3連勝で3位浮上!4月16日ガイナーレ鳥取戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第4節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでガイナーレ鳥取と対戦し、3対1で勝利しました。

前節のホーム開幕戦ではグルージャ盛岡との東北ダービーを制した秋田。前半ロスタイムにセットプレーから有薗真吾が先制弾を叩き込むと、この虎の子の1点を最後まで守り切った秋田が今季初の無失点ゲームで盛岡の攻撃陣をシャットアウト。さらに今季初の連勝でいい流れで今節に臨む。対する鳥取は、3戦を終えて秋田と同じく2勝1分で開幕スタートに成功。元日本代表の森岡隆三氏を新たなる指揮官として迎え、昨季15位からの巻き返しを図ろうとしている。

直前までの雨の予報だった天気も回復し、1518人の観衆を集めたこの日のゲーム。前半風上に立った秋田は、前線の選手が高い位置でプレスをかけて積極的な攻撃を見せると、前半2分にパスカットでボールを奪った前山恭平から久富賢にパスが繋がりシュートを放つもこれは枠外。しかしながら秋田が序盤から有利に試合を進めていく展開に。

すると前半18分、相手のクリアボールを奪うと、そこから前山がダイレクトでペナルティエリア内へループパス。これを相手DFとの競り合いから田中智大が体勢を崩しながらも中へパスを送ると、ゴール前へ走り込んだ久富が左足で合わせてゴールネットを揺らし、秋田が先制! 今季3ゴール目となる久富の先制弾で秋田の攻撃にさらなる勢いをもたらします。

優位な状況のうちに追加点を奪いたい秋田は前半24分、相手のファールで得たFKのチャンスに、キッカーの前山がゴール前へボールを入れると、前節の盛岡戦と同じく相手DFとの駆け引きから抜け出してフリーになった有薗がボレーシュート。これが相手ゴールに突き刺さって秋田に待望の追加点。有薗の見事な2試合連続ゴールで秋田はリードを2点とします。

一方、守備では相手のカウンター攻撃に対してGK小澤章人を中心に秋田の守備陣が冷静に対応。前半は相手のシュートをわずか2本に抑えて2−0のまま後半へ。後半は風下になった秋田ですが、前半と同じく高い位置でプレスをかけて積極的にボールを奪いにいきます。すると後半5分、パスカットでボールを奪った有薗が前線の前山にパス、さらに右サイドを駆け上がった古田寛幸へ。パスを受けた古田は左足でクロスを入れると、これをファーサイドにいた田中がヘディングシュート。シュートは相手GKに弾かれるもボールはゴールラインを超えており、主審はゴールの判定。田中の今季初ゴールで秋田が3点目を奪います。

その後、試合終了間際の後半43分にゴール前での混戦から失点したものの、最後までリードを守り切った秋田が3−1で勝利。連勝を3に伸ばし、鳥取との無敗対決を制しました! この結果、3勝1分の勝ち点10とした秋田は3位に浮上。好調をキープして、いよいよ次のゲームは天皇杯本戦となります。4月22日(土)あきぎんスタジアムにて行われれる1回戦の相手は、東京都代表の国士舘大学です(13時キックオフ)。大学サッカーの強豪校を相手に秋田がどんな闘いを見せるのか注目です!

なお当日は、隣接会場で他競技の大会など八橋地区において催事が集中しております。駐車場など周辺道路は大変混雑が予想されますのでお気をつけておこしください。それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!

4月9日天皇杯県予選決勝 ノースアジア大学戦を終えて

第27回秋田県総合サッカー選手権大会 兼 天皇杯秋田県予選決勝、ブラウブリッツ秋田はノースアジア大学と対戦して9対0で勝利。16年連続24回目(前身のTDKサッカー部時代を含む。ブラウブリッツとしては8年連続8回目)となる天皇杯本大会出場を決めました。

例年よりも約4カ月早く行われた今年の天皇杯予選。スーパーシードによっていきなり決勝戦の出場となる秋田は、準々決勝で秋田FCカンビアーレ、準決勝で秋田大学を下して勝ち上がってきた東北地区大学サッカーリーグ1部所属のノースアジア大学と対戦しました。2日のグルージャ盛岡戦から先発メンバーを4人入れ替えて(下田光平、日髙慶太、遊馬将也、安芸銀治が今季初先発)このゲームに臨んできた秋田は、前半風下ながらも序盤からノース大陣内へ攻め込みます。

