タグ別アーカイブ: 藤枝総合運動公園サッカー場

2018シーズン第14節 vs藤枝MYFC 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第14節、ブラウブリッツ秋田は敵地で11位・藤枝MYFCと対戦し、1-0で勝利。今季6勝目をあげて順位は8位に浮上しました。

第9節のギラヴァンツ北九州戦での勝利から4試合白星から遠ざかっている秋田。前半戦もこの藤枝戦をあわせて残り3試合となっており、混戦続くJ3リーグのなかでJ2昇格争いに食い込むためにも大事な試合が続くこととなる。

土曜昼開催にもかかわらず秋田を始め全国各地から多くの秋田サポーターが集結。ひさびさの勝利をこの目で見ようと応援にも熱が入りました。

試合は前半31分に中村亮太の右からのクロスにペナルティエリア内で田中智大が相手選手のファウルによってPKを獲得。これを田中自らがゴール左に決めて秋田が先制します。

1点リードで折り返した後半も秋田は相手の厳しいチェックに動じず球際での強さを見せ、セカンドボールやこぼれ球に素早く反応してマイボールとし、試合の主導権を握ります。守備においてはGK清水慶記の好セーブをはじめ、得点力のある藤枝の攻撃に対してゴール前を固めて秋田らしい粘り強いディフェンスで前節に続いて2試合連続で完封。追加点こそ奪えなかったものの虎の子の1点を最後まで守りきった秋田が1-0で勝利。5試合ぶりの白星を飾りました。

この結果、秋田は6勝2分5敗で勝ち点20とし、順位は8位に浮上。勝ち点差7のなかに8チームがひしめく大混戦のなか、次節(6月24日・日曜日)は首位・鹿児島ユナイテッドFCとホーム・あきぎんスタジアムで激突! 昨年5月の対戦では試合終盤に前山恭平がFKを直接決めて劇的な勝利を飾っており、今年も好ゲームが期待される。同じJ2昇格を目指すライバルだけに負けられない相手。秋田にとっては前半戦最大の大一番となりそうだ。試合は15時キックオフです!

痛恨の敗戦…… 11月26日アウェイ 藤枝MYFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第33節、ブラウブリッツ秋田は敵地で藤枝MYFCと対戦し、3対0で敗戦。前節首位へ返り咲いた秋田でしたが勝ち点を伸ばすことができず順位を3位に後退。しかし、優勝を争う栃木SC、アスルクラロ沼津がそれぞれ引き分けたため3チームが勝ち点1差のまま今季最終戦を迎えることとなりました。

雪が舞うなかで行われた前節のホーム最終戦では、前半で2点のリードを奪った秋田が後半に追い上げを見せた福島ユナイテッドFCの反撃を振り切って2対1で勝利。第22節以来となる首位返り咲きで迎えた今節は秋田が藤枝のホームスタジアム、藤枝総合運動公園サッカー場に乗り込んでの一戦となりました。そして会場には秋田をはじめ全国各地から約70名近くのサポーターが応援に駆けつけてくださいました。この場を借りて心より御礼を申し上げます。

これまで秋田攻撃陣を支え、全試合出場を果たしてきた前山恭平がメンバー外となるまさかの事態にサポーターも困惑するなか試合は13時キックオフ。先制点を奪いたい秋田は風下から攻めるもなかなかシュートまでつなげることができず前半に放ったシュートはわずか3本のみ。それでも、リーグ3位の得点数で厚みのある攻撃をしかけてくる藤枝に対して守備陣が落ち着いたプレーでわずかシュート1本に押さえ込み、前半はスコアレスのまま後半へ。

エンドが変わった後半、秋田は同12分に山田尚幸がミドルシュートを放つも相手GKの好セーブによってゴールならず。惜しいチャンスが続くなか、後半26分、相手の右サイドからのクロスを頭で合わせられたシュートがポストに当たり、その跳ね返ったボールを押し込まれて失点。さらに2分後の同28分に再び右サイドからのクロスを合わせられ、相手選手の手に当たって入ったシュートがゴールと判定される不運も重なり、2点のビハインドとなる。

あとがない秋田は、日髙慶太に代えて遊馬将也をピッチに投入も後半39分にボール処理のミスから相手にゴールを奪われて3失点目。その後、選手を入れ替えて反撃に出た秋田でしたが最後まで1点が遠く。ホームゲームで強さを見せる藤枝の勢いに抑え込まれて完敗(0対3)を喫してしまいました。

この結果、17勝7分7敗の勝ち点58の秋田は3位に後退。勝ち点差1で栃木が再び首位となり、秋田と同勝ち点ながら得失点差により沼津が2位に浮上しました。3チームが勝ち点1差となる大混戦のなか、いよいよ迎える今季最終戦は12月3日(日)敵地・とりぎんバードスタジアムでガイナーレ鳥取との対戦(13時キックオフ)となります。

秋田が優勝するためには鳥取戦で勝利(勝ち点61)し、直接対決となる沼津vs栃木が引き分け(沼津が勝ち点59、栃木が勝ち点60)とならなければいけません。他力本願とはなりますが、まずは絶対条件となる鳥取戦での勝利に向かって、選手たちを全力応援で後押ししていきましょう!

