タグ別アーカイブ: 藤枝MYFC

2018シーズン第20節 vs藤枝MYFC 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第20節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで14位・藤枝MYFCと対戦し、4対0で完勝。順位は8位に浮上しました。

約1カ月の中断期間を経てリーグが再開し、いよいよ後半戦に突入。7月に間瀬秀一監督が新たに指揮を執ることになった秋田は、この中断期間でチーム作りの見直しを行い、この日はこれまでとは異なるフォーメーションで試合に臨みました。トレーニングマッチ中のケガによって長期離脱となったキャプテン山田尚幸に代わり先発入りを果たしたのはこの試合でJ通算50試合出場となる日高慶太。さらに水戸ホーリーホックから育成型期限付き移籍で加入した外山凌がさっそく先発出場。持ち前のスピード&ドリブル突破に期待がかかります。

なお試合前には、この夏の第100回全国高校野球選手権において秋田県勢では第1回以来となる103年ぶりの準優勝を果たし、秋田県民に感動と勇気を与えた金足農業高校の活躍と栄誉を称え、われわれBLUE+AKITAでは「金足農、感動をありがとう! 次はオレたちの番だ!!」のメッセージ幕を掲げました。あらためて金足農高校のみなさま、おめでとうございます!

試合はその新戦力・外山によってチャンスを迎えます。前半11分、左サイドでパスを受けた山田樹がダイレクトで前方の外山にスルーパス。外山はドリブル突破で抜け出して中央へ切り返すと、すかさず右足を振り抜く。グラウンダーの鋭いシュートは惜しくも外れてポスト直撃も、跳ね返ったボールに詰めていた平石直人がそのまま押し込んで先制ゴール! 外山の積極果敢な攻撃によって生まれたチャンスをきっちり決めた平石は秋田での初ゴールとなりました。

前半1点リードで折り返した後半。反撃に出る藤枝に対してリードを広げたい秋田は後半8分、この日は右サイドバックでの出場となった藤山智史が前線の古田寛幸へパスを入れると、古田は見事なトラップで相手選手2人を一気にかわして抜け出すことに成功。ドリブル突破から中央へ切り返した古田がシュートを放つと、このシュートが相手DFに当たってコースが変わり、そのままゴールへ。前節の長野戦に続き、積極的な攻撃から生まれたオウンゴールによって秋田に待望の追加点です!

中断期間前と変わって多彩な攻撃パターンで相手陣内へ攻め込む秋田は、後半24分に古田が今度はきっちり自らゴールを決めて3点目。さらに後半38分には日髙のクロスをペナルティーエリア手前にいた藤田祥史が巧みな胸トラップで空いたスペースに落とすと、そこに走り込んだ前山恭平が右足を振り抜いて4点目。一方、守ってはGK松本拓也、そして山田尚に代わってキャプテンマークをつけた尾本敬を中心に秋田守備陣がしっかりとゴール前を固めて藤枝攻撃陣をシャットアウト。複数ゴール&完封という最高の結果でリーグ再開の大事な初戦を白星で飾りました!

この結果、8勝3分8敗で勝ち点27の秋田は順位が9位から8位へ。J2昇格圏内となる2位との勝ち点差を7に縮めました。3連勝狙う秋田の次節は、ホーム・あきぎんスタジアムにグルージャ盛岡を迎えての”北東北ダービー”となります。4月のアウェイ戦では試合終了直前の失点で逆転負けを喫して悔しい想いをしてるだけに、きっちりとホームでリベンジしたいところ。キックオフは15時です!

痛恨の敗戦…… 11月26日アウェイ 藤枝MYFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第33節、ブラウブリッツ秋田は敵地で藤枝MYFCと対戦し、3対0で敗戦。前節首位へ返り咲いた秋田でしたが勝ち点を伸ばすことができず順位を3位に後退。しかし、優勝を争う栃木SC、アスルクラロ沼津がそれぞれ引き分けたため3チームが勝ち点1差のまま今季最終戦を迎えることとなりました。

雪が舞うなかで行われた前節のホーム最終戦では、前半で2点のリードを奪った秋田が後半に追い上げを見せた福島ユナイテッドFCの反撃を振り切って2対1で勝利。第22節以来となる首位返り咲きで迎えた今節は秋田が藤枝のホームスタジアム、藤枝総合運動公園サッカー場に乗り込んでの一戦となりました。そして会場には秋田をはじめ全国各地から約70名近くのサポーターが応援に駆けつけてくださいました。この場を借りて心より御礼を申し上げます。

これまで秋田攻撃陣を支え、全試合出場を果たしてきた前山恭平がメンバー外となるまさかの事態にサポーターも困惑するなか試合は13時キックオフ。先制点を奪いたい秋田は風下から攻めるもなかなかシュートまでつなげることができず前半に放ったシュートはわずか3本のみ。それでも、リーグ3位の得点数で厚みのある攻撃をしかけてくる藤枝に対して守備陣が落ち着いたプレーでわずかシュート1本に押さえ込み、前半はスコアレスのまま後半へ。

エンドが変わった後半、秋田は同12分に山田尚幸がミドルシュートを放つも相手GKの好セーブによってゴールならず。惜しいチャンスが続くなか、後半26分、相手の右サイドからのクロスを頭で合わせられたシュートがポストに当たり、その跳ね返ったボールを押し込まれて失点。さらに2分後の同28分に再び右サイドからのクロスを合わせられ、相手選手の手に当たって入ったシュートがゴールと判定される不運も重なり、2点のビハインドとなる。

あとがない秋田は、日髙慶太に代えて遊馬将也をピッチに投入も後半39分にボール処理のミスから相手にゴールを奪われて3失点目。その後、選手を入れ替えて反撃に出た秋田でしたが最後まで1点が遠く。ホームゲームで強さを見せる藤枝の勢いに抑え込まれて完敗(0対3)を喫してしまいました。

