古田のミドル弾炸裂! 6月18日アウェイ アスルクラロ沼津戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第13節、ブラウブリッツ秋田は敵地でアスルクラロ沼津と対戦し、1対0で勝利。開幕から12戦負けなしとなった秋田は、2位・カターレ富山に勝ち点5差をつけて首位をキープしました。

前節・カターレ富山戦では、1点リードされているなか後半ロスタイム時に遊馬将也の劇的ゴールで追いつき、開幕からの無敗をキープした秋田。福島、長野、栃木、富山と上位対決が続くなか今節は秋田と勝ち点4差で2位につける沼津とのまたも首位攻防戦となりました。今季からJ3リーグに参入した沼津はリーグトップの攻撃力(総得点28)を武器に好調をキープ。またチームには元日本代表の中山雅史をはじめ、昨季秋田に在籍していた伊東輝悦が所属している。

会場となった愛鷹広域公園多目的競技場には日本各地から約40名の秋田サポーターが集結。また沼津市出身のGK松本拓也選手のご家族、ご親戚、さらには松本選手が所属していたクラブチームの子どもたちも応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!

強い海風が吹きつけ、小雨が降るなか15時キックオフ。エンドを変えて前半風上を選択した秋田は前節と同じ先発メンバーで試合に臨みます。そしてこの試合でキャプテン山田尚幸選手がJ3通算100試合出場を達成しました。沼津のキックオフで開始となったゲームは、開始早々から沼津がミドルシュートを放つなど向かい風で不利とな思えない攻撃を見せます。これに対し、秋田は前半6分、中央にいた田中智大から右サイドへ展開されると、パスを受けた古田寛幸がドリブルから中央へ切り込んでいってペナルティエリアの手前からシュート。左足から勢い良く放たれたボールは追い風に乗ってゴール左に突き刺さって先制。見事なミドルシュートを決めた古田の今季初ゴールで秋田が序盤でリードします。

先制した秋田ですが、ホームで先に点を奪われた沼津から反撃を受けます。前半9分にはペナルティエリア内からシュートを打たれるとGK小澤章人が手で弾いたボールがポストに直撃し、なんとか命拾い。さらに同14分にはこぼれ球からシュートを打たれるもこれはGK小澤の正面。連続でピンチを迎えますがリーグ最少失点の秋田守備陣による堅守が相手のゴールを許しません。すると前半21分、セットプレーからキッカー山田樹の蹴ったボールがゴール前へ送り込まれると、抜け出した有薗真吾が足で合わせますがこれは惜しくもクロスバーの上。このまま前半終了かと思われた前半ロスタイム時、プレスで相手からボールを奪った深井脩平がドリブルで攻め上がると、ボールを奪われた沼津の染矢一樹が背後からスライディング。このプレーが危険とみなされて主審からイエローカードが提示されると、この日2枚目のイエローとなった染矢は退場となって沼津は10人に。逆に秋田にとってはリードのまま数的優位な状況となります。

後半は風下となった秋田はチャンス時以外は無理をせずに守備を固めて沼津の反撃を跳ね返します。またカウンター攻撃を狙う相手に対しては後ろでボールを回して的を絞らせず。相手ボールとなっても中盤で素早くプレスをかけて逆にボールを奪ったり、有薗の見事なライン統率によってパスコースを切るなどして沼津の攻撃を封じ込めます。そして試合は終了。持ち前の堅守を発揮した秋田が虎の子1点を守り切って1対0で勝利。昨季はわずか3勝だったアウェイで今季早くも5勝目を飾りました。

この結果、9勝3分の勝ち点30とした秋田は、2位・富山に勝ち点差5で首位キープ。昨季第28節・SC相模原戦から続く負けなし記録を15に伸ばしました。さて次節はホーム・あきぎんスタジアムにて9位・SC相模原を迎えての対戦(14時キックオフ)となります。今季4勝のうち北九州、栃木の強豪チームから勝利をあげている相模原。一方、秋田としては2013年の初対戦以降ホームでは負けてない(4勝1分)だけにきっちり勝って魔の6月を乗り越えたいところです。当日は地元テレビ局による生中継もありますが、ぜひスタジアムで一緒にブラウブリッツ秋田を応援しましょう!

それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!

遊馬、土壇場で同点弾! 6月11日ホーム カターレ富山戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第12節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでカターレ富山と対戦し、1対1でドロー。秋田は2位・アスルクラロ沼津に勝ち点4差をつけて前節に続き首位をキープしました。

前節の栃木SC戦に続いて再び2位との首位攻防戦となった一戦には2488人の観衆が応援に駆けつけ、Jリーグチェアマンの村井満氏も来場。心配されていた天気は気温がやや平年より低いものの前日の雨もあがり、試合中には晴天となるなかでゲームが行われました。また、この試合でJ3通算100試合出場となる前山恭平選手に対し、われわれBULE+AKITAからは試合前にくす玉を割ってお祝いをしました。

この日は前節とメンバーが入れ替わり、古田寛幸が右サイドで先発出場。前半から中盤でのボール奪取からワイドに展開して攻撃を組み立てる富山に対し、秋田は富山の両サイドの裏を狙ってロングボールを入れながらチャンスを伺います。高い位置でもプレスを積極的にかけてくる富山に対し、秋田はクリアしきれずにセカンドボールを拾われてシュートを打たれる場面も。それでも前半28分にはカウンター攻撃から久富賢が右サイドをドリブルで一気に駆け上がると、前線へアーリークロス。これをゴール正面で田中智大が受けてシュートを放つも相手キーパーの好セーブに阻まれてゴールならず。

ビッグチャンスが先に訪れたのは秋田だったがこれを逃してしまうと前半38分、右サイドから縦にロングボールが入ると、サイドラインギリギリでパスを受けた富山の苔口卓也がボールをキープ。そこから上がってきた椎名伸志にいったん戻すと、椎名はやや中に切れ込んでから逆サイドの空いたスペースへサイドチェンジ。これを西室隆規が拾ってすかさず中央へグラウンダーのクロス。これがニアではタイミングが合わずマイナスぎみのパスになると、秋田守備陣の背後からゴール前へ走り込んだ佐々木一輝が左足で合わせて秋田ゴールのネットを揺らし、富山が先制。5試合連続無失点と堅守を誇っていた秋田にとっては4月の琉球戦以来6試合ぶりの失点となります。

富山の1点リードで迎えた後半、反撃に出る秋田は同7分に田中がPA手前からミドルシュートを放つもキーパー正面。これに対し同11分、センターサークル付近で古田からパスを受けた藤山智史が、背後からプレスに来た相手に対してフェイントを入れてかわそうとするもボールを奪われてカウンター攻撃を受ける。ここからPA内へと侵入した選手にパスが繋がってシュートを打たれるも、GK小澤章人が素早い反応でシュートを止めるナイスセーブでピンチから救う。さらに同17分には自陣で相手のFKから頭で合わせられるもこのシュートはクロスバー直撃。ピンチを凌いだ秋田としては早く追いつきたいところ。

すると同18分に杉山弘一監督が動く。左サイドの山田樹に代えて青島拓馬をピッチへ。ここから秋田が反撃に出ると、杉山監督は同38分に久富賢に代えて遊馬将也を投入し、二枚目のカードを切る。この直後の同41分、田中からパスを受けた遊馬がPA手前で相手選手に倒されて得たFKを前山恭平が蹴るも、これはバーの上。試合時間が残り少なくなっていくなかで1点が遠い秋田。

そして試合はついにロスタイム(5分)に突入。同46分、早く追いつきたい秋田が相手陣内へ攻め上がるも逆にカウンター攻撃を受けてピンチに。相手がスペースを狙ったパス対し、古田が全速力で戻って相手選手よりも先にボールに追いつくと、相手選手2人をかわしてドリブルで駆け上がる。ここから古田はセンターラインやや手前の位置から相手DFの裏を狙って縦パスを入れると、相手DFがボールを処理を誤り、そのこぼれ球を田中が拾うと、ゴール前へ走り込んだ遊馬と相手GKで2vs1の状況に。ここから田中がすかさずゴールにパスを送ると遊馬が右足で合わせたシュートが富山ゴールのネットを揺らしてゴール。遊馬の今季初ゴールで秋田が土壇場でようやく追いつく。このゴールにスタジアムから大歓声が沸き起こる。

