タグ別アーカイブ: 久保建英

2018シーズン第13節 vs FC東京U-23 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第13節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで15位・FC東京U-23と対戦し、0−0のスコアレスドロー。勝ち点1はあげたものの1カ月ぶりの勝利とはなりませんでした。

この結果、秋田は5勝2分6敗の勝ち点17で順位は変わらず10位。次節は6月16日(日)、敵地で11位・藤枝MYFCと対戦(藤枝総合運動公園サッカー場、13時キックオフ)です。3連勝中と好調の藤枝相手に秋田は敵地で勝ち点3を奪うことができるか!? 熱い闘いにぜひご期待ください!

土壇場でまさかの展開…… 7月1日アウェイ FC東京U-23戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第15節、ブラウブリッツ秋田は敵地でFC東京U-23と対戦し、1対1でドロー。秋田は2位・カターレ富山に勝ち点3差をつけて首位をキープしました。

会場となった味の素フィールド西が丘には秋田側応援席に全国各地から約250名の方々が集結。首位・秋田の試合を観ようと初めて観に来られた方も多く、試合前から異様な盛り上がりとなりました。またこの日はわざわざ秋田からNHK秋田放送局『ニュースこまち』様が、さらにTBS『スーパーサッカー』様が取材に来られておりました。秋田ではパブリックビューイングが開催されそちらにも約50名のサポーターが集結。その模様とあわせて週明け月曜の『ニュースこまち』のなかで放送されております。

さて試合のほうですが、連戦の疲れ&梅雨の蒸し暑さからか前半から動きがやや重い秋田に対し、チャンスがあれば積極的にシュートを放ってくるFC東京U-23。再三のピンチもGK小澤章人の好セーブでなんとかゴールを守り前半スコアレスで後半へ折り返しとなります。

後半も果敢に攻める相手に対し、なかなかチャンスを作り出せない秋田。すると杉山弘一監督は後半15分に古田寛幸を代えて青島拓馬、さらに同25分には久富賢に代えて6月の富山戦で途中出場から同点ゴールを決めている遊馬将也をピッチへ。すると同35分、右サイドから中央へ送られたボールを韓浩康がヘディングで落とすと、ペナルティエリア内で受けた田中智大が相手DFを背にしたまま反転して左足でシュート。これは相手GKのセーブで弾かれるも、こぼれ球を狙って詰めていた遊馬が左足でゴールへ流し込んで秋田が遂に先制! 遊馬は今季2ゴール目。苦しい展開ながらも秋田が終盤でリードを奪います。

そして時間をうまく使いながらアディショナルタイム(3分)へ突入し、試合終了直前にまさかの展開が……。残り1分を切ったところで相手のコーナーキックに。時間的にも相手にとってはおそらくこれがラストチャンスとなるプレー。相手GKも上がって攻撃に参加します。そしてこのコーナーキックから相手GKがシュートも小澤がしっかりとキャッチ。すると相手ゴールが無人でガラ空きとなっていることもあってか小澤がすぐさまリスタートで前線へボールを蹴り出します。ところが足元がやや滑ったか小澤が体勢を崩しながら蹴り出されたライナー性のボールが自陣ペナルティエリア手前にいた主審の足に直撃。そのまま相手ボールとなりゴール前へクロスを入れられると、途中出場の相手FW原大智にヘディングシュートを決められてまさかの失点で追いつかれます。

この直後、秋田は18歳の現役高校生・鎌田斗来がプロ公式戦デビュー。チーム史上最年少出場記録を更新した鎌田は田中からのセンタリングを合わせようするもミートせずに枠外となり、惜しくもファーストタッチでの初ゴールとはならず。そしてこの直後に試合終了のホイッスル。今季初めて追いつかれる形でのドローとなった秋田にとっては勝ち点3を逃す惜しい結果となりました。しかし、開幕から無敗は継続しており13戦負けなし。さらに昨季から続く17戦負けなしでJ3記録に並びました。

この結果、10勝4分で勝ち点34の秋田は、今節勝利している2位・カターレ富山がとの勝ち点差が5→3に縮まるも依然として首位キープ。前半戦残り2試合の秋田に対し、試合を多く消化している富山は残り1試合のため、次節の結果によっては秋田の前半戦首位ターンが確定します。その次節は7月9日(日)ホームのあきぎんスタジアムで17位Y.S.C.C.横浜と対戦(15時キックオフ)です。2位以下との差を広げるためになんとしてでもホームで勝ち点3をゲットしたい一戦。相手は最下位とはいえ第15節では好調・FC琉球と引き分けており、けっして侮れません。全力応援で選手たちを後押ししましょう!

それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!