タグ別アーカイブ: グルージャ盛岡

2018シーズン第21節 vsグルージャ盛岡 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第21節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで13位・グルージャ盛岡と対戦し、後半39分に青島拓馬の逆転ゴールで2対1の勝利。順位は8位から7位に浮上しました。

グルージャ盛岡との”北東北ダービー”は毎年拮抗した勝負が繰り広げられているが、4月に行われたアウェイ戦では秋田が先制したものの後半に追いつかれ、そして試合終了直前に逆転ゴールを許すという悔しい結果となった。それだけにホームできっちりとこの借りを返したいところ。

先発メンバーは前節と変わらず。秋晴れとなったものの気温27℃と強い陽射しが照りつけるなか15時にキックオフ。前半の序盤は盛岡が高い位置でプレスをかけボールを奪いにくるのに対し、秋田はビルドアップ中でのパスミスから徐々に受けに回る展開となる。すると前半18分、相手のボールホルダーへの寄せが甘くなったところでミドルシュートを打たれると、ブロックにいった秋田の選手の身体にわずかにかすったシュートはそのままドライブぎみに回転しながらGK松本拓也の伸ばした手をすり抜けてゴールネットへ。秋田が先制ゴールを許す展開となる。

逆転勝ちが少ない秋田としては序盤から苦しい展開となるも、ここで崩れることなく連続失点を防ぐと前半30分を過ぎたあたりから徐々に秋田ペースで試合は展開。決定機を何度か迎えるも得点ならず0対1のまま後半へ。

そして迎えた後半、先にリードを奪った盛岡がやや引いた状態となったところで徐々に秋田が攻勢に出ると前半8分、右サイド奥から平石直人がドリブルで中央へ仕掛けようとしたところで相手のディフェンスに阻まれるも、そのこぼれ球に反応した藤山智史がダイレクトでゴール前へクロスを入れる。すると、パンチングに行った相手GKの手をすり抜けたボールにファーで反応したのは、新加入で前節の秋田デビュー戦でも活躍を見せた外山凌。外山は高くジャンプして左足で合わせると、ボールはそのままゴールマウスへと吸い込まれてついに同点に! 前節では絶好のチャンスでゴールを決めることができなかった外山だったが大事な場面で貴重な同点ゴールを決めました。

後半の早い時間帯で追いついた勢いに乗る秋田。一方、秋田が前がかりになったところでボールを奪って素早いカウンターを仕掛けたい盛岡もその思惑通り再三にわたって秋田ゴールを脅かすも得点ならず。ここで秋田の間瀬秀一監督は、青島拓馬、中村亮太、久富賢と攻撃型の選手を次々とピッチへ投入して逆転を狙いに行く。

ダービーらしい両者譲らぬ目まぐるしい展開となるなか、試合が終盤にさしかかった後半39分、左サイドでの競り合いからのこぼれ球を日髙慶太がダイレクトで前線へ送ると、抜け出した中村亮太がボールをキープしたまま向きを変えてすかさずクロスを入れる。するとファーにいた久冨がヘディングで折り返したところにゴール前へと走り込んでいた青島が懸命に右足を伸ばしてボールを押し込み逆転ゴール! J2昇格、J3連覇に向けて勝ち点3を積み重ねていきたい秋田がついに試合をひっくり返します。そしてアディショナルタイム3分をしっかり最後まで闘い切った秋田についに歓喜のときが! リーグ戦では2年前の11月にホームで行われたSC相模原戦以来となる約1年10カ月ぶりの逆転勝ちで、秋田は今季2度目の3連勝となりました。

新加入選手の同点ゴール、そして途中交代の3人でつないだ逆転ゴールで勝ち点3をゲットした秋田は、9勝3分8敗で勝ち点を30とし、順位は1つ上がって7位に。J2昇格圏内となる2位との差は7のまま縮まらなかったものの、秋田とは勝ち点1差で4〜6位の3チームが並んでいるだけにまずは上位進出が射程圏内となってきました。

さて次節は9月8日(土)に敵地でSC相模原と対戦(相模原ギオンスタジアム、17時キックオフ)となります。7月にホームで対戦した際は後半に逆転を許して敗戦。直後に杉山弘一前監督の電撃解任へとつながったゲームだけにアウェイできっちりリベンジしたいところです。そして勢いに乗るチームは今季初の4連勝を目指します!

