2018シーズン第18節 vs FC琉球 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第18節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで首位・FC琉球と対戦し、1-0で敗北。残念ながら間瀬秀一新監督の初陣を飾ることはできませんでした。

チーム初のシーズン途中での監督交代劇から中4日で迎えたシーズン後半の初戦。1年半ぶりに秋田で指揮を執ることとなった間瀬監督は前節から先発メンバーを3人入れ替え、そのなかでも日高慶太は今季初先発を果たしました。

間瀬ブラウ第二章の始まりにふさわしい首位・FC琉球と一戦、前半はエンドを変えて風上となった琉球が攻勢に出ます。一方、秋田は1.5列目のポジションで起用された古田寛幸が再三にわたってチャンスメイク。前半24分には前山恭平から受けたパスでGKと1vs1となるもシュートは決まらず。両者互角スコアレスのまま後半へ。

後半は、今季初先発の日高のパスからビッグチャンスが2度生まれるも得点ならず。対する琉球も好位置からFKのチャンスを2度得るも、ここはGK清水慶記がファインセーブを見せて阻止する。5月の対戦と同じく両チーム一歩も譲らぬまま試合は終盤へ。前線の選手を入れ替えて得点を狙うも2列目以降の選手の足が止まり始めた秋田は、最後の攻撃に出た琉球の勢いを止めることができずアディショナルタイム突入直前に失点。再三のチャンスで決めきれなかったのが最後まで響き、0−1で敗れました。

間瀬ブラウ第二章の初陣を飾ることができなかった秋田は6勝3分8敗の勝ち点21で11位に後退。次節は7月22日(日)、敵地でAC長野パルセイロと対戦(長野Uスタジアム、17時キックオフ)です。中断期間前ラストとなる一戦。5月の対戦ではホームで逆転負けを喫しているだけに雪辱を果たしたいところ。熱い闘いにぜひご期待ください!

2018シーズン第17節 vs SC相模原 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第17節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで13位・SC相模原と対戦し、1-2で敗北。前半戦最後の試合を勝利で飾ることはできませんでした。

応援用の太鼓をご提供いただくなど我々BLUE+AKITAも大変お世話になっているトラフィックレンタリース様の冠マッチで行われた今節には、スペシャルゲストとして90年代に数多くのヒット曲を生み出したロックバンドT-BOLANの森友嵐士さん、五味孝氏さんが来場し、試合前にミニライブを披露したほか、さらにサプライズゲストとしてボクシング元世界3階級王者の亀田興毅さんも来場し、スタジアムに集まった観客を大いににぎわせてくれました。

試合は、前節から先発メンバーを3人入れ替えて臨んだ秋田が前半40分、田中智大のクロスをゴール前に飛び込んだ藤山智史が頭で合わせて先制。そして1−0で折り返した後半、秋田は序盤で迎えたチャンスを逸して追加点を奪えずにいると後半18分、同32分と立て続けに失点し、そのまま1−2で逆転負け。前半戦最後のゲームを白星で飾ることができず、6勝3分7敗と負け越しで後半戦へと折り返すこととなりました。

その翌週7月11日(水)、杉山弘一監督の解任、新たな後任として2015〜2016シーズンに秋田で指揮をとった間瀬秀一氏の監督就任が発表されました。また翌日には2015シーズンからチームを支えてきた菅原太郎コーチの契約解除も発表され、シーズン途中で監督交代劇が起こるというチーム初の緊急事態が起こってしまいました。

これまでチームを率いてきた杉山前監督、そして縁の下の力持ちとして選手と監督を支えてきた菅原前コーチの両氏には心より感謝を申し上げます。まだシーズン途中ではありますので、今季の目標であるJ2昇格を達成してから改めて御礼を申し上げることができればと思っております。

さて次節は7月16日(月・祝)、海の日の開催となります。ホーム・あきぎんスタジアムに首位・FC琉球を迎えての一戦です。秋田に再び帰ってきた間瀬新監督の初陣となります。後半戦からの巻き返しを誓い、いまこそ”全員力”で選手たちを後押ししましょう! キックオフは15時です!!

2018シーズン第15節 vs鹿児島ユナイテッドFC 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第15節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで首位・鹿児島ユナイテッドFCと対戦し、1−1の引き分け。順位は8位から6位に浮上しました。

秋田は前半14分、PA手前でパスを受けた前山恭平が左足を振り抜き、ゴール右隅に決めて幸先よく先制。前山は第3節・ガンバ大阪U-23戦以来となる今季2ゴール目。風上に立った前半は秋田がシュート7本を放ったのに対し、鹿児島は0本。鹿児島にチャンスを与えることはなかったものの秋田は追加点を奪うことができず。これが後半にどう影響するか。

エンドが変わった後半は鹿児島が追い風に乗って反撃に出る。対する秋田はGK清水慶記が好セーブを連発して再三のピンチを救うも、後半36分に相手の見事なミドルシュートが決まって同点に追いつかれてしまう。秋田はこのあと遊馬将也、藤田祥史を投入して勝ち越しを狙うも、逆に風下となった後半はシュート0本に終わり、1−1のまま試合終了。首位・鹿児島相手に互角の勝負を見せたもののあと一歩のところで白星を逃す結果をなりました。

この結果、6勝3分6敗で勝ち点21の秋田は8位から6位に順位を上げました。次節はお休みとなり、1週空けて7月8日(日)ホーム・あきぎんスタジアムに13位・SC相模原を迎えての一戦(15時キックオフ)となります。なお、トラフィックレンタリース様の冠マッチとなるこの日は、1990年代に数々のヒット曲を世に残したロックバンドT-BOLANの森友嵐士(ヴォーカル)、五味孝(ギター)の両氏がスペシャルゲストとして来場。試合前にミニライブが行われます。こちらもぜひお楽しみください!

前半戦最後のゲーム、3試合負けなしの秋田はホームで2カ月ぶりの勝利をあげることができるのか!? みんなでブラウブリッツ秋田を応援しよう! We are AKITA!!