タグ別アーカイブ: ニッパツ三ツ沢球技場

2018シーズン第29節 vs Y.S.C.C.横浜 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第29節、ブラウブリッツ秋田は敵地で14位・Y.S.C.C.横浜と対戦し、1対3で敗戦。まさかの3連敗で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は順位をひとつ下げて8位に後退とJ2昇格には厳しい状況となりました。

1週お休みを挟んでの関東アウェイ2連戦の2戦目は、秋晴れのニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京U-23に続いてこの日も多くの秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。

13時キックオフのゲームは、最近5試合白星から遠ざかっていることもあってか前節から先発メンバーが入れ替わり、清水慶記、韓浩康、青島拓馬、吉平翼がひさびさの先発出場。さらに中盤のポジションを変更して大事な一戦に臨みました。

前半は秋田が優位に試合を進めてチャンスメイクすると前半8分、右サイドの山田樹が藤山智史へパスを送るとそのままゴール方向へダッシュ。すかさず藤山が縦パスを入れるとゴール前まで侵入した山田が胸トラップで受けてそのまま身体を反転し、左足を振り抜きます。するとこのボレーシュートが見事にゴール右へ決まって秋田が先制! 山田樹は今季初ゴール。相手の意表を突く見事な攻撃でひさしぶりの先制点を奪いました。

このあとも追加点を狙って果敢に攻める秋田ですが何度か訪れた決定的場面はいずれも決められず。逆に序盤は秋田の攻撃に手を焼いていたYS横浜ですが、徐々に反撃に転じると先程まで勢いが良かった秋田がミスからピンチを招くなど劣勢に立たされます。それでもひさびさの先発出場となった清水慶記が好セーブを見せてピンチを救い、1点リードのまま後半へ。

ところが、後半になっても前半途中からの流れは変わらず、秋田はキックオフ直後に攻め込んだものの再び劣勢に。すると後半4分、パスカットからボールを奪われると豪快なミドルシュートを叩き込まれて失点。同点に追いつかれた秋田はここで再び攻撃へと転じて突き離しにかかると、後半13分、相手のファールでFKを得ると、早いリスタートからキッカーの江口直生がゴール前へロングパス。これを藤田祥史がダイレクトで合わせるボレーシュートを放ちますが、相手GKがわずかに手で触れて弾き出してゴールならず。

すると後半21分、ゴール前での混戦からのこぼれ球を押し込まれて失点。逆転されてしまいます。今度は追いかける立場となった秋田は果敢に攻めるも決定機を決められず。逆に後半も怒涛の攻撃を見せるYS横浜に追加点を許して万事休す。ひさびさの先制点を奪った秋田ですが、リードを守りきれずに逆転負けを喫し、これで今季二度目の3連敗。この結果、秋田は10勝6分11敗で勝ち点は36のまま足踏み状態となり順位も7位から8位と後退しました。

最近6試合であげた勝ち点はわずか3。まずは連敗脱出、そして今季残り2試合となったホームゲームでの勝利が必須命題となります。その次節は11月4日(日)、ホーム・秋田市営八橋運動公園陸上競技場にセレッソ大阪U-23を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。約1カ月ぶりとなるホームゲーム。いまこそ一丸となって共に闘いましょう!

雨の横浜で惜敗…… 9月17日アウェイ Y.S.C.C.横浜戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第23節、ブラウブリッツ秋田は敵地でY.S.C.C.横浜と対戦し、1対2で敗戦。2位・アスルクラロ沼津が勝ったため勝ち点1差で2位に後退しました。

前節・グルージャ盛岡との北東北ダービーでは、3得点と秋田の攻撃陣が爆発して勝利。リーグ再開後3戦負けなしと好調をキープしている秋田は、前節に続いて今節もアウェイゲームとなり敵地・ニッパツ三ツ沢競技場に乗り込んでY.S.C.C.横浜との一戦となった。この日は台風18号が本州に上陸し、試合開催も危ぶまれたが関東地方はそれほど雨は強くなく試合は決行。悪天候にも関わらず秋田側の応援エリアには約200名のサポーターが集まった。

