タグ別アーカイブ: FC琉球

2018シーズン第18節 vs FC琉球 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第18節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで首位・FC琉球と対戦し、1-0で敗北。残念ながら間瀬秀一新監督の初陣を飾ることはできませんでした。

チーム初のシーズン途中での監督交代劇から中4日で迎えたシーズン後半の初戦。1年半ぶりに秋田で指揮を執ることとなった間瀬監督は前節から先発メンバーを3人入れ替え、そのなかでも日高慶太は今季初先発を果たしました。

間瀬ブラウ第二章の始まりにふさわしい首位・FC琉球と一戦、前半はエンドを変えて風上となった琉球が攻勢に出ます。一方、秋田は1.5列目のポジションで起用された古田寛幸が再三にわたってチャンスメイク。前半24分には前山恭平から受けたパスでGKと1vs1となるもシュートは決まらず。両者互角スコアレスのまま後半へ。

後半は、今季初先発の日高のパスからビッグチャンスが2度生まれるも得点ならず。対する琉球も好位置からFKのチャンスを2度得るも、ここはGK清水慶記がファインセーブを見せて阻止する。5月の対戦と同じく両チーム一歩も譲らぬまま試合は終盤へ。前線の選手を入れ替えて得点を狙うも2列目以降の選手の足が止まり始めた秋田は、最後の攻撃に出た琉球の勢いを止めることができずアディショナルタイム突入直前に失点。再三のチャンスで決めきれなかったのが最後まで響き、0−1で敗れました。

間瀬ブラウ第二章の初陣を飾ることができなかった秋田は6勝3分8敗の勝ち点21で11位に後退。次節は7月22日(日)、敵地でAC長野パルセイロと対戦(長野Uスタジアム、17時キックオフ)です。中断期間前ラストとなる一戦。5月の対戦ではホームで逆転負けを喫しているだけに雪辱を果たしたいところ。熱い闘いにぜひご期待ください!

2018シーズン第10節 vs FC琉球 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第10節、ブラウブリッツ秋田は敵地で7位・FC琉球と対戦し、0-0のスコアレスドロー。順位は4位からひとつ下げて5位となりました。

8日で3試合と連戦が続く今年のゴールデンウィーク。その3戦目が秋田から最も距離が離れている沖縄でのアウェイゲームとなりました。秋田をはじめ全国各地から約20名のサポーターが応援に駆けつけた一戦。ナイトゲームながら会場の沖縄県総合運動公園陸上競技場のキックオフ時の気温は25℃、湿度71パーセントと連戦が続く秋田にとってはやや厳しいコンディションのなか、19時にキックオフ。

試合前にはピッチ上に水が多く撒かれ、相手ゴール陣内はややスリッピーな状態でさらにピッチ上はかなり蒸し暑くなっており、試合全体を考えると前半から飛ばすというのはなかなか難しく、両チーム共に相手の持ち味となっている攻撃を警戒した慎重な試合運びで前半が進みます。エンドが変わって風下となった秋田は空いたスペース、あるいは相手の裏を狙ってパスを供給するも球足が速くなったピッチに手を焼いて前線でボールが収まらず。一方、細かいパスを繋いで相手陣内に攻め込むのを得意とする琉球も秋田の鋭いカウンター攻撃を警戒してか、中盤までボールを運ぶものの高い位置でプレスをかける秋田のディフェンスに前線までパスをつなげることができません。

前半はお互いに決定機をなかなか作ることができずスコアレスのまま後半へ。後半2分、秋田がゴール前での混戦からこぼれ球をつなぎ最後は韓浩康がミドルシュートを放つもわずかに外れてゴールならず。一方、琉球は後半の頭から入った長身のカルボンにボールを集めてチャンスを伺う。

両者一歩も譲らない展開のまま迎えた後半33分、秋田は左サイドから中央を経由して反対サイドへパスを繋ぐと、右サイドを駆け上がった青島がドリブルでペナルティエリア内へ侵入し、素早くグランダーのクロスを入れるも相手GKのブロックに阻まれる。その直後には逆に相手に攻め込まれてシュートを打たれるもGK清水慶記の好セーブで得点を許しません。