現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

 

【追記】
大学を卒業して2010年に当時JFL所属のブラウブリッツ秋田に入団し、2015シーズンまでの6シーズンを秋田でプレーした藤枝の三好洋央選手が今季限りでの引退を発表しました。

プロ2年目から頭角をあらわした三好選手は、JFL時代は攻撃の要として降格のピンチを救う活躍を見せ、またJ3元年となる2014シーズンにはチーム得点王となる12ゴールを記録。2016シーズンに藤枝へ移籍し、古巣・秋田との対戦ではきっちりと恩返しゴールも(笑)。
苦しい時代を支えた戦士のひとりとして、またサッカーへ真摯に取り組む姿に三好選手は多くのサポーターから愛されていました。

藤枝戦の試合後には三好選手本人が秋田側の応援席を訪れて挨拶に。サポーターからは三好選手の秋田時代の横断幕に集められた寄せ書きメッセージが贈られました。

三好選手の第二の人生の活躍を心より応援します!
ミヨ、ありがとう!!

6月19日アウェイ 藤枝MYFC戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第13節、ブラウブリッツ秋田は敵地で藤枝MYFCと対戦し、1対2で敗れてしまいました。

この日、藤枝MYFCの本拠地・藤枝総合運動公園サッカー場には秋田、そして全国各地から約30名の秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!

前節の鹿児島ユナイテッドFC戦で今季初黒星を喫した秋田にとっては、仕切り直しとなる重要な一戦。今年新加入の大卒ルーキー、畠中佑樹が初スタメンをはたし、巻き返しを図る。対する藤枝は、昨季まで秋田に所属していた三好洋央、三宅貴憲、峯勇斗が新加入。3選手とも古巣との対戦に強い意気込みを示しており要注意だ。

試合前から小雨が降るなか15時キックオフ。秋田は試合開始早々からコーナーキック、フリーキックからチャンスを得るも得点には結びつかず。しかしながら積極果敢に相手陣内に攻め込む秋田がまずはペースを握る展開に。ところが前半18分、藤枝は左サイドからのクロスを中央で受けた三好が、DFを背負いながらも反転して振り向きざまにシュート。これがゴール左へと決まり、秋田は先制点を奪われます。三好からの手痛い恩返しゴールに、前節・鹿児島戦に続いて追う立場となった秋田。ここから両チームともに一進一退の攻防となるが得点は動かず。0対1でリードされたまま前半終了。

そして迎えた後半、前半と同じく序盤からペースを握る秋田。後半5分、秋田は畠中のヒールパス、久富賢のヘディングでボールを繋ぐと、PA右手前の位置でボールを受けた浦島貴大がボレーシュート。しかし、これは枠を捉えることができず。ここで間瀬秀一監督は、後半9分に前山恭平に代わって比嘉諒人、同15分に田中智大に代わって遊馬将也、さらに同28分に浦島貴大に代わって日高慶太を投入。運動量がやや落ちてきた秋田にフレッシュな選手を次々と投入し、まずは同点ゴールを目指す。

すると、攻撃に再びリズムが出てきた秋田は後半32分、久富が前線にボールを入れると比嘉がヘディングで落とし、中央で受けた遊馬が反転してシュート。一度は相手にキーパーにブロックされるもこぼれ球を狙っていた畠中がしっかりと決め、待望の同点ゴールが生まれる。間瀬監督の先発起用に応えた畠中は、これがうれしいJリーグ初ゴールとなりました。

同点に追いつき勢いに乗る秋田はここで一気に勝ち越しを狙います。ところがロスタイム突入直前の後半44分、熊谷達也のクロスに飛び込んだ比嘉が相手選手と交錯。立ち上がることができない比嘉はそのまま担架で運ばれ、すでに交代枠を使い切った秋田はロスタイム4分を10人で闘わなければいけないという緊急事態に。すると後半48分、藤枝はカウンター攻撃から枝本雄一郎がドリブルでPA内へと侵入しクロスを上げる、するとこのボールに後ろから飛び込んできた大迫希がヘディングであわせて勝ち越しゴール。数的優位に立って最後の攻撃に出た藤枝の勢いを止めることができなかった秋田が、試合終了直前でリードを許してしまう。そして試合はこのままタイムアップ。秋田は1対2で敗戦となり、今季初の連敗となってしまいました。この結果、秋田は5勝6分2敗で勝ち点21のまま、順位をひとつ下げて6位となりました。

次節は6月26日(日)、昨季までJ2に所属していた大分トリニータと敵地・大分銀行ドームで対戦です。大分は現在3位につけており、2008年にはナビスコ杯も制している強豪チーム。また川田和宏が2005~2008年まで在籍してました。川田は古巣での出場となるか!? 注目の一戦は18時キックオフです。現地・大分に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!