ロスタイムは残り3分。この勢いで一気に逆転を狙った秋田であったがひっくり返すまでには至らず試合終了のホイッスル。最後まで諦めずに闘いきった秋田が同点に追いつき、富山と勝ち点1をそれぞれ分け合いました。この結果、8勝3分で勝ち点27とした秋田は、富山と入れ替わって2位に浮上したアスルクラロ沼津と勝ち点4差で首位をキープ。そして次節は6月18日(日)敵地・愛鷹広域公園多目的競技場にて2位・沼津とのみたび首位攻防戦(キックオフ15時)です。現地・沼津に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

山田樹、値千金Vゴール! 6月4日アウェイ 栃木SC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第11節、ブラウブリッツ秋田は敵地で栃木SCと対戦し、1対0で勝利。2連勝の秋田は2位・カターレ富山に勝ち点5差をつけて首位をキープしました。

敵地での1、2位対決となった一戦。会場の栃木県グリーンスタジアムには約100人近い秋田サポーターが集結。またザスパクサツ群馬サポーターの方々もかつて所属していた有薗真吾選手の応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!

昨年の当地での対戦では、約8500人を動員した超アウェイという状況のなかで好ゲームを展開するも、試合終了間際の失点で敗れてしまった秋田(0-1で敗戦)。ホームの力を思い知らされた一戦だっただけに、今年はこちらも負けじと全力応援で選手たちをサポートしました。

ゲームは上位対決とあって互いに一進一退の攻防に。フォーメーションを変えて秋田と同じく3バックとしてきた栃木と前半はミラーゲームとなる。前半の秋田はわずかシュート2本。それに対し、栃木は決定的場面を演出するもシュートがゴールポストに当たるなど決定力を欠いてゴールとはならず。秋田としては4試合連続無失点中の堅守でゴールを守る間に先制したいところ。

スコアレスで折り返した後半、エンドを変えていた秋田はホーム側に向かって攻める。後半10分、ペナルティエリア手前でパスを繋いで深井脩平がミドルシュートもわずかに外。同16分、杉山弘一監督は青島拓馬に代えて古田寛幸をピッチへ投入し、得点を狙いに行く。その直後、交代したばかりの古田から前線の田中智大を経由して前山恭平へパスが繋がるも前山のシュートは枠外。ここから徐々に秋田が敵陣へと攻め込む時間が増える。すると同37分、右サイドの古田がやや内に切れ込んでからロングパスを前線へ。田中と相手DFの競り合いからのこぼれ球を拾った山田樹がダイレクトで左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール右に突き刺さってゴール! 山田樹の今季2ゴール目が秋田に待望の先制点をもたらす!

このまま逃げ切りを図りたい秋田は栃木の反撃に対して堅守が光る。同42分には相手のクロスが通ってヒヤリとする場面も山田樹が懸命に足を伸ばして相手FWのシュートを阻む好守備でこの日最大のピンチを逃れると、最後はゴール前での相手のシュートを小澤章人が弾き出して試合終了のホイッスル。虎の子の1点を守り切った秋田が、2位・栃木との上位対決を制して昨年のリベンジを果たしました!

この結果、8勝2分で勝ち点26の秋田はこの日2位に浮上したカターレ富山に勝ち点差5で首位キープ。そして次節はホーム・あきぎんスタジアムにて2位の富山を迎えての再び上位決戦となります。6月からキックオフ時刻の変更により、15時キックオフとなります。

昨年と同じく開幕から10戦負けなしの秋田ですが、昨年と異なるのは勝ち星を多く積み上げていること(昨年は5勝5分)。上位との対決が続きますがこのまま勝ち点3を積み上げて首位独走としたいところです。5試合連続無失点中の秋田守備陣に負けじとリーグ2位の得点力を誇る攻撃陣の爆発に期待しましょう!
それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!