タグ別アーカイブ: ギラヴァンツ北九州

2018シーズン第31節 vsギラヴァンツ北九州 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第31節、ブラウブリッツ秋田は敵地で最下位・ギラヴァンツ北九州と対戦し、2対0で完封勝利。連敗を4で止めた秋田は8試合ぶりの勝利をあげました。

3戦連続ドローのあと4連敗と約2カ月間にわたって勝ち星から遠ざかっている秋田。攻撃に関しては4連敗中で複数得点はなし。一方、守備に関しては最近2試合で計7失点と複数失点を許してることから、先制点を奪って優位に進めながら追加点を奪えるか、そして相手の攻撃を1点以下に押さえることがこのゲームのキーポイントとなりました。

前日には2位・鹿児島ユナイテッドの勝利によって今シーズンのJ2昇格への可能性が絶たれることとなりましたが、それでも会場のミクニワールドスタジアム北九州には、全国各地から予想を遥かに上回る約60名の秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。

この日の先発には、2試合ぶりに韓浩康がセンターバックで先発復帰。千田海人とのコンビで秋田の最終ラインを守ります。試合は前半8分、相手のファールで藤田祥史が倒されて得たFKのチャンスに、キッカーの江口直生がゴール前へ正確なボールを送り込むと、混戦からのこぼれ球に藤田が右足を振り抜いてゴールネットを揺らし、藤田の今季3得点目となるゴールで幸先よく秋田が先制します! 勢いに乘る秋田は相手陣内でパスを繋いで攻め込むと前半28分、約30メートルの距離から江口が放ったミドルシュートは、相手選手の出した足に当たって軌道が変わるとそのままゴールマウスに吸い込まれ、待望の追加点! 間瀬秀一監督就任後に先発出場のチャンスを得て攻守にわたって活躍を見せている江口はこれが今季初ゴール。さらに加入2年目で秋田での初ゴールとなりました。

前半は8本のシュートを放って狙い通りに追加点を奪うことができた秋田。2点リードで折り返した後半は球際で強さを発揮する相手に対して苦戦し、攻撃の時間が短く、劣勢に回る時間が増えたものの、このゲームで自身初のキャプテンを務めたGK松本拓也を中心に秋田守備陣が再三のピンチにも体を張ったブロックでゴール前を固めて得点を許しません。そしてAT3分をうまく使い切ったところで試合終了のホイッスル。ひさしぶりの複数得点&無失点と攻守において最高の結果を見せた秋田は連敗を4でストップし、8試合ぶりの勝利を飾りました。

この結果、11勝6分12敗で勝ち点39とした秋田は、順位は変わらず8位のまま。少しでも順位をあげてフィニッシュするために残り3試合、3連勝が求められることとなります。そして次節はついにホーム最終戦です。12位のカターレ富山をホーム・あきぎんスタジアムに迎えての一戦(13時キックオフ)となります。来季からホームスタジアムが現在改修工事が進められている秋田市営八橋運動公園陸上競技場に変わることから、あきぎんスタジアムとは今シーズンかぎりで一旦お別れとなります。そのファイナルで有終の美を飾ることができるか、そして第21節・グルージャ盛岡戦以降から遠ざかっているホームでの勝利を飾ることができるか、絶対に負けられない一戦は11月18日(日)13時キックオフです!

2018シーズン第9節 vsギラヴァンツ北九州 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第9節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで15位・ギラヴァンツ北九州と対戦し、1-0で勝利。3連勝を飾った秋田は順位を7位から4位に上げました。

前節・カターレ富山戦から中3日のミッドウィークに行われたこの一戦。朝から雨が降るあいにくの天気ではあったもののキックオフの頃には雨もあがり、まずまずのピッチコンディションのなか13時キックオフ。秋田の先発メンバーは富山戦と同じ。そして第5節・Y.S.C.C.横浜戦に出場して以降メンバーから外れていた中村亮太がひさびさのメンバー入りを果たしました。

試合は序盤から北九州ペースで進み、再三にわたってピンチを迎えるもGK清水慶記が好セーブを連発するなど得点を与えず。さらには田中智大ら前線の選手も下がって守備に加わり、先手を奪いたい北九州の攻撃を凌ぎ切ると、前半36分、相手選手によるファールからFKのチャンス。キッカー前山恭平が蹴ったボールは相手GK のパンチングによって弾かれるも、このボールをPA手前にいた山田樹がヘディングで前方へ。するとややライナー気味となったボールに対して尾本敬が右足のカカトを当ててヒールキック。ループシュートのような弾道を描いたボールはそのままゴールへと吸い込まれ、秋田が先制! 尾本はこれが秋田での初ゴールとなりました。前半はわずかシュート1本のみだった秋田ですが、このシュートが見事な先制ゴールとなって1点リードのまま後半へ。

