タグ別アーカイブ: 日高慶太

2018シーズン第18節 vs FC琉球 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第18節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで首位・FC琉球と対戦し、1-0で敗北。残念ながら間瀬秀一新監督の初陣を飾ることはできませんでした。

チーム初のシーズン途中での監督交代劇から中4日で迎えたシーズン後半の初戦。1年半ぶりに秋田で指揮を執ることとなった間瀬監督は前節から先発メンバーを3人入れ替え、そのなかでも日高慶太は今季初先発を果たしました。

間瀬ブラウ第二章の始まりにふさわしい首位・FC琉球と一戦、前半はエンドを変えて風上となった琉球が攻勢に出ます。一方、秋田は1.5列目のポジションで起用された古田寛幸が再三にわたってチャンスメイク。前半24分には前山恭平から受けたパスでGKと1vs1となるもシュートは決まらず。両者互角スコアレスのまま後半へ。

後半は、今季初先発の日高のパスからビッグチャンスが2度生まれるも得点ならず。対する琉球も好位置からFKのチャンスを2度得るも、ここはGK清水慶記がファインセーブを見せて阻止する。5月の対戦と同じく両チーム一歩も譲らぬまま試合は終盤へ。前線の選手を入れ替えて得点を狙うも2列目以降の選手の足が止まり始めた秋田は、最後の攻撃に出た琉球の勢いを止めることができずアディショナルタイム突入直前に失点。再三のチャンスで決めきれなかったのが最後まで響き、0−1で敗れました。

間瀬ブラウ第二章の初陣を飾ることができなかった秋田は6勝3分8敗の勝ち点21で11位に後退。次節は7月22日(日)、敵地でAC長野パルセイロと対戦(長野Uスタジアム、17時キックオフ)です。中断期間前ラストとなる一戦。5月の対戦ではホームで逆転負けを喫しているだけに雪辱を果たしたいところ。熱い闘いにぜひご期待ください!

遂に首位奪還!11月19日ホーム 福島ユナイテッドFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第32節、ブラウブリッツ秋田はあきぎんスタジアムでホーム最終戦・福島ユナイテッドFCと対戦し、2対1で勝利。秋田は第22節以来となる首位に返り咲きました。

季節外れの寒波が日本海側を襲い、各地で降雪となった2017年11月19日(日)。試合開始時の気温は2.4度と1月初旬並みの寒さで、さらに風速8メートルの強風がピッチ上を舞う悪天候のなか、ホーム最終戦となったこの日は2381人の観衆がスタジアムに詰めかけました。首位・栃木SCとはこの時点で勝ち点2差、残り3戦、まだまだ優勝を狙える位置につけているなか同じ東北のライバルである福島との一戦は、秋田にとって絶対に負けられない闘いとなりました。

今節は山田尚幸が累積警告によって出場停止となったため、日髙慶太が先発出場。広い視野で正確なパスを前線に通す日高の活躍に期待がかかります。試合は13時キックオフ。コイントスによって逆のエンドを選び、前半は風上となった秋田は積極的な攻撃で福島ゴールに攻めかかります。一方、風下となった福島も風の影響を受けにくい低いパスで繋ぎながら応戦。序盤は両チームによる激しい主導権争いとなるなか、前半11分に後方の千田海人から相手DFの間を突くパスが裏に抜け出した久富賢に渡るも、相手GKのブロックによって久富はシュートを打つことができず。

一進一退の攻防のなか前半30分、秋田にコーナーキックのチャンス。キッカー前山恭平の蹴ったボールを相手GKが前に出てキャッチしようとするもボールは手をかすめて後方へ。するとファーでフリーとなっていた韓浩康のところにボールがこぼれ、韓はダイレクトでシュート性のクロスをゴール前へ入れると、これが相手DFのクリアミスを誘って弾かれたボールはそのままゴールへ。思わぬ形で秋田に先制点が生まれました!

先制して勢いに乗る秋田はその2分後、相手の激しいプレスからロストしそうになったボールをすかさず拾った日高が前線めがけて素早くボールを送ると、ここで抜け出した久富賢がボールに追いつきドリブル突破。久富はペナルティエリア手前で中央に切り込んで左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール左隅に決まって追加点。今季9得点目となる久富のゴールで秋田がリードを2点とします。

そして迎えた後半、風下で守る秋田に対して2点を追う福島は長身の外国人選手を前線に置いて攻撃の圧力を強めます。すると後半7分、相手のヘディングシュートをGK松本拓也が弾いて好セーブを見せるも、そのクリアボールを相手に繋がれるとクロスから再び頭で合わせられて失点。後半開始早々の失点によって1点差となり、試合の行方がまだまだわからないゲーム展開に。さらに猛攻を仕掛ける福島に対し、山田に代わってこの日キャプテンマークをつけた有薗真吾を中心に守備陣が懸命のディフェンスでゴール前を守ります。

風下になってなかなか相手陣内に攻め込むことができない秋田ですが、後半26分には途中交代で入った遊馬将也が、さらに後半36分にはセットプレーから有薗がシュートを放つも、いずれも相手GKの好セーブによって得点ならず。そしていよいよゲームはアディショナルタイム(4分)に突入。杉山弘一監督は田中智大に代えて堺俊暉をピッチに送り込んで相手のパワープレーを防ぎにかかると、秋田は最後までこの1点差を守り切って試合終了のホイッスル。最後は前が見えにくくなるほどの猛吹雪となったピッチ上だが、粘り強い守備で逃げ切った秋田が福島との東北ダービーを制しました!

