タグ別アーカイブ: セレッソ大阪U-23

今季初白星!3月19日アウェイ セレッソ大阪U-23戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第2節、ブラウブリッツ秋田は敵地でセレッソ大阪U-23と対戦して結果は3対1で勝利。開幕2戦目で今季初勝利を飾りました。

開幕戦に続いてのアウェイゲームとなった今節。秋田は前節・ギラヴァンツ北九州戦で負傷退場となった比嘉諒人に代わり、ツエーゲン金沢からのレンタル移籍で加入した新戦力・古田寛幸が今季初先発。そして、前節の北九州戦で同点ゴールを決めた久富賢が今節の出場でJ3リーグ通算100試合出場となりました。

試合会場となったキンチョウスタジアムの秋田側応援エリアには約30名のサポーター、さらには選手らのご家族、親戚、知人も多数応援に駆け付けてくださいました。ゲームは14時キックオフ。序盤から主導権を握る秋田に対し、スキを突いてカウンターを狙うC大阪U-23。すると前半18分、右サイドから古田が左足で前線へロングパス。これを久富が胸に当てて田中智大へ。これを田中が体勢を崩しながらもペナルティエリア内へ抜け出した久富につなぎます。田中のパスを受けた久富はすかさず右足一閃。久富が放った強烈なシュートは相手GKの頭上を抜けてゴールネットに突き刺さり、秋田に待望の先制ゴールが生まれました。久富は前節に続いて2試合連続ゴール。自らのゴールでJ3リーグ通算100試合出場に華を添えました。

先に点を奪って勢いに乗る秋田は積極的にゴールを狙うも追加点は奪えず。1−0のまま前半終了。そして迎えた後半、立ち上がりから相手に連続でコーナーキックを与えるも懸命のディフェンスで阻止。すると後半10分、またも右サイドの古田から前線へロングボールが送られると飛び出した相手GKがキャッチングミス。そのこぼれ球が田中の足に当たり、これを拾った藤山智史がシュートを放つと、相手DFの股下を通り抜けたボールがゴールネットを揺らし、秋田が追加点を奪います。藤山はデビュー2戦目にしてJ初ゴール。さらにその5分後、GK小澤章人のゴールキックを相手に競り勝った田中がヘディングで合わせて前線へ。これを久富が胸トラップで受けると中央の前山恭平につなぐと、このパスを受けた前山は左サイドから猛然と駆け上がっていく青島拓馬にスルーパス。相手DFの間を一気に抜け出した青島が相手GKの位置を確認してから左足でシュートを放つとこれが決まり、秋田がさらに追加点。試合をほぼ決定づける3点目のゴールを決めた青島はこれがJ初ゴールとなりました。

試合は、後半33分に1点返されるも相手の反撃を抑えた秋田が逃げ切り、ロスタイム突入後は最後まで攻めきって試合終了。敵地・大阪で今季初勝利&杉山弘一監督初白星を飾ることができました! この結果、秋田は1勝1分の勝ち点4で4位に。次節はお休みとなる秋田は、第4節の4月2日(日)にいよいよホーム開幕戦(13時キックオフ、あきぎんスタジアム)を迎えます。対戦相手はグルージャ盛岡。東北ダービーです。それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!!

10月22日アウェイ セレッソ大阪U-23戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第26節、ブラウブリッツ秋田は敵地でセレッソ大阪U-23と対戦し、結果は2対1で勝利しました。

前節の鹿児島ユナイテッドFC戦に敗れ、上位進出のためにはアウェイといえども連敗は許されない秋田。アウェイ2連戦となる今節は、今年7月の対戦で引き分けているセレッソ大阪U-23との対戦です。この日は、出場停止の比嘉諒人に代わって川田和宏、さらに前線には前山恭平、堺俊暉がひさびさの先発メンバー入りを果たしました。

時折小雨も降るキンチョウスタジアム。ゲームは14時にキックオフ。前半、序盤から相手陣内へと攻め込む秋田は日髙慶太を起点に前線へとパスが繋がる。前半15分、ゴールから約25m離れた位置で相手のファウルからFKのチャンスを得た秋田。キッカー・川田の左足から直接放たれたシュートは枠内を捉えるも相手GKがキャッチで得点ならず。同32分、再びFKのチャンスを得ると、キッカー・日高が蹴ったボールを山田尚幸、前山が頭でつなぎ、ゴール前で深井脩平が左足を振り抜きボレーシュートでネットを揺らすも、直前の競り合った場面で堀田秀平がファールを取られていたため得点は認められず。

すると同39分、C大阪23は自陣でボールを奪うとすかさず右サイドに展開してカウンター攻撃。パスを受けた沖野将基がドリブルで駆け上がると、PA手前で深井をかわしてエリア内に侵入、そのままシュートもファーポストに直撃で命拾い。さらにその跳ね返りを拾われたものの深井が懸命のブロックで防いでピンチを凌ぎ切る。この直後、秋田はCKのチャンスを得ると、キッカー・青島拓馬が蹴ったボールをニアサイドで山田が右足に当ててコースを変えるも相手DFが身体に当ててブロック。すると、こぼれ球を拾った前山が右足を振り抜き、強烈なシュートがゴールに突き刺さる! 間瀬秀一監督の起用に見事に応えた前山のゴールで秋田に待望の先制点が生まれました!

