タグ別アーカイブ: 韓浩康

2018シーズン第31節 vsギラヴァンツ北九州 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第31節、ブラウブリッツ秋田は敵地で最下位・ギラヴァンツ北九州と対戦し、2対0で完封勝利。連敗を4で止めた秋田は8試合ぶりの勝利をあげました。

3戦連続ドローのあと4連敗と約2カ月間にわたって勝ち星から遠ざかっている秋田。攻撃に関しては4連敗中で複数得点はなし。一方、守備に関しては最近2試合で計7失点と複数失点を許してることから、先制点を奪って優位に進めながら追加点を奪えるか、そして相手の攻撃を1点以下に押さえることがこのゲームのキーポイントとなりました。

前日には2位・鹿児島ユナイテッドの勝利によって今シーズンのJ2昇格への可能性が絶たれることとなりましたが、それでも会場のミクニワールドスタジアム北九州には、全国各地から予想を遥かに上回る約60名の秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。

この日の先発には、2試合ぶりに韓浩康がセンターバックで先発復帰。千田海人とのコンビで秋田の最終ラインを守ります。試合は前半8分、相手のファールで藤田祥史が倒されて得たFKのチャンスに、キッカーの江口直生がゴール前へ正確なボールを送り込むと、混戦からのこぼれ球に藤田が右足を振り抜いてゴールネットを揺らし、藤田の今季3得点目となるゴールで幸先よく秋田が先制します! 勢いに乘る秋田は相手陣内でパスを繋いで攻め込むと前半28分、約30メートルの距離から江口が放ったミドルシュートは、相手選手の出した足に当たって軌道が変わるとそのままゴールマウスに吸い込まれ、待望の追加点! 間瀬秀一監督就任後に先発出場のチャンスを得て攻守にわたって活躍を見せている江口はこれが今季初ゴール。さらに加入2年目で秋田での初ゴールとなりました。

前半は8本のシュートを放って狙い通りに追加点を奪うことができた秋田。2点リードで折り返した後半は球際で強さを発揮する相手に対して苦戦し、攻撃の時間が短く、劣勢に回る時間が増えたものの、このゲームで自身初のキャプテンを務めたGK松本拓也を中心に秋田守備陣が再三のピンチにも体を張ったブロックでゴール前を固めて得点を許しません。そしてAT3分をうまく使い切ったところで試合終了のホイッスル。ひさしぶりの複数得点&無失点と攻守において最高の結果を見せた秋田は連敗を4でストップし、8試合ぶりの勝利を飾りました。

この結果、11勝6分12敗で勝ち点39とした秋田は、順位は変わらず8位のまま。少しでも順位をあげてフィニッシュするために残り3試合、3連勝が求められることとなります。そして次節はついにホーム最終戦です。12位のカターレ富山をホーム・あきぎんスタジアムに迎えての一戦(13時キックオフ)となります。来季からホームスタジアムが現在改修工事が進められている秋田市営八橋運動公園陸上競技場に変わることから、あきぎんスタジアムとは今シーズンかぎりで一旦お別れとなります。そのファイナルで有終の美を飾ることができるか、そして第21節・グルージャ盛岡戦以降から遠ざかっているホームでの勝利を飾ることができるか、絶対に負けられない一戦は11月18日(日)13時キックオフです!

2018シーズン第29節 vs Y.S.C.C.横浜 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第29節、ブラウブリッツ秋田は敵地で14位・Y.S.C.C.横浜と対戦し、1対3で敗戦。まさかの3連敗で勝ち点を伸ばすことができなかった秋田は順位をひとつ下げて8位に後退とJ2昇格には厳しい状況となりました。

1週お休みを挟んでの関東アウェイ2連戦の2戦目は、秋晴れのニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京U-23に続いてこの日も多くの秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。

13時キックオフのゲームは、最近5試合白星から遠ざかっていることもあってか前節から先発メンバーが入れ替わり、清水慶記、韓浩康、青島拓馬、吉平翼がひさびさの先発出場。さらに中盤のポジションを変更して大事な一戦に臨みました。

前半は秋田が優位に試合を進めてチャンスメイクすると前半8分、右サイドの山田樹が藤山智史へパスを送るとそのままゴール方向へダッシュ。すかさず藤山が縦パスを入れるとゴール前まで侵入した山田が胸トラップで受けてそのまま身体を反転し、左足を振り抜きます。するとこのボレーシュートが見事にゴール右へ決まって秋田が先制! 山田樹は今季初ゴール。相手の意表を突く見事な攻撃でひさしぶりの先制点を奪いました。

このあとも追加点を狙って果敢に攻める秋田ですが何度か訪れた決定的場面はいずれも決められず。逆に序盤は秋田の攻撃に手を焼いていたYS横浜ですが、徐々に反撃に転じると先程まで勢いが良かった秋田がミスからピンチを招くなど劣勢に立たされます。それでもひさびさの先発出場となった清水慶記が好セーブを見せてピンチを救い、1点リードのまま後半へ。

