タグ別アーカイブ: 青島拓馬

2018シーズン第32節 vsカターレ富山 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第32節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで12位・カターレ富山と対戦し、AT突入直前に藤田祥史がPKを決めて追いつき、2対2の引き分け。ホーム最終戦を白星で飾ることはできなかったものの、最後まで粘り強い闘いを見せて観客を沸かせました。

前節・ギラヴァンツ北九州戦で連敗を止めた秋田が今シーズンのホーム最終戦に臨みました。来季からホームスタジアムが現在改修工事が進められている秋田市営八橋運動公園陸上競技場に変わることから、2013シーズンからホームスタジアムとして数々のドラマを生み出してきたあきぎんスタジアムとは今季かぎりで一旦お別れとなります。そのファイナルで有終の美を飾ることができるか 、さらにあと2ゴールと迫ったチームでのJ3通算200ゴール目にも期待がかかります!

前半は秋田が攻勢に出るも23分、相手の中央突破を止められずにゴールを割られ、先制点を奪われます。しかし、すぐさま反撃に出た秋田は、中央の吉平翼から前線に縦パスが通ると抜け出した外山凌が巧みなトラップからシュート。これは相手GKの好セーブによって阻まれるも、弾かれたこぼれ球に反応した久冨賢が猛ダッシュで追いつき折り返すと、青島拓馬がダイレクトで右足を合わせてゴールネットを揺らし、同点に追いつきます!

ここから一気に逆転したい秋田ですが、36分にクリアミスから相手に繋がれて失点。再びリードを許して後半へ。後半開始早々に迎えたコーナーキックのチャンスでは続けざまにシュートを放つも、いずれも相手GKの好セーブに阻まれて得点ならず。早い時間帯で追いつきたい秋田ですが、引いて守る相手に攻め手を欠き、時間だけが刻々と進んでいきます。

後半40分、間瀬監督は久冨に替えて中村亮太を投入。すると後半44分、韓浩康を前線に上げてパワープレーに出ると、ペナルティーエリア内で中村が相手選手からファールを受けてPKを獲得。この日集まった2,500人を超える観客が固唾をのんで見守るなか、キッカーの藤田が相手GKの裏をキッチリ突いてゴール右に叩き込み、土壇場で秋田が同点に追いつきます。そして、前節に続いて2試合連続ゴールとなった藤田の今季4ゴール目により、秋田はJ3通算200ゴールを達成しました!

ATは3分、逆転を目指して最後の猛攻に出た秋田は、左サイドからの藤田のクロスにゴール前へ飛び込んだ日高慶太がダイビングヘッドで合わせるも、わずかに外れてゴールならず。そして相手の攻撃を凌ぎ切ったところで試合終了のホイッスル。9月の盛岡戦以降ホームでの勝利から遠ざかっていただけに最後は勝ってみんなで喜びを分かち合いたいところでしたが願い叶わず。しかし、最後まで粘り強く闘い、2度に渡って同点に追いついてみせた選手たちに試合後はサポーターから大きな拍手が沸き起こりました。

この結果、秋田は11勝7分12敗で勝ち点40とし、順位は変わらず8位のまま。シーズンも残り2戦、いずれもアウェイゲームとなりますが、次節は11月25日(日)敵地で福島ユナイテッドFCとの東北ダービー(とうほうみんなのスタジアム、13時キックオフ)です。今季ホーム開幕戦では1万人以上を集めた観客の前で苦杯を喫しているだけに、そのリベンジを果たしたいところ。今こそ秋田のチカラを、そして気持ちをひとつに”全員力”で闘いましょう!

2018シーズン第29節 vs Y.S.C.C.横浜 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第29節、ブラウブリッツ秋田は敵地で14位・Y.S.C.C.横浜と対戦し、1対3で敗戦。まさかの3連敗で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は順位をひとつ下げて8位に後退とJ2昇格には厳しい状況となりました。

1週お休みを挟んでの関東アウェイ2連戦の2戦目は、秋晴れのニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京U-23に続いてこの日も多くの秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。

13時キックオフのゲームは、最近5試合白星から遠ざかっていることもあってか前節から先発メンバーが入れ替わり、清水慶記、韓浩康、青島拓馬、吉平翼がひさびさの先発出場。さらに中盤のポジションを変更して大事な一戦に臨みました。

前半は秋田が優位に試合を進めてチャンスメイクすると前半8分、右サイドの山田樹が藤山智史へパスを送るとそのままゴール方向へダッシュ。すかさず藤山が縦パスを入れるとゴール前まで侵入した山田が胸トラップで受けてそのまま身体を反転し、左足を振り抜きます。するとこのボレーシュートが見事にゴール右へ決まって秋田が先制! 山田樹は今季初ゴール。相手の意表を突く見事な攻撃でひさしぶりの先制点を奪いました。

このあとも追加点を狙って果敢に攻める秋田ですが何度か訪れた決定的場面はいずれも決められず。逆に序盤は秋田の攻撃に手を焼いていたYS横浜ですが、徐々に反撃に転じると先程まで勢いが良かった秋田がミスからピンチを招くなど劣勢に立たされます。それでもひさびさの先発出場となった清水慶記が好セーブを見せてピンチを救い、1点リードのまま後半へ。