エンドが変わった後半、秋田は1トップの堺にボールを入れて前線で溜めを作りチャンスを伺う。一方、早い時間帯で同点に追い付きたいC大阪23は後半13分、左サイドで温井駿斗がパスをカットすると、中央へ駆け上がってフリーとなった沖野にパス。沖野は秋田のGK松本拓也との1vs1から松本の股の下を通そうとシュートを放つが、間一髪松本が足に当ててセーブ。この直後、相手のトラップミスを前山が拾うとドリブル突破からPA内へ侵入、すかさず左足でクロスを入れると、逆サイドを駆け上がった堺が胸トラップでボールを落としてシュート。しかし、これは角度が厳しかったか枠を捉えることができずサイドネットへ。同17分、秋田はこぼれ球を相手に拾われてシュートを打たれるも、深井が足に当てて必死のブロックでゴールを割らせず。

秋田の守備陣が奮闘を見せて再三のピンチを凌ぎ切ると後半22分、相手のパスをカットした新里彰平がすかさず前線へパス。このパスをセンターサークル内で受けた久富賢がドリブルで一気に駆け上がると、PA手前でフリーになっている日高にパス。すると日高は狙いすましたかのように相手DFとGKの間を通す低いパスをゴール前へ。このパスを久富が滑り込みながら右足に当ててゴールへ流し込み、貴重な追加点を秋田にもたらしました! ところが直後の同24分、秋田は一瞬のスキを突かれて昨季秋田に期限付き移籍でプレーしていた米澤令衣にゴールを許し、再び1点差に。

1点差となってさらに猛攻を仕掛けるC大阪23に対し、間瀬監督は後半30分に川田に代えて下田光平、山田に代えて熊谷達也をピッチへ送り込む。防戦一方となる秋田だが守護神・松本を中心に集中した守りを見せる。そして最後まで相手の猛攻を凌ぎ切ったところで試合終了のホイッスル。1点差で見事に逃げ切った秋田が、今年8月のカターレ富山戦以来となるアウェイでの今季3勝目をあげました!

この結果、12勝7分7敗で勝ち点43とした秋田は順位をひとつ上げて5位に。次節は10月30日(日)、ホーム・あきぎんスタジアムに大分トリニータを迎えての一戦となります。ホームでは現在5連勝中の秋田が現在2位の大分を迎え撃つ一戦は13時キックオフです! それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!!

7月3日ホーム セレッソ大阪U-23戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第15節、ブラウブリッツ秋田はセレッソ大阪U-23と対戦し、1対1で引き分け、それぞれが勝ち点1をわける結果となりました。

前節・アウェイで大分トリニータとの対戦に0対1で敗れ、3連敗中の秋田。対するは、今季よりJ3リーグに参戦している”SAKURA NEXT”ことセレッソ大阪U-23。こちらには昨季秋田に育成型期限付き移籍で加入し、センターフォワードとしてプレー&活躍した米澤令衣が所属している。5月15日のカターレ富山戦に勝利して以降、5戦勝ち星から遠ざかっている秋田としては、連敗ストップ&ひさびさの勝利で再び上位浮上としたいところ。

この日は、心配されていた天候も午後からは晴れとなり、本拠地・あきぎんスタジアムには2251人の観客が応援に駆けつけてくださいました。また、われわれBLUE+AKITAが応援活動を行っているゴール裏にも約150名の秋田サポーターが集まってくれました。いつもありがとうございます!

気温27度、湿度77%と秋田にしてはかなり蒸し暑いなかで行われた試合は13時キックオフ。前半序盤はC大阪U-23が押し気味に試合を進めていく。対する秋田は、ゴール前中央で浦島貴大がパスを受けて起点となり再三にわたってチャンスを演出して反撃に出る。一進一退攻防のなか、ロスタイム突入直前の前半45分に試合の均衡が破られる。松本拓也のゴールキックを遊馬将也がヘディングで競って落としたボールの処理を相手DFがミス。そのこぼれ球を前山恭平が拾うと、左足を振り抜いてループシュート。ふわりと浮いたボールは、相手GKが伸ばした手の上を超えてそのままゴールへ。今季3ゴール目となる前山の見事なループシュートが炸裂し、秋田に待望の先制点が生まれました!

1点リードで迎えた後半、早い時間帯で追加点を狙いたい秋田に対して前半に続き序盤から積極的に攻めてくるC大阪U-23。すると後半4分、C大阪U-23は中央から左サイド奥へとパスがつながると、サイドを駆け上がった温井駿斗がすかさずクロス。ここに米澤が飛び込んでヘディングシュートを放つと、松本が左手でブロックしたもののこぼれたボールがゴールラインを割って同点とされてしまう。

後半開始早々に追いつかれた秋田は、前線の選手を入れ替えて勝ち越しゴールを狙うも、焦りもあるのかフィニッシュの精度に欠け、ゴールが遠い。一方、運動量に勝るC大阪U-23は再三にわたって秋田陣内へと攻め込みシュートを放つも、秋田の守護神・松本のファインセーブ連発で勝ち越しならず。試合はこのまま1対1でドロー。秋田は連敗を3でストップ。しかし、追加点が奪えない&先制してから後半に追いつかれるという課題の克服は、後半戦に持ち越される結果となりました。

これにより、秋田は前半戦を5勝7分3敗の勝ち点22、順位は7位で前半戦を終了。首位とは勝ち点8差に開いた秋田だが、7月は現在4位のAC長野パルセイロ、現在・首位の栃木SCと上位チームとの対戦を控えており、上位浮上のためには後半戦の出だしがカギとなりそうだ。秋田の次節は7月10日(日)、5月の対戦では引き分けているAC長野パルセイロと敵地・南長野運動公園総合球技場で対戦です。キックオフは17時。現地・長野に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!