タグ別アーカイブ: 藤山智史

2018シーズン第29節 vs Y.S.C.C.横浜 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第29節、ブラウブリッツ秋田は敵地で14位・Y.S.C.C.横浜と対戦し、1対3で敗戦。まさかの3連敗で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は順位をひとつ下げて8位に後退とJ2昇格には厳しい状況となりました。

1週お休みを挟んでの関東アウェイ2連戦の2戦目は、秋晴れのニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京U-23に続いてこの日も多くの秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。

13時キックオフのゲームは、最近5試合白星から遠ざかっていることもあってか前節から先発メンバーが入れ替わり、清水慶記、韓浩康、青島拓馬、吉平翼がひさびさの先発出場。さらに中盤のポジションを変更して大事な一戦に臨みました。

前半は秋田が優位に試合を進めてチャンスメイクすると前半8分、右サイドの山田樹が藤山智史へパスを送るとそのままゴール方向へダッシュ。すかさず藤山が縦パスを入れるとゴール前まで侵入した山田が胸トラップで受けてそのまま身体を反転し、左足を振り抜きます。するとこのボレーシュートが見事にゴール右へ決まって秋田が先制! 山田樹は今季初ゴール。相手の意表を突く見事な攻撃でひさしぶりの先制点を奪いました。

このあとも追加点を狙って果敢に攻める秋田ですが何度か訪れた決定的場面はいずれも決められず。逆に序盤は秋田の攻撃に手を焼いていたYS横浜ですが、徐々に反撃に転じると先程まで勢いが良かった秋田がミスからピンチを招くなど劣勢に立たされます。それでもひさびさの先発出場となった清水慶記が好セーブを見せてピンチを救い、1点リードのまま後半へ。

ところが、後半になっても前半途中からの流れは変わらず、秋田はキックオフ直後に攻め込んだものの再び劣勢に。すると後半4分、パスカットからボールを奪われると豪快なミドルシュートを叩き込まれて失点。同点に追いつかれた秋田はここで再び攻撃へと転じて突き離しにかかると、後半13分、相手のファールでFKを得ると、早いリスタートからキッカーの江口直生がゴール前へロングパス。これを藤田祥史がダイレクトで合わせるボレーシュートを放ちますが、相手GKがわずかに手で触れて弾き出してゴールならず。

すると後半21分、ゴール前での混戦からのこぼれ球を押し込まれて失点。逆転されてしまいます。今度は追いかける立場となった秋田は果敢に攻めるも決定機を決められず。逆に後半も怒涛の攻撃を見せるYS横浜に追加点を許して万事休す。ひさびさの先制点を奪った秋田ですが、リードを守りきれずに逆転負けを喫し、これで今季二度目の3連敗。この結果、秋田は10勝6分11敗で勝ち点は36のまま足踏み状態となり順位も7位から8位と後退しました。

最近6試合であげた勝ち点はわずか3。まずは連敗脱出、そして今季残り2試合となったホームゲームでの勝利が必須命題となります。その次節は11月4日(日)、ホーム・秋田市営八橋運動公園陸上競技場にセレッソ大阪U-23を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。約1カ月ぶりとなるホームゲーム。いまこそ一丸となって共に闘いましょう!

2018シーズン第25節 vs鹿児島ユナイテッドFC 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第25節、ブラウブリッツ秋田は敵地で3位・鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、2対2の引き分けで順位は変わらず6位のままで足踏み状態となりました。

台風24号が九州に接近するなか開催された3位・鹿児島との対戦。リーグ戦は残りあと9試合、J2昇格を目指すライバルとの対戦で勝ち点差を縮めたい秋田としては、絶対に勝たなければいけないゲームでした。また台風接近によって帰路の心配もあるなか、秋田をはじめ全国各地から約20名近いサポーターが鹿児島まで応援に駆けつけてくださいました。この一戦にかける熱い想い、サポーターの応援にも熱が入ります。

試合前そして試合中も雨が降ったりやんだり、さらに時折雨が激しくなるなかで行われたゲームは、ワントップで先発起用となった中村亮太が躍動。開始直後から秋田が攻勢に出てチャンスを演出する。しかし、サイドをうまく使って攻撃に出る相手はすぐさま反撃に出ると、前半9分、秋田は左サイドを崩されて失点。3試合続けて先制を許す展開に。早い時間帯で追いつきたい秋田だが、失点直後も劣勢のまま守備に追われ、前半に放ったシュートはわずかに2本。それでも連続失点は許さなかっただけに風上となる後半での反撃に期待がかかります。

