タグ別アーカイブ: FC東京

9月19日アウェイ FC東京U-23戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第22節、ブラウブリッツ秋田は敵地でFC東京U-23と対戦し、残念ながら0対1で敗れました。

約1カ月ぶりのリーグ再開となった前節のY.S.C.C.横浜戦で3対0と快勝、リーグ3連勝と波に乗る秋田。この日の対戦相手となるFC東京U-23とは、今年4月のホーム開幕戦で対戦して1−0で勝利している。しかし、FC東京U-23は直近2試合で好調の2チーム(栃木SC、グルージャ盛岡)を相手にいずれも1−1で引き分け。さらにOA枠で水沼宏太、さらにはケガから約1年2カ月ぶりの復帰となる元日本代表の石川直宏が今節はメンバー入りするなど、秋田にとってはひじょうに手強い相手となった。

そんななか、あいにくの雨模様にも関わらず会場となった味の素スタジアムの秋田応援エリアには、約300名の秋田サポーターが集結。さらに天皇杯2回戦・川崎フロンターレ戦との試合後に松本拓也が呼びかけたことによって多くの川崎サポーターの方々も秋田の応援に駆けつけてくださいました。みなさま、ありがとうございます! さらにさらに、この日はブラウブリッツ秋田応援女子マネージャーのアラリナこと荒川理奈ちゃんも応援に駆けつけてくれました!

さて試合についてですが、試合開始からめまぐるしく攻守が入れ替わり、一進一退の攻防が展開されます。そのなかで最終ラインでパスを回しながらビルドアップ、そして前線へとボールを運んで行きたい秋田に対し、FC東京U-23は2種登録(ユース)の選手3名が先発出場するなど20歳前後の運動量豊富な選手たちが前線から積極的にボールを奪いに行き、秋田の攻撃にプレッシャーを与えます。

それでも秋田は左サイドの呉大陸が再三にわたってドリブル突破から相手陣内を脅かす場面を作ると、前半18分には、日高慶太からふわりと浮いたパスがPA内へ入り、そこに相手DFの裏へ抜け出した久富賢が落下してきたボールに右足を合わせてボレーシュート。しかし、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれて得点ならず。直後の同21分には、FC東京U-23が反撃。後方からのロングボールが前線へ渡るとGK松本拓也と1vs1の場面になりかけるが、ここは松本が積極的にPA外まで飛び出してダイビングヘッドでクリア。この気迫あふれるプレーに刺激されたかのように守備陣も相手に決定機を与えず、お互いにスコアレスのまま前半が終わります。

そして迎えた後半、開始早々に浦島貴大が相手選手と交錯して転倒。担架でピッチ外へ運ばれてもしばらく動けずに心配されたものの、起き上がった浦島自らがOKサインを出してピッチへ戻ります。すると浦島にビッグチャンスが訪れます。後半12分、山田尚幸から前線へと走り込んだ浦島にパスが渡ると、浦島は相手DFをかわして左足を振り抜きます。低い弾道のシュートはゴールへ一直線。しかし、シュートはポスト内側を直撃、さらに跳ね返ったボールはゴールライン手前を横切ってゴールならず。絶好のチャンスを逃します。

ここで間瀬監督は浦島に代えて比嘉諒人、さらに久富賢に代えて熊谷達也をピッチへ送り出します。これに対し、FC東京U-23は後半21分に石川がついにピッチへ。ホーム応援エリアから大歓声が沸き起こり、スタジアム内が異様な雰囲気に包まれす。すると石川の投入を合図にここからFC東京U-23が猛攻撃。逆に秋田は勢いに押されてやや防戦ぎみとなると、セカンドボールもなかなか奪えず、自分たちの流れを作り出すことができません。

FC東京U-23の猛攻が続くなか、秋田はピンチを迎えるたびに懸命の守りで得点を許しません。そして、試合終了も近づいてきた後半42分、クリアボールを相手に拾われてしまうと、前線へパス。PA内でパスを受けた林容平が胸で落とし、小山拓哉がシュートを放つと、下田光平がスライディングで足を伸ばして懸命のブロック。しかし、足に当たってこぼれたボールを水沼宏太に拾われると、ゴールへと押し込まれて土壇場で失点を許してしまいます。

残り時間、さらに4分のアディショナルタイムと同点に追いつくには十分な時間があるものの、先制ゴールを奪ってさらに勢いを増すFC東京U-23の猛攻で秋田は自陣に釘付けとなってしまい、相手陣内へボールをなかなか運ぶことができません。そして、試合は0対1のままタイムアップ。何度もチャンスがありながら決めることができず、逆に終盤の失点で敗れた秋田は連勝が3でストップです。

この結果、秋田は9勝7分6敗で勝ち点34のまま、順位も変わらず6位で上位との差を縮めることができませんでした。次節は、9月24日(土)あきぎんスタジアムにて、福島ユナイテッドFCとの対戦(12時半キックオフ)となります。福島とは今季開幕戦で対戦し、1対1のドロー。ホームで勝ち越しましょう!

なお、この日は前座マッチとして、前園真聖、三浦淳宏、福西崇史、本田泰人、中西永輔ら元日本代表、Jリーガーによって結成されたJドリームスと、ブラウブリッツ秋田の礎となったTDK SCにかつて所属していた選手たちで結成されたTDK SCレジェンドによるスペシャルマッチも行われます。キックオフは9時半です。オトクな通しチケットもございますので、あわせてよろしくお願いいたします。

ドリームマッチ特設サイト
http://blaublitz.jp/specialmatch

 

2016シーズン ホーム開幕戦 vsFC東京U-23を終えて

4月3日、2016シーズン開幕から約3週間経て、ついにブラウブリッツ秋田はホーム開幕戦を迎えました。当日はあいにくの天候ながらも、約2500人の方々があきぎんスタジアムにご来場くださいました。

今シーズンよりBULE+AKITAでは、ホームゲームにおいて会場入りする選手バス出迎えの前に約15分間、応援練習を行います。場所は、選手バス出迎えを行うスタジアム正面玄関前付近となります。応援練習は参加自由ですので、選手バス出迎えとあわせて奮ってご参加いただけますと幸いです。

さて試合結果につきましては、皆様も既にご存知の通り、ブラウブリッツ秋田は今シーズンよりJ3リーグに参入したFC東京U-23と対戦し、1-0で勝利を収め、待望の今シーズン初白星をあげることができました!

アウェイ2連戦では、先制点をあげながらもなかなか追加点を奪うことができず、試合終了直前に同点に追いつかれるという非常に悔しい結果が続いてました。しかし、この日は、前半14分に日高慶太の見事なミドルシュートが炸裂して先制すると、この貴重な1点を最後まで守りきって勝利。歓喜の瞬間、スタジアムはこの日一番の盛り上がりとなりました。

そして、試合終了後には再び秋田県民歌の斉唱を行い、選手たちの健闘を称えるとともに勝利の喜びをわかちあいました。今後もホームゲームで秋田が勝利した際には秋田県民歌の斉唱を行っていく予定です。ひとつでも多く県民歌がスタジアムにこだますることを期待する次第です。

これによりブラウブリッツ秋田は、1勝2分0敗の勝ち点5で6位に浮上しました。次節は、4月10日(日)ニッパツ三ツ沢球技場にて、Y.S.C.C.横浜との対戦となります。キックオフは13時です。

初白星に続く、今シーズン初連勝を目指す大事な一戦。現地・三ツ沢に来られるは道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!