この結果、秋田は17勝7分6敗で勝ち点を58に伸ばすと、栃木が引き分けたため勝ち点で並び、さらに秋田が得失点差でわずかに栃木を上回ってるため(秋田が+22、栃木が+20)、第22節以来となる首位に返り咲きました! 3位・アスルクラロ沼津も含めて上位3チームが勝ち点1差で優勝を争う大接戦に。また、4位・鹿児島ユナイテッドが引き分けたことにより、秋田は昨年の4位を上回る3位以上が確定しました。

雪が激しく舞うなかでの激闘を制した秋田はホーム最終戦を白星で終え、残り2戦はアウェイゲームとなります。次節は11月26日(日)に敵地・藤枝総合運動公園サッカー場で9位・藤枝MYFCと対戦(13時キックオフ)です。首位に返り咲いたものの、優勝に向けて絶対に負けられない闘いはまだまだ続きます! 現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

連敗脱出! 8月27日ホーム ガンバ大阪U-23戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第20節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでガンバ大阪U-23と対戦し2対0で勝利。連敗を脱出した秋田が、2位・アスルクラロ沼津に勝ち点4差をつけて首位をキープしました。

約1カ月の中断期間を経てリーグ再開となった今節。相手は先月のアウェイゲームで秋田に今季初黒星をつけたガンバ大阪U-23だ。優勝を目指すには同じ相手に再び負けることは許されません。中断前の連敗からの脱出、そしてホームできっちり借りを返したい秋田は、ゴールキーパーの松本拓也、ボランチの日髙慶太が今季リーグ戦初先発。さらに2種登録の現役高校生プレイヤー、鎌田斗来もベンチ入りしました。

試合は15時半にキックオフ。序盤、左サイドから攻撃を組み立て突破を図る相手をファウルで止めていきなりピンチを迎えるも、守護神・松本を中心に秋田守備陣が懸命のディフェンスでゴールを守ります。一方、攻撃では前半23分に最終ラインの下田から前線の田中智大へ縦パスが入ると、田中は抜け出した古田寛幸にスルーパス。パスを受けた古田はドリブルで一気にペナルティエリア内へと侵入し、前に出て止めようとしたキーパーをかわしてシュートを放つもゴール前まで戻ってきた相手DFに弾き出されて惜しくもゴールとはなりません。前半はお互いに幾度かチャンスを得るものの相手のディフェンスに阻まれ、スコアレスで終えます。

迎えた後半、開始早々に得たセットプレーで混戦から有薗真吾がヘディングシュートを放つも、これもまた相手選手が頭で弾き返してブロック。なかなかゴールを割ることができない秋田ですが後半18分に大きなチャンスが生まれます。右サイドの下田から前線の田中へロングパスが送られると、相手のクリアボールを拾った日高が右へ開いた久富賢にダイレクトパス。このパスを受けた久富がすかさずゴール前へクロスを入れると、相手DFの死角から走り込んできた前山恭平が頭で合わせます。すると叩きつけたシュートはワンバウンドしてゴール右へ突き刺さり、ようやく秋田に先制点が生まれます! 前山は今季6ゴール目。

1点リードした秋田はこのまま逃げ切りたいところですが、ここからG大阪U-23の反撃を受けます。しかし、再三のピンチも松本の好セーブによって得点を許しません。勝負を決めるためにも追加点が欲しい秋田は後半40分、ピッチ中央左からのFKでキッカーの前山がふわりと浮かせたパスを同じ左サイドにいた久富へ送ると、このパスを受けた久富は相手選手との1vs1をかわして中央へと切り込んで行き、左足を振り抜きます。この久富が放ったグラウンダーのシュートがゴール右のサイドネットを揺らして待望の追加点! 久富は5月の藤枝戦以来となる今季6ゴール目。この日は1ゴール、1アシストと大活躍です!

試合はこのリードを最後まで守りきった秋田が、6月の相模原戦以来となる今季8試合目の完封勝利でリベンジ達成。この結果、12勝4分2敗となった秋田はリーグ一番乗りで勝ち点40に到達。この日2位に浮上したアスルクラロ沼津に勝ち点4差をつけて首位をキープしました。次節はホーム連戦となり、3位・栃木SCを迎えての上位対決となります。優勝争いを左右する大一番、J2昇格を目指して臨んでくる相手を返り討ちできるか、注目の一戦はあきぎんスタジアムで15時キックオフです!

それではスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!