タグ別アーカイブ: 首位

遂に首位奪還!11月19日ホーム 福島ユナイテッドFC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第32節、ブラウブリッツ秋田はあきぎんスタジアムでホーム最終戦・福島ユナイテッドFCと対戦し、2対1で勝利。秋田は第22節以来となる首位に返り咲きました。

季節外れの寒波が日本海側を襲い、各地で降雪となった2017年11月19日(日)。試合開始時の気温は2.4度と1月初旬並みの寒さで、さらに風速8メートルの強風がピッチ上を舞う悪天候のなか、ホーム最終戦となったこの日は2381人の観衆がスタジアムに詰めかけました。首位・栃木SCとはこの時点で勝ち点2差、残り3戦、まだまだ優勝を狙える位置につけているなか同じ東北のライバルである福島との一戦は、秋田にとって絶対に負けられない闘いとなりました。

今節は山田尚幸が累積警告によって出場停止となったため、日髙慶太が先発出場。広い視野で正確なパスを前線に通す日高の活躍に期待がかかります。試合は13時キックオフ。コイントスによって逆のエンドを選び、前半は風上となった秋田は積極的な攻撃で福島ゴールに攻めかかります。一方、風下となった福島も風の影響を受けにくい低いパスで繋ぎながら応戦。序盤は両チームによる激しい主導権争いとなるなか、前半11分に後方の千田海人から相手DFの間を突くパスが裏に抜け出した久富賢に渡るも、相手GKのブロックによって久富はシュートを打つことができず。

一進一退の攻防のなか前半30分、秋田にコーナーキックのチャンス。キッカー前山恭平の蹴ったボールを相手GKが前に出てキャッチしようとするもボールは手をかすめて後方へ。するとファーでフリーとなっていた韓浩康のところにボールがこぼれ、韓はダイレクトでシュート性のクロスをゴール前へ入れると、これが相手DFのクリアミスを誘って弾かれたボールはそのままゴールへ。思わぬ形で秋田に先制点が生まれました!

先制して勢いに乗る秋田はその2分後、相手の激しいプレスからロストしそうになったボールをすかさず拾った日高が前線めがけて素早くボールを送ると、ここで抜け出した久富賢がボールに追いつきドリブル突破。久富はペナルティエリア手前で中央に切り込んで左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール左隅に決まって追加点。今季9得点目となる久富のゴールで秋田がリードを2点とします。

そして迎えた後半、風下で守る秋田に対して2点を追う福島は長身の外国人選手を前線に置いて攻撃の圧力を強めます。すると後半7分、相手のヘディングシュートをGK松本拓也が弾いて好セーブを見せるも、そのクリアボールを相手に繋がれるとクロスから再び頭で合わせられて失点。後半開始早々の失点によって1点差となり、試合の行方がまだまだわからないゲーム展開に。さらに猛攻を仕掛ける福島に対し、山田に代わってこの日キャプテンマークをつけた有薗真吾を中心に守備陣が懸命のディフェンスでゴール前を守ります。

風下になってなかなか相手陣内に攻め込むことができない秋田ですが、後半26分には途中交代で入った遊馬将也が、さらに後半36分にはセットプレーから有薗がシュートを放つも、いずれも相手GKの好セーブによって得点ならず。そしていよいよゲームはアディショナルタイム(4分)に突入。杉山弘一監督は田中智大に代えて堺俊暉をピッチに送り込んで相手のパワープレーを防ぎにかかると、秋田は最後までこの1点差を守り切って試合終了のホイッスル。最後は前が見えにくくなるほどの猛吹雪となったピッチ上だが、粘り強い守備で逃げ切った秋田が福島との東北ダービーを制しました!

この結果、秋田は17勝7分6敗で勝ち点を58に伸ばすと、栃木が引き分けたため勝ち点で並び、さらに秋田が得失点差でわずかに栃木を上回ってるため(秋田が+22、栃木が+20)、第22節以来となる首位に返り咲きました! 3位・アスルクラロ沼津も含めて上位3チームが勝ち点1差で優勝を争う大接戦に。また、4位・鹿児島ユナイテッドが引き分けたことにより、秋田は昨年の4位を上回る3位以上が確定しました。

雪が激しく舞うなかでの激闘を制した秋田はホーム最終戦を白星で終え、残り2戦はアウェイゲームとなります。次節は11月26日(日)に敵地・藤枝総合運動公園サッカー場で9位・藤枝MYFCと対戦(13時キックオフ)です。首位に返り咲いたものの、優勝に向けて絶対に負けられない闘いはまだまだ続きます! 現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

首位奪取! 4月30日アウェイ FC琉球戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第6節、ブラウブリッツ秋田は敵地でFC琉球と対戦して結果は6対1で勝利。4連勝を飾っった秋田は昨年5月以来となる首位に躍り出ました!

