タグ別アーカイブ: 下田光平

連敗脱出! 8月27日ホーム ガンバ大阪U-23戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第20節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでガンバ大阪U-23と対戦し2対0で勝利。連敗を脱出した秋田が、2位・アスルクラロ沼津に勝ち点4差をつけて首位をキープしました。

約1カ月の中断期間を経てリーグ再開となった今節。相手は先月のアウェイゲームで秋田に今季初黒星をつけたガンバ大阪U-23だ。優勝を目指すには同じ相手に再び負けることは許されません。中断前の連敗からの脱出、そしてホームできっちり借りを返したい秋田は、ゴールキーパーの松本拓也、ボランチの日髙慶太が今季リーグ戦初先発。さらに2種登録の現役高校生プレイヤー、鎌田斗来もベンチ入りしました。

試合は15時半にキックオフ。序盤、左サイドから攻撃を組み立て突破を図る相手をファウルで止めていきなりピンチを迎えるも、守護神・松本を中心に秋田守備陣が懸命のディフェンスでゴールを守ります。一方、攻撃では前半23分に最終ラインの下田から前線の田中智大へ縦パスが入ると、田中は抜け出した古田寛幸にスルーパス。パスを受けた古田はドリブルで一気にペナルティエリア内へと侵入し、前に出て止めようとしたキーパーをかわしてシュートを放つもゴール前まで戻ってきた相手DFに弾き出されて惜しくもゴールとはなりません。前半はお互いに幾度かチャンスを得るものの相手のディフェンスに阻まれ、スコアレスで終えます。

迎えた後半、開始早々に得たセットプレーで混戦から有薗真吾がヘディングシュートを放つも、これもまた相手選手が頭で弾き返してブロック。なかなかゴールを割ることができない秋田ですが後半18分に大きなチャンスが生まれます。右サイドの下田から前線の田中へロングパスが送られると、相手のクリアボールを拾った日高が右へ開いた久富賢にダイレクトパス。このパスを受けた久富がすかさずゴール前へクロスを入れると、相手DFの死角から走り込んできた前山恭平が頭で合わせます。すると叩きつけたシュートはワンバウンドしてゴール右へ突き刺さり、ようやく秋田に先制点が生まれます! 前山は今季6ゴール目。

1点リードした秋田はこのまま逃げ切りたいところですが、ここからG大阪U-23の反撃を受けます。しかし、再三のピンチも松本の好セーブによって得点を許しません。勝負を決めるためにも追加点が欲しい秋田は後半40分、ピッチ中央左からのFKでキッカーの前山がふわりと浮かせたパスを同じ左サイドにいた久富へ送ると、このパスを受けた久富は相手選手との1vs1をかわして中央へと切り込んで行き、左足を振り抜きます。この久富が放ったグラウンダーのシュートがゴール右のサイドネットを揺らして待望の追加点! 久富は5月の藤枝戦以来となる今季6ゴール目。この日は1ゴール、1アシストと大活躍です!

試合はこのリードを最後まで守りきった秋田が、6月の相模原戦以来となる今季8試合目の完封勝利でリベンジ達成。この結果、12勝4分2敗となった秋田はリーグ一番乗りで勝ち点40に到達。この日2位に浮上したアスルクラロ沼津に勝ち点4差をつけて首位をキープしました。次節はホーム連戦となり、3位・栃木SCを迎えての上位対決となります。優勝争いを左右する大一番、J2昇格を目指して臨んでくる相手を返り討ちできるか、注目の一戦はあきぎんスタジアムで15時キックオフです!

それではスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!

