タグ別アーカイブ: 吉平翼

2018シーズン第29節 vs Y.S.C.C.横浜 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第29節、ブラウブリッツ秋田は敵地で14位・Y.S.C.C.横浜と対戦し、1対3で敗戦。まさかの3連敗で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は順位をひとつ下げて8位に後退とJ2昇格には厳しい状況となりました。

1週お休みを挟んでの関東アウェイ2連戦の2戦目は、秋晴れのニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京U-23に続いてこの日も多くの秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。

13時キックオフのゲームは、最近5試合白星から遠ざかっていることもあってか前節から先発メンバーが入れ替わり、清水慶記、韓浩康、青島拓馬、吉平翼がひさびさの先発出場。さらに中盤のポジションを変更して大事な一戦に臨みました。

前半は秋田が優位に試合を進めてチャンスメイクすると前半8分、右サイドの山田樹が藤山智史へパスを送るとそのままゴール方向へダッシュ。すかさず藤山が縦パスを入れるとゴール前まで侵入した山田が胸トラップで受けてそのまま身体を反転し、左足を振り抜きます。するとこのボレーシュートが見事にゴール右へ決まって秋田が先制! 山田樹は今季初ゴール。相手の意表を突く見事な攻撃でひさしぶりの先制点を奪いました。

このあとも追加点を狙って果敢に攻める秋田ですが何度か訪れた決定的場面はいずれも決められず。逆に序盤は秋田の攻撃に手を焼いていたYS横浜ですが、徐々に反撃に転じると先程まで勢いが良かった秋田がミスからピンチを招くなど劣勢に立たされます。それでもひさびさの先発出場となった清水慶記が好セーブを見せてピンチを救い、1点リードのまま後半へ。

ところが、後半になっても前半途中からの流れは変わらず、秋田はキックオフ直後に攻め込んだものの再び劣勢に。すると後半4分、パスカットからボールを奪われると豪快なミドルシュートを叩き込まれて失点。同点に追いつかれた秋田はここで再び攻撃へと転じて突き離しにかかると、後半13分、相手のファールでFKを得ると、早いリスタートからキッカーの江口直生がゴール前へロングパス。これを藤田祥史がダイレクトで合わせるボレーシュートを放ちますが、相手GKがわずかに手で触れて弾き出してゴールならず。

すると後半21分、ゴール前での混戦からのこぼれ球を押し込まれて失点。逆転されてしまいます。今度は追いかける立場となった秋田は果敢に攻めるも決定機を決められず。逆に後半も怒涛の攻撃を見せるYS横浜に追加点を許して万事休す。ひさびさの先制点を奪った秋田ですが、リードを守りきれずに逆転負けを喫し、これで今季二度目の3連敗。この結果、秋田は10勝6分11敗で勝ち点は36のまま足踏み状態となり順位も7位から8位と後退しました。

最近6試合であげた勝ち点はわずか3。まずは連敗脱出、そして今季残り2試合となったホームゲームでの勝利が必須命題となります。その次節は11月4日(日)、ホーム・秋田市営八橋運動公園陸上競技場にセレッソ大阪U-23を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。約1カ月ぶりとなるホームゲーム。いまこそ一丸となって共に闘いましょう!

第98回天皇杯秋田県予選決勝 vs猿田興業 試合結果

『第28回秋田県総合サッカー選手権大会兼天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会秋田県代表決定戦 決勝』があきぎんスタジアムで行われ、スーパーシードで決勝戦からの出場となるブラウブリッツ秋田は、予選を勝ち上がってきた猿田興業(東北2部北リーグ)と対戦。前半29分に吉平翼のゴールで先制した秋田がそのまま逃げ切り、1-0で勝利をおさめ、9年連続9度目の優勝を飾りました。

これにより天皇杯1回戦は、5月27日(日)に千葉県代表と対戦(秋田市八橋運動公園陸上競技場、13時キックオフ)となります。

2018シーズン 新チャント(選手)

#1 清水 慶記(しみず・けいき、コールは「ケイキ」)
オオオオッオー オッオッオー
守れゴール 守護神ケイキ
オオオオッオー オッオッオー
勝利を掴め 守護神ケイキ
(原曲:『GOOD TIME』Owl City & Carly Rae Jepsen)

#2 尾本 敬(おもと・けい、コールは「オモト」)
オーモートー 今日はとことん闘おうぜ 俺たちも共に闘うぜ
(原曲:『気分爽快』森高千里)

#5 千田 海人(ちだ・かいと、コールは「カイト」)
チダカイト チダカイト 勇気抱きしめ強く
チダカイト チダカイト さあ闘おう
(原曲:『We Own The Night 』The Wanted)

#9 中村 亮太(なかむら・りょうた、コールは「ナカムラ」)
リョウタ かけあがれ
リョウタ (ナカムラリョウタ!)
(原曲:『フジヤマディスコ』Silent Siren)

#13 平石 直人(ひらいし・なおと、コールは「ヒライシ」)
ナオト ナオト ヒライシナオト ×3
俺らと 共に ナオト 行こうぜ
(原曲:『今宵、月が見えずとも』ポルノグラフィティ)

#18 藤田 祥史(ふじた・よしひと、コールは「フジタ」)
フ・ジ・タ! フ・ジ・タ! ドカンと決めるぜ フ・ジ・タ!
フ・ジ・タ! フ・ジ・タ! すごいぞ すごいぞ フ・ジ・タ!
(原曲:『富士山』電気グルーヴ)

#19 吉平 翼(よしひら・つばさ、コールは「ヨシヒラ」)
オー ヨシヒラー
ヨシヒラ ツバサ ツバサ ヨシヒラー
(原曲:『ダンス天国』ウィルソン・ピケット)