タグ別アーカイブ: あきぎんスタジアム

2018シーズン第21節 vsグルージャ盛岡 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第21節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで13位・グルージャ盛岡と対戦し、後半39分に青島拓馬の逆転ゴールで2対1の勝利。順位は8位から7位に浮上しました。

グルージャ盛岡との”北東北ダービー”は毎年拮抗した勝負が繰り広げられているが、4月に行われたアウェイ戦では秋田が先制したものの後半に追いつかれ、そして試合終了直前に逆転ゴールを許すという悔しい結果となった。それだけにホームできっちりとこの借りを返したいところ。

先発メンバーは前節と変わらず。秋晴れとなったものの気温27℃と強い陽射しが照りつけるなか15時にキックオフ。前半の序盤は盛岡が高い位置でプレスをかけボールを奪いにくるのに対し、秋田はビルドアップ中でのパスミスから徐々に受けに回る展開となる。すると前半18分、相手のボールホルダーへの寄せが甘くなったところでミドルシュートを打たれると、ブロックにいった秋田の選手の身体にわずかにかすったシュートはそのままドライブぎみに回転しながらGK松本拓也の伸ばした手をすり抜けてゴールネットへ。秋田が先制ゴールを許す展開となる。

逆転勝ちが少ない秋田としては序盤から苦しい展開となるも、ここで崩れることなく連続失点を防ぐと前半30分を過ぎたあたりから徐々に秋田ペースで試合は展開。決定機を何度か迎えるも得点ならず0対1のまま後半へ。

そして迎えた後半、先にリードを奪った盛岡がやや引いた状態となったところで徐々に秋田が攻勢に出ると前半8分、右サイド奥から平石直人がドリブルで中央へ仕掛けようとしたところで相手のディフェンスに阻まれるも、そのこぼれ球に反応した藤山智史がダイレクトでゴール前へクロスを入れる。すると、パンチングに行った相手GKの手をすり抜けたボールにファーで反応したのは、新加入で前節の秋田デビュー戦でも活躍を見せた外山凌。外山は高くジャンプして左足で合わせると、ボールはそのままゴールマウスへと吸い込まれてついに同点に! 前節では絶好のチャンスでゴールを決めることができなかった外山だったが大事な場面で貴重な同点ゴールを決めました。

後半の早い時間帯で追いついた勢いに乗る秋田。一方、秋田が前がかりになったところでボールを奪って素早いカウンターを仕掛けたい盛岡もその思惑通り再三にわたって秋田ゴールを脅かすも得点ならず。ここで秋田の間瀬秀一監督は、青島拓馬、中村亮太、久富賢と攻撃型の選手を次々とピッチへ投入して逆転を狙いに行く。

ダービーらしい両者譲らぬ目まぐるしい展開となるなか、試合が終盤にさしかかった後半39分、左サイドでの競り合いからのこぼれ球を日髙慶太がダイレクトで前線へ送ると、抜け出した中村亮太がボールをキープしたまま向きを変えてすかさずクロスを入れる。するとファーにいた久冨がヘディングで折り返したところにゴール前へと走り込んでいた青島が懸命に右足を伸ばしてボールを押し込み逆転ゴール! J2昇格、J3連覇に向けて勝ち点3を積み重ねていきたい秋田がついに試合をひっくり返します。そしてアディショナルタイム3分をしっかり最後まで闘い切った秋田についに歓喜のときが! リーグ戦では2年前の11月にホームで行われたSC相模原戦以来となる約1年10カ月ぶりの逆転勝ちで、秋田は今季2度目の3連勝となりました。

新加入選手の同点ゴール、そして途中交代の3人でつないだ逆転ゴールで勝ち点3をゲットした秋田は、9勝3分8敗で勝ち点を30とし、順位は1つ上がって7位に。J2昇格圏内となる2位との差は7のまま縮まらなかったものの、秋田とは勝ち点1差で4〜6位の3チームが並んでいるだけにまずは上位進出が射程圏内となってきました。

さて次節は9月8日(土)に敵地でSC相模原と対戦(相模原ギオンスタジアム、17時キックオフ)となります。7月にホームで対戦した際は後半に逆転を許して敗戦。直後に杉山弘一前監督の電撃解任へとつながったゲームだけにアウェイできっちりリベンジしたいところです。そして勢いに乗るチームは今季初の4連勝を目指します!

2018シーズン第20節 vs藤枝MYFC 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第20節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで14位・藤枝MYFCと対戦し、4対0で完勝。順位は8位に浮上しました。

約1カ月の中断期間を経てリーグが再開し、いよいよ後半戦に突入。7月に間瀬秀一監督が新たに指揮を執ることになった秋田は、この中断期間でチーム作りの見直しを行い、この日はこれまでとは異なるフォーメーションで試合に臨みました。トレーニングマッチ中のケガによって長期離脱となったキャプテン山田尚幸に代わり先発入りを果たしたのはこの試合でJ通算50試合出場となる日高慶太。さらに水戸ホーリーホックから育成型期限付き移籍で加入した外山凌がさっそく先発出場。持ち前のスピード&ドリブル突破に期待がかかります。

なお試合前には、この夏の第100回全国高校野球選手権において秋田県勢では第1回以来となる103年ぶりの準優勝を果たし、秋田県民に感動と勇気を与えた金足農業高校の活躍と栄誉を称え、われわれBLUE+AKITAでは「金足農、感動をありがとう! 次はオレたちの番だ!!」のメッセージ幕を掲げました。あらためて金足農高校のみなさま、おめでとうございます!