ところが、後半になっても前半途中からの流れは変わらず、秋田はキックオフ直後に攻め込んだものの再び劣勢に。すると後半4分、パスカットからボールを奪われると豪快なミドルシュートを叩き込まれて失点。同点に追いつかれた秋田はここで再び攻撃へと転じて突き離しにかかると、後半13分、相手のファールでFKを得ると、早いリスタートからキッカーの江口直生がゴール前へロングパス。これを藤田祥史がダイレクトで合わせるボレーシュートを放ちますが、相手GKがわずかに手で触れて弾き出してゴールならず。

すると後半21分、ゴール前での混戦からのこぼれ球を押し込まれて失点。逆転されてしまいます。今度は追いかける立場となった秋田は果敢に攻めるも決定機を決められず。逆に後半も怒涛の攻撃を見せるYS横浜に追加点を許して万事休す。ひさびさの先制点を奪った秋田ですが、リードを守りきれずに逆転負けを喫し、これで今季二度目の3連敗。この結果、秋田は10勝6分11敗で勝ち点は36のまま足踏み状態となり順位も7位から8位と後退しました。

最近6試合であげた勝ち点はわずか3。まずは連敗脱出、そして今季残り2試合となったホームゲームでの勝利が必須命題となります。その次節は11月4日(日)、ホーム・秋田市営八橋運動公園陸上競技場にセレッソ大阪U-23を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。約1カ月ぶりとなるホームゲーム。いまこそ一丸となって共に闘いましょう!

2018シーズン第21節 vsグルージャ盛岡 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第21節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで13位・グルージャ盛岡と対戦し、後半39分に青島拓馬の逆転ゴールで2対1の勝利。順位は8位から7位に浮上しました。

グルージャ盛岡との”北東北ダービー”は毎年拮抗した勝負が繰り広げられているが、4月に行われたアウェイ戦では秋田が先制したものの後半に追いつかれ、そして試合終了直前に逆転ゴールを許すという悔しい結果となった。それだけにホームできっちりとこの借りを返したいところ。

先発メンバーは前節と変わらず。秋晴れとなったものの気温27℃と強い陽射しが照りつけるなか15時にキックオフ。前半の序盤は盛岡が高い位置でプレスをかけボールを奪いにくるのに対し、秋田はビルドアップ中でのパスミスから徐々に受けに回る展開となる。すると前半18分、相手のボールホルダーへの寄せが甘くなったところでミドルシュートを打たれると、ブロックにいった秋田の選手の身体にわずかにかすったシュートはそのままドライブぎみに回転しながらGK松本拓也の伸ばした手をすり抜けてゴールネットへ。秋田が先制ゴールを許す展開となる。

逆転勝ちが少ない秋田としては序盤から苦しい展開となるも、ここで崩れることなく連続失点を防ぐと前半30分を過ぎたあたりから徐々に秋田ペースで試合は展開。決定機を何度か迎えるも得点ならず0対1のまま後半へ。

そして迎えた後半、先にリードを奪った盛岡がやや引いた状態となったところで徐々に秋田が攻勢に出ると前半8分、右サイド奥から平石直人がドリブルで中央へ仕掛けようとしたところで相手のディフェンスに阻まれるも、そのこぼれ球に反応した藤山智史がダイレクトでゴール前へクロスを入れる。すると、パンチングに行った相手GKの手をすり抜けたボールにファーで反応したのは、新加入で前節の秋田デビュー戦でも活躍を見せた外山凌。外山は高くジャンプして左足で合わせると、ボールはそのままゴールマウスへと吸い込まれてついに同点に! 前節では絶好のチャンスでゴールを決めることができなかった外山だったが大事な場面で貴重な同点ゴールを決めました。

後半の早い時間帯で追いついた勢いに乗る秋田。一方、秋田が前がかりになったところでボールを奪って素早いカウンターを仕掛けたい盛岡もその思惑通り再三にわたって秋田ゴールを脅かすも得点ならず。ここで秋田の間瀬秀一監督は、青島拓馬、中村亮太、久富賢と攻撃型の選手を次々とピッチへ投入して逆転を狙いに行く。

ダービーらしい両者譲らぬ目まぐるしい展開となるなか、試合が終盤にさしかかった後半39分、左サイドでの競り合いからのこぼれ球を日髙慶太がダイレクトで前線へ送ると、抜け出した中村亮太がボールをキープしたまま向きを変えてすかさずクロスを入れる。するとファーにいた久冨がヘディングで折り返したところにゴール前へと走り込んでいた青島が懸命に右足を伸ばしてボールを押し込み逆転ゴール! J2昇格、J3連覇に向けて勝ち点3を積み重ねていきたい秋田がついに試合をひっくり返します。そしてアディショナルタイム3分をしっかり最後まで闘い切った秋田についに歓喜のときが! リーグ戦では2年前の11月にホームで行われたSC相模原戦以来となる約1年10カ月ぶりの逆転勝ちで、秋田は今季2度目の3連勝となりました。

新加入選手の同点ゴール、そして途中交代の3人でつないだ逆転ゴールで勝ち点3をゲットした秋田は、9勝3分8敗で勝ち点を30とし、順位は1つ上がって7位に。J2昇格圏内となる2位との差は7のまま縮まらなかったものの、秋田とは勝ち点1差で4〜6位の3チームが並んでいるだけにまずは上位進出が射程圏内となってきました。

さて次節は9月8日(土)に敵地でSC相模原と対戦(相模原ギオンスタジアム、17時キックオフ)となります。7月にホームで対戦した際は後半に逆転を許して敗戦。直後に杉山弘一前監督の電撃解任へとつながったゲームだけにアウェイできっちりリベンジしたいところです。そして勢いに乗るチームは今季初の4連勝を目指します!