そして迎えた後半、早く同点に追いつきたい北九州の攻撃が前がかりになっているところをうまく突いて秋田はカウンター攻撃で応戦。このカウンターを相手はファール覚悟で止めにかかるため、逆に秋田はいい位置でセットプレーのチャンスを得るも追加点とはならず。終盤では長身FWフェホを途中交代で投入した北九州がパワープレーを仕掛けてくるも、秋田は粘り強い守備でこれを跳ね返し、虎の子の1点を最後まで守り切ったところで試合終了のホイッスル! J2昇格を目指すライバルの北九州を退けた秋田は3連勝を飾りました。

この結果、5勝4敗で白星を先行させた秋田は順位を7位から4位に上げ、昇格圏内となる2位との勝ち点差を2まで縮めました。次節は中2日の5月6日(日)、敵地でFC琉球との対戦(沖縄県総合運動公園陸上競技場、19時キックオフ)です。昨年4月の沖縄アウェイでは大量6得点をあげるなど攻撃陣が大爆発しているだけに今年もゴールラッシュでGWを締めくくりたいところ。5月最初のゲームを制して白星発進した秋田がどこまで連勝を伸ばせるのかにも注目です!

6試合ぶりの白星!10月22日ホーム ギラヴァンツ北九州戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第28節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでギラヴァンツ北九州と対戦し、1対0で6試合ぶりの勝利。勝ち点を49に伸ばした秋田は2位・アスルクラロ沼津と勝ち点1差で3位をキープしました。

今シーズン開幕戦以来となる対戦。3月のアウェイ戦では前半に先制を許したものの前半終了間際に久富賢のゴールで同点に追いつき引き分けています。2009年以来、8年ぶりとなる8位・北九州を秋田に迎えての一戦には雨が時折降るなか1871人の観衆がスタジアムに集結しました。

前半5分、最初にチャンスを掴んだのは北九州。秋田の攻撃が前掛かりになったところでボールを奪うと一気にカウンター攻撃。花井聖がドリブル突破から逆サイドにいた平井将生へとパスが繋がると、平井の強烈なシュートはポスト直撃でゴールならず。秋田が命拾いする。対する秋田は前半11分、左サイドで青島拓馬からパスを受けた前山恭平が相手DFの裏を狙って田中智大へパスを送ると、背後から来たボールに田中がうまく左足をあわせてダイレクトボレー。このシュートはわずかにゴール上へ外れてこちらも得点ならず。一進一退の攻防のなか両チーム共にフィニッシュのところで精度をやや欠き、前半スコアレスのまま後半へ折り返します。

ハーフタイムでは秋田出身のラップミュージシャン・羅漢さんが公式応援ソング『We are AKITA』を初披露。サポーターも掛け声をあわせて後半に向けて士気を高めます。そして迎えた後半、秋田は後半15分にパスカットからパスが繋がると前山のペナルティエリア付近で放ったシュートはクロスバーの上。しかしこのあたりから秋田の攻撃時間が徐々に増えてくるようになると直後の同18分にビッグチャンスが。スローインを前山がダイレクトで前線の田中へパス。これを胸トラップで受けた田中は駆け上がっていく前山に戻すと、一気に抜け出した前山はドリブル突破から相手DFの裏に抜けた久富へスルーパスを送ります。このとき久富はオフサイドポジションにいたため副審がフラッグを上げますが、パスが繋がる途中で相手DFがクリアしようとボールに触ったプレーが「意図的なプレー」であると主審が判断し、そのこぼれ球を久富が受けたことでオフサイドではないという判定で副審のフラッグを下げさせてプレー続行を指示。ボールを受けた久富は相手GKとの1vs1からニアサイドのわずかな隙間を突いてシュート。これがゴールネットを揺らし、秋田に待望の先制点がもたらされます。久富は第22節のグルージャ盛岡戦以来となる今季8得点目。

1点リードした秋田に対し、北九州はDFの鈴木翔登が後半23分、24分にラフプレーから立て続けにイエローカードの警告を受けて退場となり、秋田にとってはさらに有利な展開となる。ここから追加点をあげてリードを広げたい秋田だがなかなかシュートまで持ち込めず。対する北九州も反撃に出るも後半はわずかシュート1本に終わり、虎の子の1点を最後まで守り切った秋田が6試合ぶりとなる勝利をあげました!

この結果、14勝7分5敗で勝ち点49の秋田は1位・栃木SC、2位・アスルクラロ沼津が共に勝ったため順位は変わらず3位のままではあるものの、勝ち点で並んでいた4位・カターレ富山が敗れたために3差に開きました。さて次節は10月29日(日)に敵地・長野UスタジアムでAC長野パルセイロとの対戦となります。対長野では未だ勝利をあげられていない秋田ですが、優勝争いに踏みとどまるためには絶対に落とせない一戦です。注目の一戦は13時キックオフ!

現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!