この結果、17勝7分7敗の勝ち点58の秋田は3位に後退。勝ち点差1で栃木が再び首位となり、秋田と同勝ち点ながら得失点差により沼津が2位に浮上しました。3チームが勝ち点1差となる大混戦のなか、いよいよ迎える今季最終戦は12月3日(日)敵地・とりぎんバードスタジアムでガイナーレ鳥取との対戦(13時キックオフ)となります。

秋田が優勝するためには鳥取戦で勝利(勝ち点61)し、直接対決となる沼津vs栃木が引き分け(沼津が勝ち点59、栃木が勝ち点60)とならなければいけません。他力本願とはなりますが、まずは絶対条件となる鳥取戦での勝利に向かって、選手たちを全力応援で後押ししていきましょう!

現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

 

【追記】
大学を卒業して2010年に当時JFL所属のブラウブリッツ秋田に入団し、2015シーズンまでの6シーズンを秋田でプレーした藤枝の三好洋央選手が今季限りでの引退を発表しました。

プロ2年目から頭角をあらわした三好選手は、JFL時代は攻撃の要として降格のピンチを救う活躍を見せ、またJ3元年となる2014シーズンにはチーム得点王となる12ゴールを記録。2016シーズンに藤枝へ移籍し、古巣・秋田との対戦ではきっちりと恩返しゴールも(笑)。
苦しい時代を支えた戦士のひとりとして、またサッカーへ真摯に取り組む姿に三好選手は多くのサポーターから愛されていました。

藤枝戦の試合後には三好選手本人が秋田側の応援席を訪れて挨拶に。サポーターからは三好選手の秋田時代の横断幕に集められた寄せ書きメッセージが贈られました。

三好選手の第二の人生の活躍を心より応援します!
ミヨ、ありがとう!!

5連勝! 5月7日ホーム 藤枝MYFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第7節、ブラウブリッツ秋田はホームの秋田市八橋運動公園陸上競技場で藤枝MYFCと対戦し、3対0で勝利。J3リーグ公式戦ではチームタイ記録となる5連勝を飾って首位をキープしました。

前節アウェイで行われたFC琉球との一戦では大量6ゴールを叩き込む完勝(結果は6対1)で、昨年5月以来となる首位に躍り出た秋田。なかでも攻撃においては最近4試合で13得点と大爆発。その攻撃陣を率いる前線の田中智大、前山恭平、久富賢の3トップは好調をキープしており、今節にも期待がかかる。一方、対戦相手の藤枝は、今季ホームでは負けなしもアウェイでは3試合闘っていまだ勝利なしの3連敗中。2015シーズンまで秋田に在籍していたFW三好洋央、GK三宅貴憲が主力として活躍しています。

秋田市の小学生が無料招待され、2118人の観衆を集めたこの日のゲーム。ピッチ上ではやや強い風が吹くなか、藤枝がエンドを変えたことにより秋田は前半風上に。先発メンバーには前節でJ初ゴールを決めた山田樹が今季初先発。するとキックオフ直後、相手のクリアボールがそのままサイドを超えて秋田がスローインの場面。ロングスローを得意とするキャプテン山田尚幸がペナルティーエリア内まで放り入れると、相手DFとの競り合いから田中が頭で後ろへそらしてゴール前へ。このボールを相手DFが頭でクリアしようとするもミートせず横に。このこぼれ球をフリーになっていた前山がダイレクトボレー。前山の豪快なシュートが相手ゴールネットを突き刺し、キックオフからわずか28秒で秋田が先制! 前山は2試合連続ゴール。電光石火の先制弾にスタジアムも大盛り上がりです。

勢いに乗る秋田はさらに攻め続けると、前半7分にFKから韓浩康が蹴ったロングボールは風に乗って前線へ。これを先程同じくPA内で田中が頭で落とすと、ゴール前で前山が相手DFを引き寄せることでフリーになっていた久富へとボールは渡り、久富がこれをダイレクトで左足一閃。これがゴール右に決まって秋田に追加点。3試合連続ゴールの久富は得点ランキングトップに並ぶ今季5ゴール目。好調の前線3人が絡む待望の追加点となった。

幸先良く2点奪った秋田に対し、前半序盤で立て続けに失点してしまった藤枝は秋田の猛攻を凌ぎ切ると徐々に反撃へ。しかし、次の1点が勝敗のカギを握ることを把握している秋田守備陣もGK小澤章人を中心に冷静に対応。藤枝の反撃を抑えて2点リードのまま後半へ。

エンドが変わって後半は風下となる秋田。すると後半9分、中盤で藤山智史が相手の背後からボールを奪いにいくとそのこぼれ球を拾った山田尚がすかさず前線の久富へ。このパスを受けた久富がドリブルでやや下がりながら向きを変えると、前線へスルーパス。これが相手DFの間を走り抜けた田中につながると、田中は並走する相手DFを振り切ってシュート。田中の右足から放たれたボールは相手GK左をすり抜けてネットを揺らす。3試合連続ゴールの田中によって、勝利を引き寄せる3点目が秋田にもたらされた。

3点リードの秋田は最後まで集中力を切らさずに相手のシュートを後半は3本に押さえ、4月の盛岡戦以来となる3試合ぶりの完封勝利。J3リーグ・チームタイ記録となる5連勝を飾った秋田は、5勝1分の勝ち点16で2位富山に2差をつけて首位をキープしました。さて次節は、5月14日(日)敵地・とうほうみんなのスタジアムにて現在4位の福島ユナイテッドFCとの東北ダービー(13時キックオフ)となります。

現地・福島に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!