前回7月の対戦では両チーム計7本のゴールが生まれる点の取り合いから4対3で秋田が勝利。しかしながら前節で最下位を脱出して勢いに乗るYS横浜の攻撃は要警戒だ。その予想通り、今季ホームゲーム初勝利&J参戦後初の連勝を首位・秋田からあげようと気迫あるプレーで試合序盤から積極的に攻めるYS横浜。しかし最初にチャンスが訪れたのは秋田。前半4分、相手のパスミスを田中智大が奪うと、すかさず右サイドでフリーの久富賢にパス。久富はドリブルで一気にペナルティエリア内へと侵入して右足を振り抜くも、相手GKが足に当ててブロックしてゴールならず。

いきなりのチャンスを逃した秋田はピンチを凌いだYS横浜の反撃を受けて徐々に押し込まれる展開が続くと、前半39分にコーナーキックからヘディングシュートを決められ失点。先制を許してしまう。このあとも攻め込まれる場面が続くも追加点は許さず。0対1のまま前半終了。

そして迎えた後半。追いつきたい秋田は後半6分、相手陣内でのスローインから日高がゴール前めがけてクロス。これを田中が頭で合わせるも相手GK正面。弾いたボールを詰めていた前山恭平が押し込もうとするも相手GKが先にキャッチしてゴールならず。絶好の場面を迎えながらこの日は1点が遠い秋田。それでも後半16分、センターサークル付近で田中が右サイドでフリーとなっていた古田寛幸にパス。古田はドリブル突破からクロスを入れると、この間にゴール前まで駆け上がった田中が頭で合わせてゴールネットを揺らし、今季11ゴール目となる田中の同点ゴールで秋田が追いつく。

この勢いで一気に逆転したい秋田。直後の後半21分、古田からパスを受けた下田がやや離れた距離からミドルシュートを放って枠内を捉えるも相手GKに弾かれる。すると後半23分に指揮官・杉山弘一監督は久富に代えて遊馬将也をピッチへ。この直後にFKで得たセットプレーからニアにいた下田が合わせるもこのシュートはポスト直撃。チャンスが続くもなかなかゴールが奪えない。そんななか後半33分、YS横浜が中央で縦パスを前線に通すと、ポストプレーからDFの裏を取られ、GK松本拓也も前に出てブロックしようとするも決められ失点。追加点を奪われてしまう。

またもリードを許す展開となった秋田は、後半34分に下田に代わって乾達朗、さらにロスタイム突入直前には山田樹に代えて青島拓馬がピッチへと送り込まれるもYS横浜のゴールを割ることができず1対2のまま試合終了。一度は同点に追いついたものの常にリードを与える苦しい展開となった秋田が今季3敗目を喫してしまった。

この結果、13勝5分3敗で勝ち点44の秋田はこの日のゲームで2位・アスルクラロ沼津が勝利しているため第6節から守り続けていた首位の座を明け渡し、2位に後退。しかし秋田は上位4チームのなかで唯一消化試合が1試合少なく、首位との勝ち点差は1のため逆転は十分可能。ただし沼津、栃木との直接対決はすでに終えているため、首位に食らいつきながら逆転のチャンスを伺いたいところです! そのために重要となってくる次節ホームゲームは、9月24日(日)ホーム・あきぎんスタジアムにFC琉球を迎えての一戦となります。キックオフは13時です。

試合当日は開場前に少年サッカーの開会式が行われます。その他にも周辺施設で試合が行われるため駐車場が大変混雑することが予想されます。車で来られる方は安全運転で、時間に余裕を持ってスタジアムにおこしください。

それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!

