1・29『ビッグT補修作業&ゲーフラ作成会』開催のお知らせ

2017シーズン開幕に向けて、BLUE+AKITA主催による『ビッグT補修作業&ゲーフラ作成会』を1月29日(日)大仙市中仙公民館 清水分館にて開催いたします。

作成したゲーフラを応援時(選手バス迎え、ピッチ練習開始時など)に掲げて選手たちを鼓舞しよう!
ゲーフラを作ったことがないという方も当日はゲーフラ職人がレクチャーいたしますので安心してご参加ください。

また当日は、ホームゲーム時あきぎんスタジアム正面に掲げているビッグTの補修作業(ペンキの塗り直しなど)も併せて行いますので作業のご協力よろしくお願いいたします。

【『ビッグT補修作業&ゲーフラ作成会開催のお知らせ』開催概要】
■日時
1月29日(日)
11:00〜18:00(途中参加・退出OK)

■場所
大仙市中仙公民館 清水分館
(大仙市清水上大蔵126)※駐車場あり
https://goo.gl/maps/e2ksk1SzwUk

■内容
・応援時に掲げるゲーフラの作成
・スタジアム正面に掲げているビッグTの補修作業

■材料
各自持ち込み(布、塗料、棒など)
※絵の具、ポスターカラー等の塗料は用意いたしますが、数に限りがございますのでご了承ください
※塗料を乾かす時間もあるためデザインの下書きまで事前に済ませておくとベター

■ゲーフラの作り方に関する参考サイト
・MSGゲーフラ、横断幕ノススメ http://u0u0.net/AMYh
・Jリーグ面白いゲートフラッグまとめ【ゲーフラ】 http://u0u0.net/AMYl

%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%99t

%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9%e8%bf%8e%e3%81%88

J2昇格へ!スタジアム整備の実現に向けた署名へのお願い

秋田県にはJ2およびJ1基準を満たすスタジアムがありません。そのため現在J3リーグに所属しているブラウブリッツ秋田はJ2ライセンスを持っていないため、たとえリーグで優勝をしても現時点ではJ2に昇格することができないという状況となっております。

そのため現在、ブラウブリッツ秋田後援会(ブルーパートナー)主導のもと、「スポーツ文化の発展」「スポーツによる地域活性化」「スポーツを通じた子どもたちの育成」をはかり、秋田の活性化につながるスタジアム整備の実現に向けた署名活動を行なっております。この趣旨にご賛同いただける方は、ぜひとも署名にご協力をお願いいたします。署名活動の実施期間は2017年2月28日まで。集約した署名は秋田県、秋田市に提出予定です。

ブラウブリッツ秋田後援会サイト

署名はこちらから(オンライン署名or署名用紙ダウンロード)

 

signature

11月20日ホーム FC琉球戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第30節、ブラウブリッツ秋田はFC琉球と対戦し、結果は2対0で勝利。この結果、秋田は過去最高成績となる4位で今シーズンを終えました。

シーズン最終戦となったこの日はホーム・あきぎんスタジアムに2,198人の観客が集結。この時点で6位の秋田は、順位がひとつ下の琉球をホームに迎えての今季ラストゲームとなります。琉球からは2013シーズン以降勝利をあげることができていない秋田(0勝4分5敗)。苦手としている相手に勝ってシーズンを締めくくることができるか注目です。

この日は、累積警告により出場停止となった堀田秀平に代わって下田光平、さらに前節・ガンバ大阪U-23戦で終盤に同点ゴールを決めた畠中佑樹が先発入り。また、今シーズン限りを持って引退を表明している川田和宏はベンチスタートとなりました。試合は、前半11分に左サイドで日髙慶太が前線に縦パスを送り、これを田中智大がスルー。このパスは通らずに相手にカットされるも、相手の連携ミスを突いて比嘉諒人が逆にボールを奪って一気に前線へ。GKとの1対1となると、比嘉はフリーで駆け上がった久富賢に絶妙なパス。これを久富がゴールに流し込んで幸先よく先制点をあげました。久富は10月のセレッソ大阪U-23戦以来となる今季5ゴール目。久富がゴールを決めた試合は今季負けなし(3勝1分)とあって、秋田に勢いをもたらすゴールとなりました。

先制ゴール後、秋田は主導権を握りながら試合をコントロール。相手に攻め込まれても危なげない守備を見せて前半を1対0で終え、後半に折り返します。後半開始早々、両チーム惜しい場面が続くと同15分、相手選手がシミュレーションによって警告を受け、この日2枚目の警告となり退場。この直後、1人多い秋田にチャンスが生まれます。同17分、中盤でボールを奪った秋田は山田がすかさず前線へ縦パス。このパスは前線にいた田中には収まらなかったものの、相手DFとGKの連携ミスを突いた田中がボールを奪って無人のゴールへ流し込み、秋田に待望の追加点をもたらしました! 田中は10月のグルージャ盛岡戦以来となるチームトップの今季8ゴール目。勝負強い男がこの日も大事な場面でストライカーとしての仕事をきっちりと果たしてみせました!

秋田が2点リードとなった後半28分、比嘉に替わって川田が大歓声に迎えられながら最後のピッチへ。同45分には左サイドの川田から前線の呉大陸へ絶妙なパスが送られるも、これは残念ながらオフサイドの判定でアシストとはならず。このままゲームはGK松本拓也&秋田DF陣がJ3屈指の攻撃力を誇る琉球を無失点に抑えてリードを守り切り、2対0で秋田が今季最終戦を白星で締めくくりました。

この結果、秋田は14勝8分8敗(ホーム11勝2分2敗、アウェイ3勝6分6敗)の勝点50となり、得失点差で鹿児島ユナイテッドFCを上回って4位に浮上。過去最高成績をおさめて今季を終えました。間瀬秀一監督2年目の今季は、アウェイでの開幕2連戦にて試合終盤に追いつかれて勝ち点3を逃すというゲームが続いたものの、開幕から11試合負けなしをキープし、さらに去年8月から続いていたホームゲーム13試合連続負けなしのJ3リーグ記録を更新。そして5月にはJ3となってからは初の首位に立つと約1カ月間トップをキープするなど、まさに大躍進の年となりました。2016シーズン、ブラウブリッツ秋田を応援していただいた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!