タグ別アーカイブ: 田中智大

2018シーズン第14節 vs藤枝MYFC 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第14節、ブラウブリッツ秋田は敵地で11位・藤枝MYFCと対戦し、1-0で勝利。今季6勝目をあげて順位は8位に浮上しました。

第9節のギラヴァンツ北九州戦での勝利から4試合白星から遠ざかっている秋田。前半戦もこの藤枝戦をあわせて残り3試合となっており、混戦続くJ3リーグのなかでJ2昇格争いに食い込むためにも大事な試合が続くこととなる。

土曜昼開催にもかかわらず秋田を始め全国各地から多くの秋田サポーターが集結。ひさびさの勝利をこの目で見ようと応援にも熱が入りました。

試合は前半31分に中村亮太の右からのクロスにペナルティエリア内で田中智大が相手選手のファウルによってPKを獲得。これを田中自らがゴール左に決めて秋田が先制します。

1点リードで折り返した後半も秋田は相手の厳しいチェックに動じず球際での強さを見せ、セカンドボールやこぼれ球に素早く反応してマイボールとし、試合の主導権を握ります。守備においてはGK清水慶記の好セーブをはじめ、得点力のある藤枝の攻撃に対してゴール前を固めて秋田らしい粘り強いディフェンスで前節に続いて2試合連続で完封。追加点こそ奪えなかったものの虎の子の1点を最後まで守りきった秋田が1-0で勝利。5試合ぶりの白星を飾りました。

この結果、秋田は6勝2分5敗で勝ち点20とし、順位は8位に浮上。勝ち点差7のなかに8チームがひしめく大混戦のなか、次節(6月24日・日曜日)は首位・鹿児島ユナイテッドFCとホーム・あきぎんスタジアムで激突! 昨年5月の対戦では試合終盤に前山恭平がFKを直接決めて劇的な勝利を飾っており、今年も好ゲームが期待される。同じJ2昇格を目指すライバルだけに負けられない相手。秋田にとっては前半戦最大の大一番となりそうだ。試合は15時キックオフです!

2018シーズン第8節 vsカターレ富山 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第8節、ブラウブリッツ秋田は敵地で16位・カターレ富山と対戦し、4-1で勝利。今季初の連勝を飾り、順位も9位から7位に浮上しました。

ゴールデンウィークに突入し、8日間で3試合と連戦が続くことになる秋田。GW初戦はアウェイで富山との対戦です。富山アウェイは2015年の初対決で敗れて以降、3戦していずれも秋田が勝利。そして去年10月の対戦では、秋田がゴールラッシュで4-0と完勝している。とはいえ、相手も同じJ2昇格を目指すチームだけに油断はできない。

GWということでこの日は秋田、全国各地から多くの秋田サポーターが応援に駆けつけました。その数、約200名。ホームさながらの応援で選手を後押しします。

スタメンは前節と変わらず。遊馬将也が開幕戦以来となるベンチ入り。前半はエンドを変えた秋田が風上に立つと、前半15分、秋田のフリーキックから相手選手のクリアボールが前に飛ばず頭上高く舞い上がると競り合いからのこぼれ球にいち早く反応した田中智大が相手キーパーをかわしてシュート。これが決まって幸先よく秋田が先制! 昨年の富山戦でも先制ゴールを決めた田中がチームに勢いをもたらすと、ここから秋田の怒涛の攻撃が始まります。

前半23分、GK清水慶記のゴールキックから田中、久富賢、前山恭平へとつながり、前山がふわりと浮かせたループパスを前方へ。このパスに反応した久富が絶妙なトラップで相手DFをかわしてシュート。これがゴール右に決まって追加点! 久富は3試合連続ゴールで今季3ゴール目。HMTの鮮やかな連携が炸裂し、第5節・Y.S.C.C.横浜戦以来となる複数得点となりました。

そして秋田の攻撃はさらに止まりません。前半35分、またもGK清水のゴールキックからチャンスが生まれると、ゴール前での混戦からこぼれ球を拾った田中のシュートが決まって3点目。さらに同42分、コーナーキックからニアにいた尾本敬がヘディングで後ろへそらすと、ファーにいた田中がすかさず頭で押し込んで4点目。このゴールで田中は自身初のハットトリック達成。さらに秋田にとってもJ3参入以降で初めてハットトリックを記録したことになりました。

前半早くも4点リードとなったところで相手サポーターが応援をボイコットするという事態に。後半はセットプレーからのオウンゴールで相手に1点を献上した秋田だが、富山の反撃をこの1点だけに抑えて4-1で試合終了。秋田は今季初の連勝で4勝4敗と星勘定を五分に戻し、順位は9位から7位へ。J2昇格圏内となる2位に勝ち点2差とした。

さて次節は5月3日(祝・木)、ホーム・あきぎんスタジアムに15位・ギラヴァンツ北九州を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。去年秋田に在籍し、ディエンスリーダーとして優勝に貢献した有薗真吾が今季、北九州に移籍。さらにダヴィ、へフォ の助っ人外国人FWをシーズン途中で加入させるなどタレントが揃っており手強い相手となりそうです。しかしながら秋田は球際の強さ、粘り強くボールを追いかけてチャンスメイクするという本来の持ち味が発揮されてきているだけにホームで連勝を伸ばしたいところだ。そして昨年のvs北九州で2試合ともゴールを決めている久富が4試合連続ゴールとなるか、こちらも注目です!

2018シーズン第5節 vsY.S.C.C.横浜戦 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第5節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでY.S.C.C.横浜と対戦し、2-0で勝利。連敗を3でストップさせ、ホーム今季初白星を飾りました。

開幕戦こそ白星で飾ったものの第2節のザスパクサツ群馬戦から3連敗と、J3連覇&J2昇格を目標に掲げてスタートした秋田にとってはいきなり躓く格好となりましたが、この日のゲームでは開始早々から選手たちが気迫のこもったプレーを攻守において見せます。

そして序盤で主導権を握った秋田は前半19分、平石直人のクロスをニアにいた前山恭平が頭で合わせるもこれは惜しくもゴールポスト直撃。しかし、この跳ね返ったボールに詰めていた藤山智史がダイビングヘッドでゴールネットを揺らし、秋田に先制点をもたらします。

1点リードで折り返した後半6分、秋田は中村亮太が激しいチェックで相手選手にプレッシャーをかけるとそのこぼれ球を拾った田中智大がすかさず前山にパス。これを受けた前山はドリブルから相手DFの裏へ抜け出した中村に絶妙なスルーパスを送ると、中村がペナルティエリア内で相手選手に後方から倒されてPKを獲得。このチャンスにPKを得意とする田中がきっちりと決めて待望の追加点。秋田がリードを2点に広げます。

さらなる追加点を狙うべく、秋田の指揮官・杉山弘一監督は後半20分に吉平翼、同41分には藤田祥史と前線の選手を投入(※藤田はこの試合の出場でJリーグ通算300試合出場を達成)。3点目こそ奪えませんでしたが秋田は最後まで果敢に攻め続け、さらに守りでもYS横浜の攻撃陣を最後まで抑え切って開幕戦以来の完封勝利。連敗を3で止めた秋田がホーム今季初白星を飾りました!

この結果、2勝3敗で勝ち点6の秋田は7位に浮上。次節は4月8日(日)敵地・いわぎんスタジアムでグルージャ盛岡との”北東北ダービー”となります。