タグ別アーカイブ: カターレ富山

2018シーズン第32節 vsカターレ富山 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第32節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで12位・カターレ富山と対戦し、AT突入直前に藤田祥史がPKを決めて追いつき、2対2の引き分け。ホーム最終戦を白星で飾ることはできなかったものの、最後まで粘り強い闘いを見せて観客を沸かせました。

前節・ギラヴァンツ北九州戦で連敗を止めた秋田が今シーズンのホーム最終戦に臨みました。来季からホームスタジアムが現在改修工事が進められている秋田市営八橋運動公園陸上競技場に変わることから、2013シーズンからホームスタジアムとして数々のドラマを生み出してきたあきぎんスタジアムとは今季かぎりで一旦お別れとなります。そのファイナルで有終の美を飾ることができるか 、さらにあと2ゴールと迫ったチームでのJ3通算200ゴール目にも期待がかかります!

前半は秋田が攻勢に出るも23分、相手の中央突破を止められずにゴールを割られ、先制点を奪われます。しかし、すぐさま反撃に出た秋田は、中央の吉平翼から前線に縦パスが通ると抜け出した外山凌が巧みなトラップからシュート。これは相手GKの好セーブによって阻まれるも、弾かれたこぼれ球に反応した久冨賢が猛ダッシュで追いつき折り返すと、青島拓馬がダイレクトで右足を合わせてゴールネットを揺らし、同点に追いつきます!

ここから一気に逆転したい秋田ですが、36分にクリアミスから相手に繋がれて失点。再びリードを許して後半へ。後半開始早々に迎えたコーナーキックのチャンスでは続けざまにシュートを放つも、いずれも相手GKの好セーブに阻まれて得点ならず。早い時間帯で追いつきたい秋田ですが、引いて守る相手に攻め手を欠き、時間だけが刻々と進んでいきます。

後半40分、間瀬監督は久冨に替えて中村亮太を投入。すると後半44分、韓浩康を前線に上げてパワープレーに出ると、ペナルティーエリア内で中村が相手選手からファールを受けてPKを獲得。この日集まった2,500人を超える観客が固唾をのんで見守るなか、キッカーの藤田が相手GKの裏をキッチリ突いてゴール右に叩き込み、土壇場で秋田が同点に追いつきます。そして、前節に続いて2試合連続ゴールとなった藤田の今季4ゴール目により、秋田はJ3通算200ゴールを達成しました!

ATは3分、逆転を目指して最後の猛攻に出た秋田は、左サイドからの藤田のクロスにゴール前へ飛び込んだ日高慶太がダイビングヘッドで合わせるも、わずかに外れてゴールならず。そして相手の攻撃を凌ぎ切ったところで試合終了のホイッスル。9月の盛岡戦以降ホームでの勝利から遠ざかっていただけに最後は勝ってみんなで喜びを分かち合いたいところでしたが願い叶わず。しかし、最後まで粘り強く闘い、2度に渡って同点に追いついてみせた選手たちに試合後はサポーターから大きな拍手が沸き起こりました。

この結果、秋田は11勝7分12敗で勝ち点40とし、順位は変わらず8位のまま。シーズンも残り2戦、いずれもアウェイゲームとなりますが、次節は11月25日(日)敵地で福島ユナイテッドFCとの東北ダービー(とうほうみんなのスタジアム、13時キックオフ)です。今季ホーム開幕戦では1万人以上を集めた観客の前で苦杯を喫しているだけに、そのリベンジを果たしたいところ。今こそ秋田のチカラを、そして気持ちをひとつに”全員力”で闘いましょう!

2018シーズン第8節 vsカターレ富山 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第8節、ブラウブリッツ秋田は敵地で16位・カターレ富山と対戦し、4-1で勝利。今季初の連勝を飾り、順位も9位から7位に浮上しました。

ゴールデンウィークに突入し、8日間で3試合と連戦が続くことになる秋田。GW初戦はアウェイで富山との対戦です。富山アウェイは2015年の初対決で敗れて以降、3戦していずれも秋田が勝利。そして去年10月の対戦では、秋田がゴールラッシュで4-0と完勝している。とはいえ、相手も同じJ2昇格を目指すチームだけに油断はできない。

GWということでこの日は秋田、全国各地から多くの秋田サポーターが応援に駆けつけました。その数、約200名。ホームさながらの応援で選手を後押しします。

スタメンは前節と変わらず。遊馬将也が開幕戦以来となるベンチ入り。前半はエンドを変えた秋田が風上に立つと、前半15分、秋田のフリーキックから相手選手のクリアボールが前に飛ばず頭上高く舞い上がると競り合いからのこぼれ球にいち早く反応した田中智大が相手キーパーをかわしてシュート。これが決まって幸先よく秋田が先制! 昨年の富山戦でも先制ゴールを決めた田中がチームに勢いをもたらすと、ここから秋田の怒涛の攻撃が始まります。

前半23分、GK清水慶記のゴールキックから田中、久富賢、前山恭平へとつながり、前山がふわりと浮かせたループパスを前方へ。このパスに反応した久富が絶妙なトラップで相手DFをかわしてシュート。これがゴール右に決まって追加点! 久富は3試合連続ゴールで今季3ゴール目。HMTの鮮やかな連携が炸裂し、第5節・Y.S.C.C.横浜戦以来となる複数得点となりました。