2018シーズン第6節 vsグルージャ盛岡 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第6節、ブラウブリッツ秋田は敵地・いわぎんスタジアムでグルージャ盛岡と対戦し、1−2で敗戦。次節は4月15日(日)にホーム・あきぎんスタジアムでアスルクラロ沼津との対戦(13時キックオフ)となります。

盛岡との”北東北ダービー”には秋田からも大勢のサポーターが応援に駆けつけ、約300名が敵地のいわぎんスタジアムに集結。試合は、前半36分にセットプレーから久富賢が頭で合わせて先制。風上で優位に立つ秋田は追加点を狙うも盛岡の懸命なディフェンスにゴールを阻まれ1-0で後半へ。

エンドが変わって風下となった秋田に対し、同点に追いつきたい盛岡が反撃を見せるもGK清水慶記を中心に秋田守備陣もゴールを固めます。この苦しい時間帯を凌ぎ切って流れを変えたい秋田でしたが、後半29分に失点を許し同点に。なんとか勝ち点3を奪って連勝としたい秋田の杉山弘一監督は先制ゴールをあげた久富に代えて藤田祥史を投入。

そして後半アディショナルタイムに突入直後、秋田はCKのチャンスに今季初スタメンとなった千田海人が頭で合わせるもシュートはクロスバーを直撃。この跳ね返ったボールが相手に奪われカウンター攻撃を仕掛けられると、懸命に走って戻った選手たちもこれを止めることができず失点。前節勝利の勢いで臨んだ北東北ダービーでしたが、追加点がなかなかあげられない状況から逆転負けを喫した秋田にとっては厳しい結果となりました。

さて次節は4月15日(日)、ホーム・あきぎんスタジアムにアスルクラロ沼津を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。開幕から無傷で2位と好調な滑り出しでスタートダッシュに成功した相手に対し、古巣との対戦で必勝を期す中村亮太を筆頭に秋田がどういった闘いを見せるのか注目です!

北東北ダービー制す! 9月10日アウェイ グルージャ盛岡戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第22節、ブラウブリッツ秋田は敵地でグルージャ盛岡と対戦し、3対1で勝利。2位・アスルクラロ沼津と勝ち点2差は変わらず秋田が首位をキープしました。

前節では優勝を争うライバル・栃木SC戦との大一番で試合終了間際に田中智大がゴールを決めて同点に追いつき、土壇場で勝ち点1を獲得、首位を守った秋田。そして迎えた今節は盛岡との北東北ダービーだ。4月の対戦では有薗真吾の移籍後初ゴールで秋田が勝利。相手の盛岡は現在6連敗中と調子を落としているものの秋田との対戦では接戦が多いだけに油断はできない。

会場のいわぎんスタジアムには秋田からも多くのサポーターが集結。メインスタンド、ゴール裏あわせて約300名の大応援団となり、ホームさながらの雰囲気がスタジアムを包んだ。この日は開幕からスタメンで出場し、秋田の攻守を支えていたキャプテン山田尚幸が体調不良により欠場。その穴を埋めるべく山田(尚)とボランチでコンビを組んでいた藤山智史が3試合ぶりに先発出場をはたした。