試合はその新戦力・外山によってチャンスを迎えます。前半11分、左サイドでパスを受けた山田樹がダイレクトで前方の外山にスルーパス。外山はドリブル突破で抜け出して中央へ切り返すと、すかさず右足を振り抜く。グラウンダーの鋭いシュートは惜しくも外れてポスト直撃も、跳ね返ったボールに詰めていた平石直人がそのまま押し込んで先制ゴール! 外山の積極果敢な攻撃によって生まれたチャンスをきっちり決めた平石は秋田での初ゴールとなりました。

前半1点リードで折り返した後半。反撃に出る藤枝に対してリードを広げたい秋田は後半8分、この日は右サイドバックでの出場となった藤山智史が前線の古田寛幸へパスを入れると、古田は見事なトラップで相手選手2人を一気にかわして抜け出すことに成功。ドリブル突破から中央へ切り返した古田がシュートを放つと、このシュートが相手DFに当たってコースが変わり、そのままゴールへ。前節の長野戦に続き、積極的な攻撃から生まれたオウンゴールによって秋田に待望の追加点です!

中断期間前と変わって多彩な攻撃パターンで相手陣内へ攻め込む秋田は、後半24分に古田が今度はきっちり自らゴールを決めて3点目。さらに後半38分には日髙のクロスをペナルティーエリア手前にいた藤田祥史が巧みな胸トラップで空いたスペースに落とすと、そこに走り込んだ前山恭平が右足を振り抜いて4点目。一方、守ってはGK松本拓也、そして山田尚に代わってキャプテンマークをつけた尾本敬を中心に秋田守備陣がしっかりとゴール前を固めて藤枝攻撃陣をシャットアウト。複数ゴール&完封という最高の結果でリーグ再開の大事な初戦を白星で飾りました!

この結果、8勝3分8敗で勝ち点27の秋田は順位が9位から8位へ。J2昇格圏内となる2位との勝ち点差を7に縮めました。3連勝狙う秋田の次節は、ホーム・あきぎんスタジアムにグルージャ盛岡を迎えての”北東北ダービー”となります。4月のアウェイ戦では試合終了直前の失点で逆転負けを喫して悔しい想いをしてるだけに、きっちりとホームでリベンジしたいところ。キックオフは15時です!

2018シーズン第17節 vs SC相模原 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第17節、ブラウブリッツ秋田はホーム・あきぎんスタジアムで13位・SC相模原と対戦し、1-2で敗北。前半戦最後の試合を勝利で飾ることはできませんでした。

応援用の太鼓をご提供いただくなど我々BLUE+AKITAも大変お世話になっているトラフィックレンタリース様の冠マッチで行われた今節には、スペシャルゲストとして90年代に数多くのヒット曲を生み出したロックバンドT-BOLANの森友嵐士さん、五味孝氏さんが来場し、試合前にミニライブを披露したほか、さらにサプライズゲストとしてボクシング元世界3階級王者の亀田興毅さんも来場し、スタジアムに集まった観客を大いににぎわせてくれました。

試合は、前節から先発メンバーを3人入れ替えて臨んだ秋田が前半40分、田中智大のクロスをゴール前に飛び込んだ藤山智史が頭で合わせて先制。そして1−0で折り返した後半、秋田は序盤で迎えたチャンスを逸して追加点を奪えずにいると後半18分、同32分と立て続けに失点し、そのまま1−2で逆転負け。前半戦最後のゲームを白星で飾ることができず、6勝3分7敗と負け越しで後半戦へと折り返すこととなりました。

その翌週7月11日(水)、杉山弘一監督の解任、新たな後任として2015〜2016シーズンに秋田で指揮をとった間瀬秀一氏の監督就任が発表されました。また翌日には2015シーズンからチームを支えてきた菅原太郎コーチの契約解除も発表され、シーズン途中で監督交代劇が起こるというチーム初の緊急事態が起こってしまいました。

これまでチームを率いてきた杉山前監督、そして縁の下の力持ちとして選手と監督を支えてきた菅原前コーチの両氏には心より感謝を申し上げます。まだシーズン途中ではありますので、今季の目標であるJ2昇格を達成してから改めて御礼を申し上げることができればと思っております。

さて次節は7月16日(月・祝)、海の日の開催となります。ホーム・あきぎんスタジアムに首位・FC琉球を迎えての一戦です。秋田に再び帰ってきた間瀬新監督の初陣となります。後半戦からの巻き返しを誓い、いまこそ”全員力”で選手たちを後押ししましょう! キックオフは15時です!!