そして秋田の攻撃はさらに止まりません。前半35分、またもGK清水のゴールキックからチャンスが生まれると、ゴール前での混戦からこぼれ球を拾った田中のシュートが決まって3点目。さらに同42分、コーナーキックからニアにいた尾本敬がヘディングで後ろへそらすと、ファーにいた田中がすかさず頭で押し込んで4点目。このゴールで田中は自身初のハットトリック達成。さらに秋田にとってもJ3参入以降で初めてハットトリックを記録したことになりました。

前半早くも4点リードとなったところで相手サポーターが応援をボイコットするという事態に。後半はセットプレーからのオウンゴールで相手に1点を献上した秋田だが、富山の反撃をこの1点だけに抑えて4-1で試合終了。秋田は今季初の連勝で4勝4敗と星勘定を五分に戻し、順位は9位から7位へ。J2昇格圏内となる2位に勝ち点2差とした。

さて次節は5月3日(祝・木)、ホーム・あきぎんスタジアムに15位・ギラヴァンツ北九州を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。去年秋田に在籍し、ディエンスリーダーとして優勝に貢献した有薗真吾が今季、北九州に移籍。さらにダヴィ、へフォ の助っ人外国人FWをシーズン途中で加入させるなどタレントが揃っており手強い相手となりそうです。しかしながら秋田は球際の強さ、粘り強くボールを追いかけてチャンスメイクするという本来の持ち味が発揮されてきているだけにホームで連勝を伸ばしたいところだ。そして昨年のvs北九州で2試合ともゴールを決めている久富が4試合連続ゴールとなるか、こちらも注目です!

4発快勝!11月5日アウェイ カターレ富山戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第30節、ブラウブリッツ秋田は敵地でカターレ富山と対戦し、4対0で勝利。J2昇格を目指す強豪チームとの3連戦で見事に3連勝を飾った秋田は勝ち点55で順位を2位に上げ、今節敗れた首位・栃木SCとの勝ち点差を1に縮めました。

前節・AC長野パルセイロ戦で16度目の対戦にして初めて長野から勝利を飾った秋田。北九州、長野、富山とJ2昇格を目指すチームとの連戦が続く秋田ですが、優勝争いに踏みとどまるためにも負けるわけにはいきません。この日も会場となった富山県総合運動公園陸上競技場には約60名の秋田サポーターが全国各地から応援に駆けつけてくださいました。

この日はケガから戦列復帰をはたした江口直生が今年4月のグルージャ盛岡戦以来となるメンバー入り。先発メンバーは前節・長野戦と同じ布陣でこの一戦に臨みます。試合開始早々、秋田はゴール前でのパス交換から久富賢がシュートを放つも相手GKの好セーブで得点ならず。このチャンス以降はJ2昇格に向けて一戦も落とすことができない状況の富山が押し気味にゲームを進めます。これに対して秋田は粘り強い守備でゴールを守り、得点を許しません。すると前半26分、山田尚幸のロングスローがゴール前へと送られ、一度は相手DFにクリアされるもこのセカンドボールを拾った前山恭平がボレーキックで前線へ入れると、このパスを田中智大が胸で落としてボレーシュート。このシュートがゴール左隅に決まって秋田が先制! 田中は前節に続く2試合連続ゴールで今季15ゴール目。相手に傾きかけた主導権をエースストライカーのゴールで見事に奪い返しました。

田中の先制ゴールで試合の流れが大きく変わると再び秋田にチャンスが。後半29分、千田海人から右サイド奥にいた久富にパスが送られると、ここから有薗真吾、古田寛幸へとパスが繋がり、ゴールから約35メートル離れた位置から古田が左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがそのままゴール左隅に決まって先制ゴールからわずか3分で秋田に追加点がもたらされます! 古田は6月のアスルクラロ沼津戦以来となる今季2ゴール目。これで秋田のリードは2点に広がります。

2点リードで迎えた後半、後がない富山は反撃に出るも守護神・松本拓也を中心に秋田守備陣が落ち着いた守備でゴール前を固めます。そして後半29分、杉山弘一監督は久富に替えて堺俊暉をピッチへ送り込みます。するとこの采配が見事に的中。交代直後の同32分、センターサークル付近で山田が攻め上がろうとした相手との1vs1からボールを奪うと、すかさず前線へスルーパス。ここで相手DFの間をうまくすり抜けた堺が足元にボールを収めると、相手GKの位置を確認してからゴール左へシュートを流し込んで3点目。交代直後の最初のプレーで見事なゴールを決めた2年目の堺はこれがうれしいJ初ゴール。杉山監督の采配的中で秋田がさらにリードを広げます。

そして後半42分には堺のクロスから青島拓馬が豪快なゴールを叩き込んでダメ押し。青島は3月のセレッソ大阪U-23戦以来となる今季2ゴール目。7月のY.S.C.C.横浜戦以来となる4得点を決めた秋田が富山を無失点に抑えて勝利を飾りました! この結果、16勝7分5敗で勝ち点55とした秋田は、沼津が引き分けたため順位が入れ替わって2位に浮上。さらに首位・栃木がこの日敗れたためついに勝ち点差が1まで縮まりました。強豪チームを立て続けに撃破しての3連勝で首位に肉迫の秋田。シーズンも残り4戦、シーズン前半の好調時を彷彿とさせる勢いを再び取り戻した秋田が一気に首位奪還となるか、次節は11月12日(日)ホーム・あきぎんスタジアムにてセレッソ大阪U-23との対戦(13時キックオフ)となります。

当日はスタジアムグルメで『あったかグルメ祭り』を開催! さらにハーフタイムショーでは秋田から生まれた男性パフォーマンスグループ「VALOR(ヴァロー)」によるミニライブが行われます。試合以外にも楽しいイベントが盛り沢山です!!

それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!