タグ別アーカイブ: 小澤章人

土壇場でまさかの展開…… 7月1日アウェイ FC東京U-23戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第15節、ブラウブリッツ秋田は敵地でFC東京U-23と対戦し、1対1でドロー。秋田は2位・カターレ富山に勝ち点3差をつけて首位をキープしました。

会場となった味の素フィールド西が丘には秋田側応援席に全国各地から約250名の方々が集結。首位・秋田の試合を観ようと初めて観に来られた方も多く、試合前から異様な盛り上がりとなりました。またこの日はわざわざ秋田からNHK秋田放送局『ニュースこまち』様が、さらにTBS『スーパーサッカー』様が取材に来られておりました。秋田ではパブリックビューイングが開催されそちらにも約50名のサポーターが集結。その模様とあわせて週明け月曜の『ニュースこまち』のなかで放送されております。

さて試合のほうですが、連戦の疲れ&梅雨の蒸し暑さからか前半から動きがやや重い秋田に対し、チャンスがあれば積極的にシュートを放ってくるFC東京U-23。再三のピンチもGK小澤章人の好セーブでなんとかゴールを守り前半スコアレスで後半へ折り返しとなります。

後半も果敢に攻める相手に対し、なかなかチャンスを作り出せない秋田。すると杉山弘一監督は後半15分に古田寛幸を代えて青島拓馬、さらに同25分には久富賢に代えて6月の富山戦で途中出場から同点ゴールを決めている遊馬将也をピッチへ。すると同35分、右サイドから中央へ送られたボールを韓浩康がヘディングで落とすと、ペナルティエリア内で受けた田中智大が相手DFを背にしたまま反転して左足でシュート。これは相手GKのセーブで弾かれるも、こぼれ球を狙って詰めていた遊馬が左足でゴールへ流し込んで秋田が遂に先制! 遊馬は今季2ゴール目。苦しい展開ながらも秋田が終盤でリードを奪います。

そして時間をうまく使いながらアディショナルタイム(3分)へ突入し、試合終了直前にまさかの展開が……。残り1分を切ったところで相手のコーナーキックに。時間的にも相手にとってはおそらくこれがラストチャンスとなるプレー。相手GKも上がって攻撃に参加します。そしてこのコーナーキックから相手GKがシュートも小澤がしっかりとキャッチ。すると相手ゴールが無人でガラ空きとなっていることもあってか小澤がすぐさまリスタートで前線へボールを蹴り出します。ところが足元がやや滑ったか小澤が体勢を崩しながら蹴り出されたライナー性のボールが自陣ペナルティエリア手前にいた主審の足に直撃。そのまま相手ボールとなりゴール前へクロスを入れられると、途中出場の相手FW原大智にヘディングシュートを決められてまさかの失点で追いつかれます。

この直後、秋田は18歳の現役高校生・鎌田斗来がプロ公式戦デビュー。チーム史上最年少出場記録を更新した鎌田は田中からのセンタリングを合わせようするもミートせずに枠外となり、惜しくもファーストタッチでの初ゴールとはならず。そしてこの直後に試合終了のホイッスル。今季初めて追いつかれる形でのドローとなった秋田にとっては勝ち点3を逃す惜しい結果となりました。しかし、開幕から無敗は継続しており13戦負けなし。さらに昨季から続く17戦負けなしでJ3記録に並びました。

この結果、10勝4分で勝ち点34の秋田は、今節勝利している2位・カターレ富山がとの勝ち点差が5→3に縮まるも依然として首位キープ。前半戦残り2試合の秋田に対し、試合を多く消化している富山は残り1試合のため、次節の結果によっては秋田の前半戦首位ターンが確定します。その次節は7月9日(日)ホームのあきぎんスタジアムで17位Y.S.C.C.横浜と対戦(15時キックオフ)です。2位以下との差を広げるためになんとしてでもホームで勝ち点3をゲットしたい一戦。相手は最下位とはいえ第15節では好調・FC琉球と引き分けており、けっして侮れません。全力応援で選手たちを後押ししましょう!

それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!

