タグ別アーカイブ: 負けなし

5月22日ホーム AC長野パルセイロ戦を終えて

5月22日(日)に行われた2016シーズン明治安田生命J3リーグ第10節、ブラウブリッツ秋田はAC長野パルセイロと対戦。結果は1対1の引き分けで、それぞれが勝ち点1を分け合う結果となりました。

前節・カターレ富山戦との首位攻防戦を制し、いまだ無敗、そして首位をキープしているブラウブリッツ秋田。この日は、3位のAC長野パルセイロを本拠地・あきぎんスタジアムに迎えてのホームゲーム2連戦の2戦目。会場には2229名の観客が応援に駆けつけてくださいました。また、われわれBLUE+AKITAが応援活動を行っているゴール裏にも約200名の秋田サポーターが集まってくれました。いつもありがとうございます!

試合は、後ろから攻撃を組み立ててチャンスをうかがう秋田、ボールを奪ったらすばやく前線にロングボールを送ってチャンスをうかがう長野、という好対照の攻撃スタイルで前半から両チームが激しくぶつかり合います。リーグ戦においてPK以外の全得点がセットプレーからの得点の長野に対し、失点の多くがセットプレーからとなっている秋田は試合を通していかに集中力を切らさずに守ることができるかが試合のキーポイントとなりました。

そんななか前半40分にビッグチャンスが生まれます。ビルドアップから右サイドへとポジションを取ったキャプテン・山田尚幸が、前山恭平とのワンツーパスからエリア内へと走り込んでシュート。ブロックにきた相手GKの足に当たりながら後ろへと転がっていったボールがネットを揺らし、待望の先制点! 山田のJ初ゴールにスタジアム全体が沸きます。これで秋田は10戦連続で先制点を記録しました。

1対0で折り返した後半、風上に立った秋田が序盤から相手陣内の深くまで攻め込みますがなかなかシュートを打つまでには至らず。一方、長野は前半に続いて前線へのロングボール、長身を生かしたロングスローを多用し、シュートチャンスをうかがいます。この長野の攻撃に対して身体を張って守り続ける秋田守備陣。

しかし後半26分、長野が前線へふわりとパスを入れると競り合った相手FWとの接触によってPKを取られます。そしてこのPKを決められて同点。このあと秋田は川田和宏、田中智大、畑田真輝を投入して勝ち越しを狙いますがなかなかシュートを打てず。結局、後半はシュート0本のまま試合終了。これまでホームゲームでは1対0という僅差で競り勝ってきていた秋田でしたが、あと一歩のところで勝ちを逃す悔しい結果となりました。

しかしながら、この試合で引き分けたことにより、秋田は去年8月から続くホームゲーム13試合連続負けなしのJ3リーグ記録をさらに更新。さらに今シーズンいまだ無敗の秋田は、5勝5分の勝ち点20で引き続き首位を守りました!

次節は、5月29日(日)沖縄県総合運動公園陸上競技場にて、FC琉球との対戦となります。ナイターゲームとなるこの試合は19時30分キックオフです。秋田と同じく大幅な選手の入れ替えがありながらも開幕ダッシュに成功して好調をキープしている3位・琉球との首位攻防戦。現地・沖縄に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

 

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

5月15日ホーム カターレ富山戦を終えて

5月15日(日)に行われた2016シーズン明治安田生命J3リーグ第9節、ブラウブリッツ秋田はカターレ富山と対戦。結果は1対0で勝利しました。

この日はいつもの本拠地・あきぎんスタジアムではなく、秋田市八橋運動公園陸上競技場での開催。昨年6月のAC長野パルセイロ戦以来となる八橋陸でのホームゲームには1946名の観客が応援に駆けつけてくださいました。いつもありがとうございます! そして、今回のゲームはメインスタンドのみ開放ということもあり、われわれBLUE+AKITAは、メインスタンド・サイドにコアゾーンを構え、応援を行いました。

開幕から無敗で首位をキープしている秋田と、同じく無敗の2位で追っている富山との首位攻防戦。初夏を思わせるような暑さと強風が吹くなかで行われた試合は、前半から中盤での激しい競り合いから一進一退の攻防が続きます。しかし、両チームともに相手陣内まで攻め込みながらも決め手に欠き、前半はスコアレスのまま終了となりました。

そして迎えた後半は、風上に立った富山が序盤から攻勢となる展開に。後半5分にはフリーキックからフリーとなった選手にヘディングをあわせられるもシュートは枠外。さらに直後の同8分には、バックパスの処理にもたつく間にボールを奪われ、そのままシュートを打たれるもゴール左に逸れて命拾いとなりました。