すると6分、ペナルティエリア内で安芸が倒されてPK獲得。これをキッカーの前山恭平が冷静に決めてまずは先制。さらに16分にはまたもペナルティエリア内で遊馬が相手GKとの競り合いあいからファールを受けてPKを獲得すると、キッカーの古田寛幸が確実に決めて追加点を奪います。その後も果敢にゴールを狙う秋田ですが相手の守備に阻まれ得点を奪えず。2点リードで折り返します。

後半も序盤からシュートを放っていく秋田ですが枠内を捉えることができず。それでも60分に古田のパスを受けた前山が相手DFをかわしてシュートを決めて3点目。ここからようやくエンジンがかかった秋田のゴールラッシュとなります。64分に山田尚幸、70分に深井脩平、73分には途中交代で入った堺俊暉がファーストタッチで決めて6点目。さらに81分には安芸が公式戦初ゴール、83分には山田がこの日2点目となるFKを直接決めると、最後は後半ロスタイムに安芸がこの日2点目となるゴールを決めて9点目。一方、守備では相手に撃たれたシュートは1本のみと無失点に押さえて完封。9−0の完勝で天皇杯本戦出場の切符を勝ち取りました。なお、天皇杯1回戦は4月22日(土)あきぎんスタジアムにて、東京都代表の国士舘大学との対戦(13時キックオフ)です。

また次節ホームゲームは、4月16日(日)あきぎんスタジアムにてガイナーレ鳥取との対戦(13時キックオフ)となります。秋田と同じく2勝1分で現在負けなしの鳥取。無敗対決となる注目の一戦です!

2017シーズン ホーム開幕戦 vsグルージャ盛岡を終えて

4月2日、シーズン開幕から約4週間を経て、ついにブラウブリッツ秋田は2017シーズンのホーム開幕戦を迎えました。今季は浦和、V川崎(東京V)、新潟などでプレー杉山弘一氏を新監督に迎え、躍進を遂げた昨季の順位(4位)を上回る優勝を目標に掲げた秋田。シーズン開幕戦ではJ2から降格してきたギラヴァンツ北九州と引き分けてアウェイで貴重な勝ち点1を強敵から奪うと、続く2戦目のセレッソ大阪U-23戦では攻撃陣が力を発揮して3−1で快勝。今季初勝利をあげ、アウェイ2連戦は上々の滑り出しとなりました。

そして迎えたホーム開幕戦には、2416人の観衆が詰めかけ、気温12℃とやや寒いなか試合は13時キックオフ。最初の見せ場は前半14分、ゴールから約25mの距離からのFK。キッカー前山恭平の蹴ったシュートは無回転で枠内へ飛ぶも、相手GKの好セーブで得点ならず。しかし、秋田が主導権を握る形でゲームは進みます。対する盛岡は細かいパスをつないで秋田陣内に攻め込もうとするもなかなかシュートまでは至らず。

すると前半31分、秋田は相手のトラップミスからのこぼれ球を拾うと一気にカウンター攻撃へ。右サイドでボールを受けた久富賢がゴール中央へクロスを入れると、ゴール前へ走り込んだ前山が胸トラップからシュートを狙うも好判断で飛び出してきた相手GKのブロックで得点は奪えず。その後も秋田に惜しい場面が続きます。

そして試合が動いたのは前半ロスタイム時。FKのチャンスを得た秋田はキッカーの前山がゴール前へ高めのボールを入れると、相手DFとの駆け引きからフリーとなった有薗真吾がヘディングシュート。これが見事にゴールネットを揺らし、今季新加入のチーム最年長・有薗のゴールで秋田がついに先制します。

1点リードで折り返した後半は互いに中盤で激しくボールを奪い合ってカウンターを仕掛ける展開に。後半30分を過ぎたあたりから秋田の選手にやや疲れが見え始め、交代選手の投入で反撃に出る盛岡のカウンター攻撃にヒヤリとする場面が続くも、前半にあげた貴重な1点を最後まで粘り強く守りきって試合終了。盛岡との東北ダービーを制した秋田がホーム開幕戦を白星で飾りました!

この結果、秋田は2勝1分の勝ち点7で順位は4位に浮上。そして次のゲームは、いよいよ天皇杯が始まります。まずは秋田県代表を決める第27回秋田県総合サッカー選手権大会 兼 天皇杯秋田県予選・決勝が、4月9日(日)あきぎんスタジアムにて行われます。スーパーシードの秋田は、ノースアジア大学との対戦(13時キックオフ)となります。

この試合は入場無料となりますので、ブラウブリッツ秋田の試合をまだ観たことがないという方は生で観る絶好のチャンスです! ぜひ会場にお越しいただき、天皇杯に向けて闘う選手たちに熱いご声援をお願いいたします。