エンドが変わった後半、秋田の間瀬秀一監督は藤田祥史、薗田淳を投入し、各ポジションを入れ替えて立て直しを図ると早速ビッグチャンスが! 後半2分、藤山智史から江口直生に縦パスが入ると、右サイドを抜け出した江口はダイレクトでクロス。するとゴール前へ走った藤田がニアで合わせてゴール! 後半から入った藤田がいきなり大仕事をやってのけ、秋田が同点に追いつきます。

そして試合再開直後、相手選手が報復行為で一発レッド退場となり、ひとり多い秋田が優位となるも追加点をなかなか奪うことができず。試合の残り時間も刻一刻と少なくなっていくかな、ついに均衡が破れます。アディショナルタイム突入直前の後半44分、先程と同じく藤山からハーフスペースに抜けた江口へ縦パスが通ると、すかさず江口がクロス。するとカバーに入った相手選手の足に当たったボールは、相手GKの頭上を飛び越えそのままゴールマウスへ。ここに外山凌が左足を高く上げて飛び込み、必死に伸ばした左足でボールをゴールへ押し込んで逆転ゴール! 外山の今季2点目となる値千金のゴールにより秋田が土壇場で試合をひっくり返します!

アディショナルタイムは5分。最後の反撃に出る鹿児島に対し、なんとか逃げ切ってアウェイでの勝ち点3を掴みたい秋田。ところが後半45+3分、防戦一方となった秋田は相手の攻撃を止めることができずにまさかの失点で追いつかれて試合終了。目の前にしていた勝ち点3を逃した秋田にとっては、負けはしなかったものの非常に厳しい結果となってしまいました。

この結果、10勝6分8敗で勝ち点36の秋田は、順位は変わらず6位のまま。J2昇格圏内となる2位・鹿児島との差は変わらず勝ち点差は8のままとなっております。

さて、次節は10月7日(日)、ホーム・あきぎんスタジアムに4位・ザスパクサツ群馬を迎えての一戦となります。J2ライセンス取得後に初めて迎えるホームゲーム、そして相手は同じJ2昇格を目指す群馬。絶対に負けられない一戦です!

なお、台風25号が接近していることもあり、試合当日の開場時間、キックオフ時間ならびにイベント開催が変更となる可能性があります。こちらに関する情報は、ブラウブリッツ秋田公式サイトにて随時お知らせしておりますので、まめにチェックしてください。よろしくお願いいたします。

2018シーズン第17節 vs SC相模原 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第17節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで13位・SC相模原と対戦し、1-2で敗北。前半戦最後の試合を勝利で飾ることはできませんでした。

応援用の太鼓をご提供いただくなど我々BLUE+AKITAも大変お世話になっているトラフィックレンタリース様の冠マッチで行われた今節には、スペシャルゲストとして90年代に数多くのヒット曲を生み出したロックバンドT-BOLANの森友嵐士さん、五味孝氏さんが来場し、試合前にミニライブを披露したほか、さらにサプライズゲストとしてボクシング元世界3階級王者の亀田興毅さんも来場し、スタジアムに集まった観客を大いににぎわせてくれました。

試合は、前節から先発メンバーを3人入れ替えて臨んだ秋田が前半40分、田中智大のクロスをゴール前に飛び込んだ藤山智史が頭で合わせて先制。そして1−0で折り返した後半、秋田は序盤で迎えたチャンスを逸して追加点を奪えずにいると後半18分、同32分と立て続けに失点し、そのまま1−2で逆転負け。前半戦最後のゲームを白星で飾ることができず、6勝3分7敗と負け越しで後半戦へと折り返すこととなりました。

その翌週7月11日(水)、杉山弘一監督の解任、新たな後任として2015〜2016シーズンに秋田で指揮をとった間瀬秀一氏の監督就任が発表されました。また翌日には2015シーズンからチームを支えてきた菅原太郎コーチの契約解除も発表され、シーズン途中で監督交代劇が起こるというチーム初の緊急事態が起こってしまいました。

これまでチームを率いてきた杉山前監督、そして縁の下の力持ちとして選手と監督を支えてきた菅原前コーチの両氏には心より感謝を申し上げます。まだシーズン途中ではありますので、今季の目標であるJ2昇格を達成してから改めて御礼を申し上げることができればと思っております。

さて次節は7月16日(月・祝)、海の日の開催となります。ホーム・あきぎんスタジアムに首位・FC琉球を迎えての一戦です。秋田に再び帰ってきた間瀬新監督の初陣となります。後半戦からの巻き返しを誓い、いまこそ”全員力”で選手たちを後押ししましょう! キックオフは15時です!!