立て続けに迎えたピンチを凌いだ秋田は、前半からしつこく行ってきたサイド攻撃によって相手のバイタルエリアが空き始めてきたのを見計らって反撃開始。すると後半16分、日高慶太のパスをペナルティエリア手前右で受けた浦島が中央に切り込むと前線へスルーパス。このパスがゴール前へと走り込んできた遊馬将也に通ったところで、遊馬が相手選手と交錯して転倒、PKを獲得します。このビッグチャンスに、PKを獲得した遊馬が自らキッカーを務めると、相手GKの動きを呼んで冷静に決めて先制! 今季3ゴール目となったで遊馬は2試合連続ゴール。待望の先制点にスタンドも大盛り上がりです!

しかしまだまだ1点差、ここから富山の猛反撃が続きます。中盤から前線へロングボールを入れてパワープレーに出る富山に対し、GK松本拓也、DF山田尚幸らを中心に身体を張ってゴール前を守る秋田守備陣。今季ホームゲームでは3試合中、2試合がウノゼロ(※1-0で試合に勝つこと)と勝負強さを見せている秋田は、最後までこの1点を守りきって試合終了のホイッスル。富山との無敗対決を制した秋田は、開幕から9戦負けなし(5勝4敗)で首位キープ。さらに、昨年8月から続くホームゲーム連続負けなし記録を12試合とし、J3リーグ新記録を達成しました!

さて、次回ホームゲームは、5月22日(日)あきぎんスタジアムにて、3位・AC長野パルセイロとの対戦(13時キックオフ)となります。前節に続いての首位攻防戦。JFL時代から秋田は長野から勝利をあげることができておりませんが、強敵を相手にまた新たなる歴史を刻むことができるか!? 前半戦の山場となるホームゲーム2連戦の2戦目、大注目の一戦です! なお当日は、隣接会場で他競技の大会など八橋地区で催事が集中しております。大変混雑が予想されますのでお気をつけておこしください。それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!

 

【全員力でチームバスを出迎え!】
ファン、サポーターの皆さんと一緒にスタジアムに到着するチームバスを出迎えます。会場入りする選手へ熱いエールを送ってください。ブラウブリッツに関わる全ての方々の全員力で勝利を掴み取りましょう!

・時間:11時30分(予定)
・場所:スタジアム正面入口

5月1日ホーム ガンバ大阪U-23戦を終えて

5月1日(日)に行われた2016シーズン明治安田生命J3リーグ第7節、ブラウブリッツ秋田はガンバ大阪U-23と対戦。結果は1対0で勝利しました。

午前中から雨が降る天候のなか、本拠地・あきぎんスタジアムには1751名の観客が詰めかけ、ゴール裏にも約100名の秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。いつもありがとうございます!

試合は前半24分、右サイド奥でボールを受けた久富賢が中へ切り込んで呉大陸へパス。すかさず呉は前にいた浦島貴大へスルーパスを出すと、ややタイミングがズレながらも浦島が左足を伸ばして空いたスペースにボールをはたきます。すると、そこへ走り込んだ久富が右足一閃。ボールはゴール左に突き刺さり、久富が今季3ゴール目となる先制点をあげます。

1対0で折り返した後半、反撃に出るG大阪U-23に対して冷静に対応していく秋田のDF陣。後半20分には、相手のクロスを呉がクリアしようとしたところコントロールミス。危うくオウンゴールとなる場面でGK松本拓也が左足を伸ばして防ぎます。そして後半47分には、途中交代で伊東輝悦が今季初出場をはたすと、最後まで秋田は1点を守りきって試合終了のホイッスル。秋田はこれで開幕から7戦負けなし。さらに、昨年8月から続くホームゲーム連続負けなし記録をJ3リーグタイ記録となる11試合に伸ばすとともに、4勝3分の勝ち点15となった秋田は暫定ながら遂に首位となりました!

さて、「ホームに負けない秋田」の次回ホームゲームは、5月15日(日)秋田市八橋運動公園陸上競技場にて、カターレ富山との対戦(13時キックオフ)となります。秋田と同じく無敗をキープしている好調・富山との首位攻防戦です。

当日は、隣接会場で他競技の大会など八橋地区で催事が集中しております。大変混雑が予想されますのでお気をつけておこしください。それでは、八橋陸でお会いしましょう!