タグ別アーカイブ: 前山恭平

2018シーズン第15節 vs鹿児島ユナイテッドFC 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第15節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで首位・鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、1−1の引き分け。順位は8位から6位に浮上しました。

秋田は前半14分、PA手前でパスを受けた前山恭平が左足を振り抜き、ゴール右隅に決めて幸先よく先制。前山は第3節・ガンバ大阪U-23戦以来となる今季2ゴール目。風上に立った前半は秋田がシュート7本を放ったのに対し、鹿児島は0本。鹿児島にチャンスを与えることはなかったものの秋田は追加点を奪うことができず。これが後半にどう影響するか。

エンドが変わった後半は鹿児島が追い風に乗って反撃に出る。対する秋田はGK清水慶記が好セーブを連発して再三のピンチを救うも、後半36分に相手の見事なミドルシュートが決まって同点に追いつかれてしまう。秋田はこのあと遊馬将也、藤田祥史を投入して勝ち越しを狙うも、逆に風下となった後半はシュート0本に終わり、1−1のまま試合終了。首位・鹿児島相手に互角の勝負を見せたもののあと一歩のところで白星を逃す結果をなりました。

この結果、6勝3分6敗で勝ち点21の秋田は8位から6位に順位を上げました。次節はお休みとなり、1週空けて7月8日(日)ホーム・あきぎんスタジアムに13位・SC相模原を迎えての一戦(15時キックオフ)となります。なお、トラフィックレンタリース様の冠マッチとなるこの日は、1990年代に数々のヒット曲を世に残したロックバンドT-BOLANの森友嵐士(ヴォーカル)、五味孝(ギター)の両氏がスペシャルゲストとして来場。試合前にミニライブが行われます。こちらもぜひお楽しみください!

前半戦最後のゲーム、3試合負けなしの秋田はホームで2カ月ぶりの勝利をあげることができるのか!? みんなでブラウブリッツ秋田を応援しよう! We are AKITA!!

2018シーズン第8節 vsカターレ富山 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第8節、ブラウブリッツ秋田は敵地で16位・カターレ富山と対戦し、4-1で勝利。今季初の連勝を飾り、順位も9位から7位に浮上しました。

ゴールデンウィークに突入し、8日間で3試合と連戦が続くことになる秋田。GW初戦はアウェイで富山との対戦です。富山アウェイは2015年の初対決で敗れて以降、3戦していずれも秋田が勝利。そして去年10月の対戦では、秋田がゴールラッシュで4-0と完勝している。とはいえ、相手も同じJ2昇格を目指すチームだけに油断はできない。

GWということでこの日は秋田、全国各地から多くの秋田サポーターが応援に駆けつけました。その数、約200名。ホームさながらの応援で選手を後押しします。

スタメンは前節と変わらず。遊馬将也が開幕戦以来となるベンチ入り。前半はエンドを変えた秋田が風上に立つと、前半15分、秋田のフリーキックから相手選手のクリアボールが前に飛ばず頭上高く舞い上がると競り合いからのこぼれ球にいち早く反応した田中智大が相手キーパーをかわしてシュート。これが決まって幸先よく秋田が先制! 昨年の富山戦でも先制ゴールを決めた田中がチームに勢いをもたらすと、ここから秋田の怒涛の攻撃が始まります。

前半23分、GK清水慶記のゴールキックから田中、久富賢、前山恭平へとつながり、前山がふわりと浮かせたループパスを前方へ。このパスに反応した久富が絶妙なトラップで相手DFをかわしてシュート。これがゴール右に決まって追加点! 久富は3試合連続ゴールで今季3ゴール目。HMTの鮮やかな連携が炸裂し、第5節・Y.S.C.C.横浜戦以来となる複数得点となりました。

そして秋田の攻撃はさらに止まりません。前半35分、またもGK清水のゴールキックからチャンスが生まれると、ゴール前での混戦からこぼれ球を拾った田中のシュートが決まって3点目。さらに同42分、コーナーキックからニアにいた尾本敬がヘディングで後ろへそらすと、ファーにいた田中がすかさず頭で押し込んで4点目。このゴールで田中は自身初のハットトリック達成。さらに秋田にとってもJ3参入以降で初めてハットトリックを記録したことになりました。

前半早くも4点リードとなったところで相手サポーターが応援をボイコットするという事態に。後半はセットプレーからのオウンゴールで相手に1点を献上した秋田だが、富山の反撃をこの1点だけに抑えて4-1で試合終了。秋田は今季初の連勝で4勝4敗と星勘定を五分に戻し、順位は9位から7位へ。J2昇格圏内となる2位に勝ち点2差とした。

さて次節は5月3日(祝・木)、ホーム・あきぎんスタジアムに15位・ギラヴァンツ北九州を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。去年秋田に在籍し、ディエンスリーダーとして優勝に貢献した有薗真吾が今季、北九州に移籍。さらにダヴィ、へフォ の助っ人外国人FWをシーズン途中で加入させるなどタレントが揃っており手強い相手となりそうです。しかしながら秋田は球際の強さ、粘り強くボールを追いかけてチャンスメイクするという本来の持ち味が発揮されてきているだけにホームで連勝を伸ばしたいところだ。そして昨年のvs北九州で2試合ともゴールを決めている久富が4試合連続ゴールとなるか、こちらも注目です!

2018シーズン第3節 vsガンバ大阪U-23戦 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第3節、ブラウブリッツ秋田は敵地・パナソニックスタジアム吹田でガンバ大阪U-23と対戦し、1−2で敗戦。第3節を終えて1勝2敗の勝ち点3で15位の秋田は、次節にいよいよホーム開幕戦・福島ユナイテッドFC戦(秋田市八橋運動公園陸上競技場、13時キックオフ)を迎えます。

アウェイ3連戦、ミッドウィーク開催による連戦と北国のクラブチームにとっては開幕からハードな日程が続くなか、前節・ザスパクサツ群馬戦での惜敗から流れを変えたい今節。この日は冷たい風が強く吹き、さらに時折雨がパラつくコンディションのなか、会場となるパナソニックスタジアム吹田には約50名近くの秋田サポーターが集結しました。

開始直後から主導権を握っていた秋田でしたが、前半15分に相手への寄せの甘さから放たれたミドルシュートが見事に決まって失点。しかし秋田も前半24分に相手のバックパスを奪った前山恭平がドリブルでゴール前へ持ち込んでシュート。これが決まって同点に追いつくと前半は風上となっている秋田は一気に攻め立てますが勝ち越すことはできず後半へ。

風下となった秋田は後半も勝ち越しを狙って攻め込むも絶好機に放ったシュートはいずれも枠内を捉えることができず。逆に後半34分、相手のクロスに対する処理を誤ったところを押し込まれて勝ち越しを許した秋田は終盤にパワープレーでゴールを狙うが追いつくことができず試合終了のホイッスル。2試合続けて競り負ける結果となった秋田は、2連敗と苦しい状況でホーム開幕戦を迎えることとなりました。

次節は中3日空けて25日(日)にホーム開幕戦、福島ユナイテッドFCと対戦(秋田市八橋運動公園陸上競技場、13時キックオフ)です。この日のためにシーズンオフから『1万人応援プロジェクト』が進められ、当日も多数の来場が見込まれます。周辺の駐車場は数に限りがございますので、公共交通機関での来場が可能な方はご協力何卒よろしくお願いいたします。

試合情報など詳細についてはブラウブリッツ秋田公式サイトをご参照ください。