J3リーグの最北端と最南端のチームが激突する一戦。前回の対戦では秋田が琉球から勝利を上げているものの(2016シーズン最終戦11月20日、結果は2−0)、沖縄アウェイにおいては2012シーズンに勝利をあげて以降、4年間勝利から遠ざかっております。さらに昨シーズンの沖縄アウェイでは、試合終了間際に相手にPKを与える絶体絶命の大ピンチを松本拓也のスーパーセーブによってドローに持ち込んだ一戦(2016年5月29日、結果は1−1)は記憶に新しいところ。秋田にとってはまさに鬼門の沖縄アウェイとなります。

日中は25℃を超える夏日となったこの日の沖縄。キックオフの時点(17時)でも強い日差しが照りつけるなか、秋田の応援席には秋田をはじめ全国各地から約20名近いサポーターが集結しました。いつもありがとうございます! さて試合のほうですが、開始早々に動きます。前半1分、秋田は相手陣内でFKのチャンスを得ると、ゴールから約20mちょっと離れた位置からキッカー前山恭平が蹴ったボールをゴール前へ飛び込んだ有薗真吾が頭で合わせてゴール。盛岡戦、鳥取戦と同じくまたしても前山-有薗のホットラインから生まれたゴールによって秋田が幸先よく先制します。これにより有薗は3試合連続ゴールです。

勢いに乗る秋田は追加点を狙いに攻めかかりますがシュートまでは至らず。すると前半30分をすぎたあたりから同点に追いつきたい琉球の攻撃に秋田は押し込まれ、自陣内でプレーする時間が多くなってきます。GK小澤章人&秋田DF陣の奮闘と相手のフィニッシュの精度にも助けられ、ゴールを死守する秋田。すると前半39分、相手が最終ラインまでボールを下げ、再び中盤にパスを入れようとしたところにプレスをかけていた前山がパスカット。そのこぼれ球を田中智大がすかさず奪うと、ゴール前へ抜け出した前山に左足でパス。これを前山が右足で合わせるとボールはゴール左に突き刺さってネットを揺らしゴール。前山は今シーズン初ゴール。相手の反撃に防戦一方となっていた秋田が相手の一瞬のスキを見逃さず待望の追加点を奪います。そして前半終了。

2点リードで後半を迎えた秋田は、エンドが変わって風上となります。すると後半4分、相手との競り合いからのこぼれ球がペナルティエリア手前左にいた田中につながると、田中は一気にドリブル突破からエリア内へ侵入してゴール前へクロス。これを相手DFの前に入って受けた久富賢が相手GKの位置を確認してからゴール右にシュートを放ってゴール。さらにリードを広げるゴールを決めた久富は2試合連続、今季4ゴール目。そしてラストパスを送った田中はこの日2アシスト目です。

リードを3点としてた秋田、ここからさらに怒涛の攻撃が始まります。後半12分、相手のクリアボールを山田尚幸が拾うと、右に開いた藤山にボールを渡し、自身は一気に前線へと駆け上がります。この山田の動きを見ていた藤山は相手DF裏へ抜け出した山田めがけてループパス。これを見事なトラップから足下へおさめた山田は相手との1vs1をかわして中央へクロス。これをフリーとなっていた前山が頭で落とすと、ゴール正面でパスを受けた田中が相手3人に囲まれながらも巧みなボールキープから反転してシュート。これがゴール右に突き刺さってさらに追加点。田中の2試合連続ゴールで秋田はリードをさらに広げます。

そして後半16分には相手のPA内でのハンドによる反則から得たPKを田中が決めて5点目。同28分に相手に1点返されるも、直後の同31分には途中交代で入った山田樹が胸トラップから豪快なシュートを叩き込んで6点目。山田樹はうれしいJ初ゴールです。そして試合はこのまま終了。田中の2ゴール3アシストなどの大活躍で大量6点を奪った秋田が、鬼門の沖縄アウェイで完勝をおさめました。この結果、4連勝で勝ち点13とした秋田(4勝1分)は得失点で福島ユナイテッドFCを上回って首位に! もちろん無敗もキープです!

天皇杯初戦敗退のショックを振り払う完勝劇を見せた秋田の次節ホームゲームは、5月7日(日)秋田市八橋運動公園陸上競技場にて藤枝MYFCとの対戦(13時キックオフ)となります。あきぎんスタジアムではなく、八橋陸上競技場での開催となりますのでどうぞお間違いなく。さらにこの日は秋田市の小学生無料招待となっておりますので、GW最終日ぜひともご家族で現在首位のブラウブリッツ秋田のゲームをご観戦いただければと思います。それでは秋田市八橋運動公園陸上競技場でお会いしましょう!