後半のアディショナルタイムは3分。秋田は試合終了間際にこの日一番の決定機を迎えるも、こぼれ球をダイレクトで打ち返した山田樹のミドルシュートはゴールポストに直撃してゴールならず。最後まで激しい攻防となった一戦はスコアレスのまま試合終了となりました。

今季初の引き分け、アウェイで勝ち点1を獲得した秋田は、5勝1分4敗の勝ち点16で順位は前節からひとつ下げて5位に。しかし首位・沼津とは勝ち点3差まで迫っており、次節以降の闘いからも目が離せない展開が続きます。その次節は5月20日(日)、ホーム・あきぎんスタジアムに13位・AC長野パルセイロを迎えての一戦となります。第10節を終えて1勝6分2敗と勝ち点をなかなか伸ばせず苦戦している長野ですが、今季から加入したFW津田知宏はJ1・J2の舞台でも経験豊富で、現在4試合連続得点中と長野攻撃陣のなかでひとり気を吐いており、秋田としては要警戒です。秋田としては、ホームでの対長野戦はまだ未勝利なだけに、宿敵を撃破して集まったサポーターに勝利を届けたいところ。注目の一戦は13時キックオフです!

ここが踏ん張りどころ! 9月24日ホーム FC琉球戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第24節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでFC琉球と対戦し、1対2で敗戦。今季2度目の連敗となった秋田は3位に後退しました。

午前中には全日本少年サッカー大会秋田県大会の開会式が行われ各出場チームのサッカー少年らも観戦に訪れたこの日は、今季最多動員となる3933人の観客が詰めかけました。さらにわれわれBLUE+AKITAが陣取るゴール裏にもたくさんの方たちが一緒に応援してくださいました。ありがとうございます!

8位・FC琉球をホームに迎えての一戦。今年5月のアウェイ戦では6対1で秋田が快勝しているものの、そのリベンジに燃える琉球をどう迎え撃つかが注目される。試合は13時キックオフ。この日はリーグ戦再開以降先発から離れていた韓浩康がひさびさに先発メンバー入り。さらにアノ男があきぎんスタジアムのピッチに返ってきた! 昨年9月のFC東京U-23戦での試合中に全治8カ月の大ケガを負って戦列から離れていた浦島貴大が約1年ぶりに復帰し、ベンチメンバーに入りました。

さて試合のほうは、前半から拮抗した展開が続くなか琉球の猛攻を凌ぎ切って0点に抑え、後半での巻き返しを図った秋田。ところが後半開始まもなくの後半5分、右サイドを起点にボールを繋がれるとゴール中央へのクロスを琉球・前田央樹に決められれて失点。これで秋田は2試合続けて先制を許す苦しい展開に。しかし秋田は直後の後半8分に前山恭平がペナルティーエリアで相手GKに倒されてPKを獲得。蹴るのは”PK職人”田中智大。ところが田中の蹴ったボールはまさかのポスト直撃でゴールならず。同点のチャンスを逃す。

すると後半25分、山田樹がペナルティーエリアでハンドを取られて今度は琉球にPKを与えてしまうピンチとなると、これを琉球のチーム得点王・富所悠に決めれられて追加点を許す。2点差を追う形となった秋田は後半35分に田中の2試合連続となる今季13ゴール目で1点返すも反撃はここまで。前節に続いて終始相手にリードを奪われる形となった秋田は今季2度目となる連敗を喫して順位は3位に後退(13勝5分4敗)。秋田としてはチャンスを確実に決めて常に優位な展開に持ち込む試合運びができるかが今後のカギとなりそうだ。

さて次節は9月30日(土)敵地・鴨池陸上競技場に乗り込んで6位・鹿児島ユナイテッドFCとの対戦となります。J2ライセンスを新規取得して一段と熱が入る鹿児島を相手にアウェイといえども勝ち点3を獲得したい我らがブラウブリッツ秋田をぜひ応援してください! 現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!