今季初の連敗…… 7月23日ホーム アスルクラロ沼津戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第18節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでアスルクラロ沼津と対戦し、0対2で敗戦。今季初の連敗となりましたが、2位・カターレ富山に勝ち点2差をつけて首位をキープしました。

前節・ガンバ大阪U-23戦では、序盤からチャンスを得るも相手キーパーの好セーブによってゴールを阻まれ得点ならず。逆にワンチャンスをしっかり決めてきた相手に前半で2点差をつけられリードされると、逆転を狙った後半は1点を返すのみで抑えられて今季初黒星。前半戦の首位ターンは確定していたものの、ここ数戦は3試合で6失点と失点も多く、不安を残す結果となってしまった。

そんななかリーグはいよいよ後半戦に突入。初戦の相手はリーグNO.1の攻撃力を誇る3位・アスルクラロ沼津との対戦だ。6月に行われたアウェイでの一戦は、古田寛幸のミドルシュートで得た先制点を最後まで守りきった秋田が勝利。首位固めのためにも上位との対決は負けられない!

15時キックオフとなったゲームは開始直後から秋田が仕掛ける。最初に得たCKのチャンスではキッカー前山恭平が蹴ったボールは巻き込みながら直接ゴールマウスへと向かうもわずかに枠外。その直後にはペナルティエリア手前でパスを受けた田中智大がシュートを放つもこれもわずかに左へ逸れてゴールならず。対する沼津は中盤での競り合いからボールを奪うとすかさずサイドへ展開して得意のカウンター攻撃を狙うも、これは秋田守備陣がシュートコースを切るなど冷静に対応して得点を与えない。
そしてスコアレスのまま前半が終了。上位対決らしい好ゲームが展開される。

迎えた後半、先制点を奪いたい秋田の指揮官・杉山弘一監督は、後半10分に古田に代えて山田樹、さらには同15分には今季初先発で奮闘した下田光平に代えて深井脩平をピッチへと送り込む。ところが後半25分、攻め込んでいた相手陣内でボールを奪われると一気にカウンター攻撃を受け、後半に途中交代で入った沼津の小牧成亘にゴールを奪われてしまう。さらにその5分後、自陣でのスローイングの場面でトラップミスからボールを奪われると沼津が再びカウンター攻撃。ボールを奪った小牧がドリブルで独走するとそのまま秋田のDF陣をかわしてゴールを叩き込んで2ゴール目。立て続けにミスから追加点を許してしまった秋田は苦しい展開となる。

まずは追いつきたい秋田は反撃を試みるも相手GKの好セーブに阻まれ得点ならず。なかなかフィニッシュまでボールを運べない秋田はそのまま無得点に抑え込まれて0対2のまま試合終了。複数失点が続くここ数戦の悪い流れを変えることができなかった秋田は上位対決で痛い敗戦を喫し、今季初の連敗となってしまいました。

この結果、11勝4分2敗(勝ち点37)で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は、2位・カターレ富山に2差まで詰められるも首位はキープ。次節は、約1カ月の中断期間を経て8月27日(日)ホーム・あきぎんスタジアムで14位・ガンバ大阪U-23を迎えての一戦となります。アウェイでの敗戦のリベンジのためにわれわれも全力応援で! 注目のゲームは15時半キックオフです!!

それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!

7月17日ホーム ガイナーレ鳥取戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第17節、ブラウブリッツ秋田はガイナーレ鳥取と対戦し、結果は3対0で勝利しました。

リーグは前節・AC長野パルセイロ戦からいよいよ後半戦に突入。5月のカターレ富山戦から7試合、勝利から遠ざかっている秋田が後半戦最初のホームゲームで迎え撃つのはガイナーレ鳥取です。3月のアウェイ鳥取では、久富賢のゴールで先制した秋田でしたが、後半ロスタイムに失点して1−1の引き分け。リーグ最下位と調子を落としている鳥取が相手とはいえ油断はできません!

さて、「秋田市民デー」として開催されたこの日は、本拠地・あきぎんスタジアムには1702人の観客が応援に駆けつけてくださいました。また、われわれBLUE+AKITAが応援活動を行っているゴール裏にも約100名の秋田サポーターが集まってくれました。いつもありがとうございます!

