タグ別アーカイブ: 沖縄県総合運動公園陸上競技場

2018シーズン第10節 vs FC琉球 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第10節、ブラウブリッツ秋田は敵地で7位・FC琉球と対戦し、0-0のスコアレスドロー。順位は4位からひとつ下げて5位となりました。

8日で3試合と連戦が続く今年のゴールデンウィーク。その3戦目が秋田から最も距離が離れている沖縄でのアウェイゲームとなりました。秋田をはじめ全国各地から約20名のサポーターが応援に駆けつけた一戦。ナイトゲームながら会場の沖縄県総合運動公園陸上競技場のキックオフ時の気温は25℃、湿度71パーセントと連戦が続く秋田にとってはやや厳しいコンディションのなか、19時にキックオフ。

試合前にはピッチ上に水が多く撒かれ、相手ゴール陣内はややスリッピーな状態でさらにピッチ上はかなり蒸し暑くなっており、試合全体を考えると前半から飛ばすというのはなかなか難しく、両チーム共に相手の持ち味となっている攻撃を警戒した慎重な試合運びで前半が進みます。エンドが変わって風下となった秋田は空いたスペース、あるいは相手の裏を狙ってパスを供給するも球足が速くなったピッチに手を焼いて前線でボールが収まらず。一方、細かいパスを繋いで相手陣内に攻め込むのを得意とする琉球も秋田の鋭いカウンター攻撃を警戒してか、中盤までボールを運ぶものの高い位置でプレスをかける秋田のディフェンスに前線までパスをつなげることができません。

前半はお互いに決定機をなかなか作ることができずスコアレスのまま後半へ。後半2分、秋田がゴール前での混戦からこぼれ球をつなぎ最後は韓浩康がミドルシュートを放つもわずかに外れてゴールならず。一方、琉球は後半の頭から入った長身のカルボンにボールを集めてチャンスを伺う。

両者一歩も譲らない展開のまま迎えた後半33分、秋田は左サイドから中央を経由して反対サイドへパスを繋ぐと、右サイドを駆け上がった青島がドリブルでペナルティエリア内へ侵入し、素早くグランダーのクロスを入れるも相手GKのブロックに阻まれる。その直後には逆に相手に攻め込まれてシュートを打たれるもGK清水慶記の好セーブで得点を許しません。

後半のアディショナルタイムは3分。秋田は試合終了間際にこの日一番の決定機を迎えるも、こぼれ球をダイレクトで打ち返した山田樹のミドルシュートはゴールポストに直撃してゴールならず。最後まで激しい攻防となった一戦はスコアレスのまま試合終了となりました。

今季初の引き分け、アウェイで勝ち点1を獲得した秋田は、5勝1分4敗の勝ち点16で順位は前節からひとつ下げて5位に。しかし首位・沼津とは勝ち点3差まで迫っており、次節以降の闘いからも目が離せない展開が続きます。その次節は5月20日(日)、ホーム・あきぎんスタジアムに13位・AC長野パルセイロを迎えての一戦となります。第10節を終えて1勝6分2敗と勝ち点をなかなか伸ばせず苦戦している長野ですが、今季から加入したFW津田知宏はJ1・J2の舞台でも経験豊富で、現在4試合連続得点中と長野攻撃陣のなかでひとり気を吐いており、秋田としては要警戒です。秋田としては、ホームでの対長野戦はまだ未勝利なだけに、宿敵を撃破して集まったサポーターに勝利を届けたいところ。注目の一戦は13時キックオフです!

首位奪取! 4月30日アウェイ FC琉球戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第6節、ブラウブリッツ秋田は敵地でFC琉球と対戦して結果は6対1で勝利。4連勝を飾っった秋田は昨年5月以来となる首位に躍り出ました!