4月10日アウェイ Y.S.C.C.横浜戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第4節、ブラウブリッツ秋田はY.C.C.C横浜と対戦し、結果は2対1で勝利。見事に今シーズン初連勝を手にしました!

この日は晴天に恵まれYS横浜のホームスタジアムであるニッパツ三ツ沢球技場には、約200名の秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!

前半、前線から相手DFに積極的にプレスをかけていく秋田。すると9分、左サイドで呉大陸がプレスをかけ、相手DFがボールを下げたところを遊馬将也がカット。そのままドリブルで抜け出すと、ペナルティエリア手前でループシュート。ボールは前に出ていた相手GKの頭上をふわりと超えてネットを揺らし、見事な先制ゴール! 開幕戦からスタメン出場のルーキーFW遊馬に待望のJ初ゴールが生まれました。

幸先良く先制点を決めて勢いに乗る秋田に再びチャンスが訪れたのは同14分、前線で前山恭平がプレスをかけると相手DFがパスミス。カットした久富賢がはたいたボールを前山がダイレクトで相手DFの間にスルーパスを通すと、走りこんでボールを受けた久富が右足一閃! グラウンダーの鋭いシュートがゴール左隅に突き刺さり、秋田にとっては今季4戦目で初となる追加点がもたらされました。

さらに追加点を奪おうと攻撃の手を緩めない秋田。再三にわたって相手ゴールを脅かすもあと一歩のところで阻まれます。すると、前半35分すぎあたりから落ち着きを取り戻したYS横浜の反撃を受ける展開に。ここはなんとか凌ぎ切って前半終了。2-0で後半へ折り返します。

さあ、いよいよ後半。ご存知の方も多いとは思いますが、前半2-0で折り返しは秋田にとって最も「危険なスコア」。それもあってハーフタイムでは、このまま逃げ切るのではなく3点目、4点目を狙って最後まで攻め続けようとサポーター同士で声を掛け合って後半の応援に臨んだのですが……。

後半4分、ゴールキックをヘディングで前線へと繋がれた秋田は、ボールを受けた相手FWに対してディフェンスに行った山田尚幸、新里彰平が立て続けに股を抜かれると、GKとの1対1も冷静に決められて失点。後半立ち上がりでの失点に不安がよぎるも、今年の秋田はここからが昨年とは違いました。

1点差に詰めて反撃の勢いが増すYS横浜に対し、秋田は防戦一方となる場面においても集中して守り、相手に決定機を与えません。そして後半25分すぎあたりからは一進一退の激しい攻防が繰り広げられます。同28分には、エリア内でボールを受けた浦島が豪快なオーバーヘッドを放つも、わずかにバーの上を超えてゴールならず。しかし、この見事なプレーにスタジアムが沸きました。

この日最大のピンチは後半36分。右サイドからエリア内に鋭いパスを入れられると、ボールを受けたYS横浜のMF宮内寛斗がシュート。しかし、ここはシュートコースに入った新里が足に当ててブロック。ゴールを割らせません。そしてこのピンチを凌ぎきった秋田は、最後まで集中力を切らさずに守って試合終了。三ツ沢では2013年3月以来、約3年ぶりとなる勝利で、見事に今季初の連勝をあげました!

 

これで秋田は2勝2分で無敗をキープ。順位は、首位と勝ち点1差で5位となりました。次節はホームのあきぎんスタジアムにて、昨季までJ2に所属していた栃木SCと対戦です。栃木SCの監督は、2012シーズンに秋田の監督を務めていた横山雄次氏。そして栃木とは、JFL時代の2008年以来の対戦(当時、秋田は前身のTDKサッカー部)となります。

注目の一戦は、4月17日(日)13時キックオフです。当日は、隣接会場で他競技の大会など八橋地区で催事が集中しております。大変混雑が予想されますのでお気をつけてAスタまでおこしください。また、天気は雨の予報となっておりますので雨対策は忘れずに。それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!