夏場でのゲームということもあり試合は15時キックオフ。前節に続いて先発メンバーとポジションを入れ替えてきた秋田は、呉大陸が1トップの位置に入り、ボランチは山田尚幸と熊谷達也のコンビで形成。試合開始直後、まずは久富がボール奪取から攻め上がってクロスを入れるもこれは相手GKがキャッチ。この直後に相手にファーストシュートを打たれますがこれは枠を大きく外れます。すると前半5分、コーナーキックのチャンスを得た秋田は、キッカー前山恭平が蹴ったボールをゴール中央にいた堀田秀平が頭で後ろにそらすと、こぼれ球を下田光平がボレーシュート。これがゴール左に突き刺さり、幸先良く秋田が先制! 秋田市出身の下田が、秋田に入団してから初となるゴールを決めました!

待望の先制点で歓声に沸くスタジアム。しかし、ここから両チーム一進一退の攻防が続き、前半39分には何かアクシデントがあったのか堀田が退き、深井脩平と交代。すると、3バックの左に入った深井は、利き足の左から繰り出したロングフィードでチャンスを演出。突如出番がまわってきたルーキーの深井ですが、これがJリーグ初出場とは思えない落ち着いたプレーを見せます。そして、前半は1−0のまま終了。

追加点を狙いたい秋田ですが、後半は開始直後から鳥取にコーナーキックを連続で与えるなど劣勢が続きます。しかし、再三のピンチに対して集中力を切らさずゴールを守り抜く秋田にビッグチャンスが訪れます。後半19分、細かいパスをつないで相手のPA内に侵入した秋田は、久富のパスを受けた前山が、ゴール左に陣取る浦島貴大にふわりと浮かせたパスを送ります。これを頭で合わせた浦島でしたが、ボールは枠を捉えられずゴール右へ。すると、このこぼれ球を久富が拾ってシュート。久富のシュートは相手GKに弾かれるも、さらにそのこぼれ球を拾った浦島が左足を振り抜いてゴールネットを揺らします! 今季3ゴール目となる浦島が秋田に待望の追加点をもたらしました!

ピンチを切り抜け、欲しかった追加点をようやくあげた秋田は攻撃の手を緩めず、さらに追加点を狙い続けます。後半25分、カウンター攻撃からフリーでボールを拾った呉大陸は得意のドリブルで独走すると、相手GKと1vs1の状況からシュートを放つも惜しくもゴール左にそれて得点ならず。すると後半35分、コーナーキックを得た秋田は、キッカー前山が蹴ったボールを頭で合わせようとした浦島に対して相手DFが接触。これがファウルの判定となり、秋田がPKを獲得します。ここで蹴るのは呉。これまで何度もチャンスを得ながらもゴールをあげることができなかった呉でしたが、ここは相手GKの動きを読んでしっかりと逆を突いてゴール。秋田に試合を決定づける3点目をもたらした呉は、これがJリーグ初ゴールとなります。そしてゲームは、秋田の守備陣が最後まで守り切って3点差のまま試合終了。攻撃陣、守備陣ともに最高の結果を出した秋田が8試合ぶりに勝利をあげました!

この結果、6勝7分4敗の勝ち点25となった秋田は、順位を3つあげて6位に浮上。昨シーズン、勝ち星をあげられずに長く苦しい闘いが続いていた秋田は、当時首位を独走していたレノファ山口FCを3−1で下し、この試合から快進撃を見せたのはみなさんも記憶に新しいかと思われます。はたして、今年もここから巻き返しとなるのか!? さあ、注目の次節は7月24日(日)、現在首位を走る栃木SCと敵地・栃木県グリーンスタジアムで対戦です。4月の対戦では秋田が2−1で勝利をあげております。しかし、対する栃木はこの敗戦以降、13試合連続負けなしで8連勝中とただいま絶好調。相手にとって不足なし、ということで注目の一戦のキックオフは17時です。現地・栃木に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!