J3リーグの最北端と最南端のチームが激突する一戦。前回の対戦では秋田が琉球から勝利を上げているものの(2016シーズン最終戦11月20日、結果は2−0)、沖縄アウェイにおいては2012シーズンに勝利をあげて以降、4年間勝利から遠ざかっております。さらに昨シーズンの沖縄アウェイでは、試合終了間際に相手にPKを与える絶体絶命の大ピンチを松本拓也のスーパーセーブによってドローに持ち込んだ一戦(2016年5月29日、結果は1−1)は記憶に新しいところ。秋田にとってはまさに鬼門の沖縄アウェイとなります。

日中は25℃を超える夏日となったこの日の沖縄。キックオフの時点(17時)でも強い日差しが照りつけるなか、秋田の応援席には秋田をはじめ全国各地から約20名近いサポーターが集結しました。いつもありがとうございます! さて試合のほうですが、開始早々に動きます。前半1分、秋田は相手陣内でFKのチャンスを得ると、ゴールから約20mちょっと離れた位置からキッカー前山恭平が蹴ったボールをゴール前へ飛び込んだ有薗真吾が頭で合わせてゴール。盛岡戦、鳥取戦と同じくまたしても前山-有薗のホットラインから生まれたゴールによって秋田が幸先よく先制します。これにより有薗は3試合連続ゴールです。

勢いに乗る秋田は追加点を狙いに攻めかかりますがシュートまでは至らず。すると前半30分をすぎたあたりから同点に追いつきたい琉球の攻撃に秋田は押し込まれ、自陣内でプレーする時間が多くなってきます。GK小澤章人&秋田DF陣の奮闘と相手のフィニッシュの精度にも助けられ、ゴールを死守する秋田。すると前半39分、相手が最終ラインまでボールを下げ、再び中盤にパスを入れようとしたところにプレスをかけていた前山がパスカット。そのこぼれ球を田中智大がすかさず奪うと、ゴール前へ抜け出した前山に左足でパス。これを前山が右足で合わせるとボールはゴール左に突き刺さってネットを揺らしゴール。前山は今シーズン初ゴール。相手の反撃に防戦一方となっていた秋田が相手の一瞬のスキを見逃さず待望の追加点を奪います。そして前半終了。

2点リードで後半を迎えた秋田は、エンドが変わって風上となります。すると後半4分、相手との競り合いからのこぼれ球がペナルティエリア手前左にいた田中につながると、田中は一気にドリブル突破からエリア内へ侵入してゴール前へクロス。これを相手DFの前に入って受けた久富賢が相手GKの位置を確認してからゴール右にシュートを放ってゴール。さらにリードを広げるゴールを決めた久富は2試合連続、今季4ゴール目。そしてラストパスを送った田中はこの日2アシスト目です。

リードを3点としてた秋田、ここからさらに怒涛の攻撃が始まります。後半12分、相手のクリアボールを山田尚幸が拾うと、右に開いた藤山にボールを渡し、自身は一気に前線へと駆け上がります。この山田の動きを見ていた藤山は相手DF裏へ抜け出した山田めがけてループパス。これを見事なトラップから足下へおさめた山田は相手との1vs1をかわして中央へクロス。これをフリーとなっていた前山が頭で落とすと、ゴール正面でパスを受けた田中が相手3人に囲まれながらも巧みなボールキープから反転してシュート。これがゴール右に突き刺さってさらに追加点。田中の2試合連続ゴールで秋田はリードをさらに広げます。

そして後半16分には相手のPA内でのハンドによる反則から得たPKを田中が決めて5点目。同28分に相手に1点返されるも、直後の同31分には途中交代で入った山田樹が胸トラップから豪快なシュートを叩き込んで6点目。山田樹はうれしいJ初ゴールです。そして試合はこのまま終了。田中の2ゴール3アシストなどの大活躍で大量6点を奪った秋田が、鬼門の沖縄アウェイで完勝をおさめました。この結果、4連勝で勝ち点13とした秋田(4勝1分)は得失点で福島ユナイテッドFCを上回って首位に! もちろん無敗もキープです!

天皇杯初戦敗退のショックを振り払う完勝劇を見せた秋田の次節ホームゲームは、5月7日(日)秋田市八橋運動公園陸上競技場にて藤枝MYFCとの対戦(13時キックオフ)となります。あきぎんスタジアムではなく、八橋陸上競技場での開催となりますのでどうぞお間違いなく。さらにこの日は秋田市の小学生無料招待となっておりますので、GW最終日ぜひともご家族で現在首位のブラウブリッツ秋田のゲームをご観戦いただければと思います。それでは秋田市八橋運動公園陸上競技場でお会いしましょう!