気温26度とこの時期にしてはやや暑いなか13時キックオフ。その直後いきなり秋田にチャンスが! 山田樹のクロスが相手選手に当って跳ね返ったボールを拾った藤山が左サイド後方からロングボールを入れると、ファーサイドにいた古田寛幸がダイレクトで合わせてボレーシュート。このシュートが左に逸れそうになったところを詰めていた山田(樹)が必死に左足を伸ばして合わせるもポスト直撃。惜しくもゴールとならなかったが序盤から秋田が攻勢に出る。すると前半16分、GK松本拓也が蹴ったゴールキックを相手DFがヘディングでクリア、そのボールをさらに前山恭平がヘディングで跳ね返してボールは右サイドでフリーとなっている久富賢へ。ここから久富はドリブルで一気にペナルティエリア内へ侵入し、中に切り替えしてから中央にいた田中へパス。このパスを田中がダイレクトで再び久富に戻すと、田中とのワンツーパスから抜け出した久富がシュート。これがゴール左に決まって秋田が先制! 8月のガンバ大阪U-23戦以来、今季7ゴール目となる久富の先制弾が炸裂し、秋田サポーターも大盛り上がり。

ここから一気に追加点を狙いたい秋田。ところがホームで連敗を止めたい盛岡がシンプルに裏へめがけてロングボールを入れる作戦に出ると前半31分、裏を狙った相手のロングパスを有薗がヘディングでクリアも、このボールを盛岡の垣根拓也に拾ってすかさずミドルシュート。これが決まって秋田が同点に追いつかれてしまう。前半のうちに追いつきたかった盛岡としてはここから一気に攻め込みたいところ。逆に、追いつかれてしまった秋田としては盛岡が攻勢に出る前に再び突き放したいところだ。

すると前半35分、左サイドにいた前山がGK松本にボールを戻すと、松本から下田光平へとつながり、下田が右サイドにいた久富に縦パス。このパスを受けた久富がドリブルで駆け上がるも相手選手にコースを塞がれたため、後方にいた前山にいったんボールを戻す。すると前山がゴール前へクロスを入れると見せて再び久富にスルーパス。このパスを受けて抜け出した久富がクロスを入れると、ゴール前へ走り込んだ山田(樹)が頭で合わせゴール。6月の栃木戦以来、今季3ゴール目となる山田(樹)の勝ち越し弾で再び秋田がリードを奪う。この直後に自陣でのミスから相手にボールを奪われてシュートを放たれるもポスト直撃でピンチ脱出。そして2対1のまま前半終了。

 

迎えた後半、風上となる秋田はさらに追加点を奪って勝負を決めたい。後半も序盤は秋田が相手陣内へと攻め込む機会が多いもののシュートまでは持ち込めず。すると後半10分、相手のロングパスが前に出ていたGK松本拓也の手前で大きくバウンドして頭上を超えると抜け出した盛岡の岩渕良太が無人のゴールめがけてシュート。しかし角度がやや厳しかったこともあり、このシュートはクロスバー直撃。秋田としては命拾いとなる。ここから一進一退の攻防に。

この試合展開で先に動いたのは秋田陣営。杉山弘一監督は後半23分に勝ち越しゴールを決めた山田(樹)に代えて青島拓馬、さらにその3分後には先制ゴールを決めた久富に代えて遊馬将也とフレッシュな選手を次々とピッチへ送り込む。ここから秋田が攻勢へ。すると後半29分にコーナーキックのチャンス。キッカーは前山。前山が蹴ったボールはファーサイドへ。これをフリーで有薗が頭で合わせると、ふわりと放物線を描いたボールがゴール右のサイドネットを揺らして追加点。山田(尚)に代わってキャプテンマークをつけたチーム最年長の有薗がゴールを決め、秋田がリードを2点に広げる。ここで勝負あり。リードを守り切った秋田が3対1で北東北ダービーを制した。

この結果、13勝5分2敗で勝ち点44とした秋田は、2位・アスルクラロ沼津との勝ち点差は2のまま変わらずも首位キープ。次節は再びアウェイゲーム、9月17日(日)敵地・ニッパツ三ツ沢球技場で15位・Y.S.C.C.横浜との対戦です(13時キックオフ)。前回7月の対戦では両チーム計7本のゴールが生まれる点の取り合いから4対3で秋田が勝利。しかしながら前節で最下位を脱出して勢いに乗るYS横浜の攻撃は要警戒です!

台風18号の影響で悪天候、交通機関の乱れが予想されます。現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!