秋田は、東北2部北リーグに所属する猿田興業と秋田県代表の座を賭けて対戦(あきぎんスタジアム、14時キックオフ)です。

今季初の連敗…… 7月23日ホーム アスルクラロ沼津戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第18節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでアスルクラロ沼津と対戦し、0対2で敗戦。今季初の連敗となりましたが、2位・カターレ富山に勝ち点2差をつけて首位をキープしました。

前節・ガンバ大阪U-23戦では、序盤からチャンスを得るも相手キーパーの好セーブによってゴールを阻まれ得点ならず。逆にワンチャンスをしっかり決めてきた相手に前半で2点差をつけられリードされると、逆転を狙った後半は1点を返すのみで抑えられて今季初黒星。前半戦の首位ターンは確定していたものの、ここ数戦は3試合で6失点と失点も多く、不安を残す結果となってしまった。

そんななかリーグはいよいよ後半戦に突入。初戦の相手はリーグNO.1の攻撃力を誇る3位・アスルクラロ沼津との対戦だ。6月に行われたアウェイでの一戦は、古田寛幸のミドルシュートで得た先制点を最後まで守りきった秋田が勝利。首位固めのためにも上位との対決は負けられない!

15時キックオフとなったゲームは開始直後から秋田が仕掛ける。最初に得たCKのチャンスではキッカー前山恭平が蹴ったボールは巻き込みながら直接ゴールマウスへと向かうもわずかに枠外。その直後にはペナルティエリア手前でパスを受けた田中智大がシュートを放つもこれもわずかに左へ逸れてゴールならず。対する沼津は中盤での競り合いからボールを奪うとすかさずサイドへ展開して得意のカウンター攻撃を狙うも、これは秋田守備陣がシュートコースを切るなど冷静に対応して得点を与えない。
そしてスコアレスのまま前半が終了。上位対決らしい好ゲームが展開される。

迎えた後半、先制点を奪いたい秋田の指揮官・杉山弘一監督は、後半10分に古田に代えて山田樹、さらには同15分には今季初先発で奮闘した下田光平に代えて深井脩平をピッチへと送り込む。ところが後半25分、攻め込んでいた相手陣内でボールを奪われると一気にカウンター攻撃を受け、後半に途中交代で入った沼津の小牧成亘にゴールを奪われてしまう。さらにその5分後、自陣でのスローイングの場面でトラップミスからボールを奪われると沼津が再びカウンター攻撃。ボールを奪った小牧がドリブルで独走するとそのまま秋田のDF陣をかわしてゴールを叩き込んで2ゴール目。立て続けにミスから追加点を許してしまった秋田は苦しい展開となる。

まずは追いつきたい秋田は反撃を試みるも相手GKの好セーブに阻まれ得点ならず。なかなかフィニッシュまでボールを運べない秋田はそのまま無得点に抑え込まれて0対2のまま試合終了。複数失点が続くここ数戦の悪い流れを変えることができなかった秋田は上位対決で痛い敗戦を喫し、今季初の連敗となってしまいました。

この結果、11勝4分2敗(勝ち点37)で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は、2位・カターレ富山に2差まで詰められるも首位はキープ。次節は、約1カ月の中断期間を経て8月27日(日)ホーム・あきぎんスタジアムで14位・ガンバ大阪U-23を迎えての一戦となります。アウェイでの敗戦のリベンジのためにわれわれも全力応援で! 注目のゲームは15時半キックオフです!!

それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!