PK職人・田中が川口から決めた! 6月25日ホーム SC相模原戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第14節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでSC相模原と対戦し、1対0で勝利。リーグ一番乗りで二桁勝利に到達した秋田は、2位・カターレ富山に勝ち点5差をつけて首位をキープしました。

FWとDFに長身選手を揃えて高さを活かした攻撃を展開する相模原に対し、秋田はDF陣が身体を寄せて対応。0対0で折り返した後半、最初にチャンスが訪れたのは相模原。後半6分にはペナルティーエリア手前で得たFKのチャンスもシュートはクロスバー直撃。これに対し、秋田は同19分に左サイドにいた藤山智史からクロスが送られると、これを逆サイドの一番離れたところで受けた古田寛幸が胸トラップから中に切れ込んでシュートを打つも枠外でゴールならず。

ここから徐々に秋田にカウンター攻撃からのチャンスが生まれると、後半34分に最終ラインからやや下がった位置でパスを受けた古田が前線へロングフィード。このパスが相手DFの間を通ると、裏に抜け出した田中がボールを拾ってドリブルでPA内へ侵入。ここで田中はゴール前でフリーとなっている藤山にセンタリングすると、ボールがスライディングでブロックにきた相手DFの腕に当ってハンドの判定。PKを獲得する。蹴るのは田中。祈るような気持ちで見つめる観客の想いを背に、田中は見事にPKを決めて秋田がついに先制! 約1カ月ぶりのゴールとなった田中は今季7ゴール目。

このあと相模原の逆襲を受けた秋田だが、GK小澤章人の好セーブ、DF深井脩平の身体を張ったブロックなど最後までゴールを守り切った秋田が1対0で勝利。今季3度目の連勝を飾った秋田は開幕から13戦負けなし。さらにリーグ一番乗りで二桁勝利に到達。この結果、10勝3分で勝ち点33の秋田は2位・カターレ富山に勝ち点5差をつけて首位を守りました。

次節は7月1日(土)敵地・味の素フィールド西が丘にてFC東京U-23と対戦です(17時キックオフ)。昨年のアウェイ対戦時には秋田が敗れており、そのリベンジとなります。現地に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!

山田樹、値千金Vゴール! 6月4日アウェイ 栃木SC戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第11節、ブラウブリッツ秋田は敵地で栃木SCと対戦し、1対0で勝利。2連勝の秋田は2位・カターレ富山に勝ち点5差をつけて首位をキープしました。

敵地での1、2位対決となった一戦。会場の栃木県グリーンスタジアムには約100人近い秋田サポーターが集結。またザスパクサツ群馬サポーターの方々もかつて所属していた有薗真吾選手の応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!

昨年の当地での対戦では、約8500人を動員した超アウェイという状況のなかで好ゲームを展開するも、試合終了間際の失点で敗れてしまった秋田(0-1で敗戦)。ホームの力を思い知らされた一戦だっただけに、今年はこちらも負けじと全力応援で選手たちをサポートしました。

ゲームは上位対決とあって互いに一進一退の攻防に。フォーメーションを変えて秋田と同じく3バックとしてきた栃木と前半はミラーゲームとなる。前半の秋田はわずかシュート2本。それに対し、栃木は決定的場面を演出するもシュートがゴールポストに当たるなど決定力を欠いてゴールとはならず。秋田としては4試合連続無失点中の堅守でゴールを守る間に先制したいところ。

スコアレスで折り返した後半、エンドを変えていた秋田はホーム側に向かって攻める。後半10分、ペナルティエリア手前でパスを繋いで深井脩平がミドルシュートもわずかに外。同16分、杉山弘一監督は青島拓馬に代えて古田寛幸をピッチへ投入し、得点を狙いに行く。その直後、交代したばかりの古田から前線の田中智大を経由して前山恭平へパスが繋がるも前山のシュートは枠外。ここから徐々に秋田が敵陣へと攻め込む時間が増える。すると同37分、右サイドの古田がやや内に切れ込んでからロングパスを前線へ。田中と相手DFの競り合いからのこぼれ球を拾った山田樹がダイレクトで左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール右に突き刺さってゴール! 山田樹の今季2ゴール目が秋田に待望の先制点をもたらす!

このまま逃げ切りを図りたい秋田は栃木の反撃に対して堅守が光る。同42分には相手のクロスが通ってヒヤリとする場面も山田樹が懸命に足を伸ばして相手FWのシュートを阻む好守備でこの日最大のピンチを逃れると、最後はゴール前での相手のシュートを小澤章人が弾き出して試合終了のホイッスル。虎の子の1点を守り切った秋田が、2位・栃木との上位対決を制して昨年のリベンジを果たしました!

この結果、8勝2分で勝ち点26の秋田はこの日2位に浮上したカターレ富山に勝ち点差5で首位キープ。そして次節はホーム・あきぎんスタジアムにて2位の富山を迎えての再び上位決戦となります。6月からキックオフ時刻の変更により、15時キックオフとなります。

昨年と同じく開幕から10戦負けなしの秋田ですが、昨年と異なるのは勝ち星を多く積み上げていること(昨年は5勝5分)。上位との対決が続きますがこのまま勝ち点3を積み上げて首位独走としたいところです。5試合連続無失点中の秋田守備陣に負けじとリーグ2位の得点力を誇る攻撃陣の爆発に期待しましょう!
それではあきぎんスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!