5月29日アウェイ FC琉球戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第11節、ブラウブリッツ秋田は敵地でFC琉球と対戦。J3最北端チームvs最南端チームの一戦は1対1の引き分けで、それぞれが勝ち点1を分け合う結果となりました。

この日、FC琉球の本拠地・沖縄県総合運動公園陸上競技場には秋田、そして全国各地から約20名の秋田サポーターが応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございます!
さて、ナイターゲームとなったこの試合では、先発メンバーが3名入れ替わりとなりました。シーズン開幕戦では途中出場を果たしたものの負傷により戦列を離れていた下田光平が復帰していきなりの初先発。さらに、川田和宏、田中智大も今季初先発を果たしました。

気温30度、湿度81%という夜でも厳しいピッチコンディションのなか、19時半にキックオフ。前半、主導権を握ろうと攻勢に出る秋田に対し、FWパブロにボールを集めてチャンスを伺う琉球。そんななか前半18分、中盤で相手パスを奪った前山がセンターライン手前60m付近から超ロングシュート。前山が蹴ったボールは追い風に乗ってゴールへと向かっていくも、相手GKの好セーブに阻まれてゴールならず。しかしこのシュートで相手に傾きかけていた流れを呼び戻すことに。

そして迎えた前半27分、右サイドにて川田からのスルーパスで裏に抜けた久富賢がペナルティエリア右奥で相手DFをかわしてクロスを入れると、中央へ走り込んでいた田中が頭で合わせる。すると相手GKのキャッチングミスでこぼれたボールがゴールラインを割り、間瀬秀一監督の起用に応えた田中の今季初ゴールで秋田に待望の先制点が生まれます! これで秋田は開幕から11試合連続で先制点をあげたことになります。

ここからさらに追加点を狙いたい秋田でしたが、先制ゴール直後の同28分、左サイドから前線へクロスが放り込まれると、ヘディングでクリアしようとした新里彰平の頭上を超えたボールはファーにいた相手FWの田中恵太へと渡り、田中は見事なトラップからすかさずシュート。先制点をあげてからわずか1分で同点に追いつかれてしまいます。

1対1で折り返した後半、先にチャンスが訪れたのは秋田。同8分、相手からのファールによりPA右手前の好位置でFKを得ると、川田の左足から放たれたボールに下田が頭であわせてゴールネットを揺らす。しかし、これは惜しくもオフサイドの判定で勝ち越しとはならず。ここから秋田の間瀬監督は、同17分に先制ゴールをあげた田中と代えて堺俊暉、さらに同20分には川田と代えて呉大陸と前線の選手を次々と投入する積極策で勝ち越しを狙いに行きます。

幾度かチャンスがありながらシュートまでなかなか結びつかない秋田に対し、カウンターからゴールを狙いに行く琉球。すると同37分、琉球のカウンター攻撃からパスを受けたレオナルドにシュートを放たれるも、GK松本拓也が片手で弾き出すファインセーブで得点を与えず。そして両チームによる激しい攻防が続くなか後半ロスタイム(3分)へ突入。同47分、琉球は右サイドへと展開すると中央へセンタリング。これを浦島貴大が身体を張ってブロックするも、ボールが手に当たったという主審の判定によってハンドとなり、相手にPKを与えてしまう。琉球のキッカーを務めるのは同点ゴールを決めている田中恵太。そして運命の瞬間、田中の右足から放たれたシュートに対し、過去のデータから右へ飛んだ秋田の守護神・松本。するとこの読みがズバリ的中! 松本が田中のシュートをブロックすると、ここで試合終了のホイッスル。後半は得点が動かず、1対1のまま引き分け。最後の最後で迎えた大ピンチを凌いだ秋田が、敵地で貴重な勝ち点1を奪うという結果となりました。

この結果、秋田は開幕から11戦負けなし(5勝6分)と無敗をキープ。しかし、この日は上位につけていたSC相模原が試合に勝ったため順位が入れ替わり、秋田は首位と勝ち点で並ぶ(21点)も得失点差によって暫定2位となりました。

次節は、ホームのあきぎんスタジアムにて、今季からJ3に参入した鹿児島ユナイテッドと対戦です。5月は負け無しで好調の鹿児島との上位対決は、6月12日(日)13時キックオフです。当日は、隣接会場で他競技の大会など八橋地区で催事が集中しております。大変混雑が予想されますのでお気をつけてAスタまでおこしください。それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!