ところが、後半になっても前半途中からの流れは変わらず、秋田はキックオフ直後に攻め込んだものの再び劣勢に。すると後半4分、パスカットからボールを奪われると豪快なミドルシュートを叩き込まれて失点。同点に追いつかれた秋田はここで再び攻撃へと転じて突き離しにかかると、後半13分、相手のファールでFKを得ると、早いリスタートからキッカーの江口直生がゴール前へロングパス。これを藤田祥史がダイレクトで合わせるボレーシュートを放ちますが、相手GKがわずかに手で触れて弾き出してゴールならず。

すると後半21分、ゴール前での混戦からのこぼれ球を押し込まれて失点。逆転されてしまいます。今度は追いかける立場となった秋田は果敢に攻めるも決定機を決められず。逆に後半も怒涛の攻撃を見せるYS横浜に追加点を許して万事休す。ひさびさの先制点を奪った秋田ですが、リードを守りきれずに逆転負けを喫し、これで今季二度目の3連敗。この結果、秋田は10勝6分11敗で勝ち点は36のまま足踏み状態となり順位も7位から8位と後退しました。

最近6試合であげた勝ち点はわずか3。まずは連敗脱出、そして今季残り2試合となったホームゲームでの勝利が必須命題となります。その次節は11月4日(日)、ホーム・秋田市営八橋運動公園陸上競技場にセレッソ大阪U-23を迎えての一戦(13時キックオフ)となります。約1カ月ぶりとなるホームゲーム。いまこそ一丸となって共に闘いましょう!

2018シーズン第10節 vs FC琉球 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第10節、ブラウブリッツ秋田は敵地で7位・FC琉球と対戦し、0-0のスコアレスドロー。順位は4位からひとつ下げて5位となりました。

8日で3試合と連戦が続く今年のゴールデンウィーク。その3戦目が秋田から最も距離が離れている沖縄でのアウェイゲームとなりました。秋田をはじめ全国各地から約20名のサポーターが応援に駆けつけた一戦。ナイトゲームながら会場の沖縄県総合運動公園陸上競技場のキックオフ時の気温は25℃、湿度71パーセントと連戦が続く秋田にとってはやや厳しいコンディションのなか、19時にキックオフ。

試合前にはピッチ上に水が多く撒かれ、相手ゴール陣内はややスリッピーな状態でさらにピッチ上はかなり蒸し暑くなっており、試合全体を考えると前半から飛ばすというのはなかなか難しく、両チーム共に相手の持ち味となっている攻撃を警戒した慎重な試合運びで前半が進みます。エンドが変わって風下となった秋田は空いたスペース、あるいは相手の裏を狙ってパスを供給するも球足が速くなったピッチに手を焼いて前線でボールが収まらず。一方、細かいパスを繋いで相手陣内に攻め込むのを得意とする琉球も秋田の鋭いカウンター攻撃を警戒してか、中盤までボールを運ぶものの高い位置でプレスをかける秋田のディフェンスに前線までパスをつなげることができません。

前半はお互いに決定機をなかなか作ることができずスコアレスのまま後半へ。後半2分、秋田がゴール前での混戦からこぼれ球をつなぎ最後は韓浩康がミドルシュートを放つもわずかに外れてゴールならず。一方、琉球は後半の頭から入った長身のカルボンにボールを集めてチャンスを伺う。

両者一歩も譲らない展開のまま迎えた後半33分、秋田は左サイドから中央を経由して反対サイドへパスを繋ぐと、右サイドを駆け上がった青島がドリブルでペナルティエリア内へ侵入し、素早くグランダーのクロスを入れるも相手GKのブロックに阻まれる。その直後には逆に相手に攻め込まれてシュートを打たれるもGK清水慶記の好セーブで得点を許しません。

後半のアディショナルタイムは3分。秋田は試合終了間際にこの日一番の決定機を迎えるも、こぼれ球をダイレクトで打ち返した山田樹のミドルシュートはゴールポストに直撃してゴールならず。最後まで激しい攻防となった一戦はスコアレスのまま試合終了となりました。

今季初の引き分け、アウェイで勝ち点1を獲得した秋田は、5勝1分4敗の勝ち点16で順位は前節からひとつ下げて5位に。しかし首位・沼津とは勝ち点3差まで迫っており、次節以降の闘いからも目が離せない展開が続きます。その次節は5月20日(日)、ホーム・あきぎんスタジアムに13位・AC長野パルセイロを迎えての一戦となります。第10節を終えて1勝6分2敗と勝ち点をなかなか伸ばせず苦戦している長野ですが、今季から加入したFW津田知宏はJ1・J2の舞台でも経験豊富で、現在4試合連続得点中と長野攻撃陣のなかでひとり気を吐いており、秋田としては要警戒です。秋田としては、ホームでの対長野戦はまだ未勝利なだけに、宿敵を撃破して集まったサポーターに勝利を届けたいところ。注目の一戦は13時キックオフです!