タグ別アーカイブ: ガンバ大阪U-23

2018シーズン第24節 vsガンバ大阪U-23 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第24節、ブラウブリッツ秋田はホーム・秋田市八橋運動公園陸上競技場でガンバ大阪U-23と対戦し、相手に先制を許したものの後半26分に久富賢のゴールで追いつき、1対1の引き分けとなりました。

ホーム開幕戦以来となる秋田市八橋運動公園陸上競技場でのリーグ戦。この日は午前中に全県少年サッカーの開会式も行われ、参加した選手らも試合を観戦。スタジアムには3418人の観衆が集まりました。

2020年東京オリンピックのサッカー日本代表候補も先発に名を連ねるガンバ大阪U-23に対し、秋田は前節からメンバーを入れ替えて外山凌が2試合ぶりの先発出場。3月のアウェイ戦で敗れているだけに秋田としては同じ相手に連敗は許されないところです。

試合は15時キックオフ。前半は序盤からG大阪U-23が押し気味に展開。前半14分にはGK松本拓也が身体を張って相手のシュートを見事にブロックし、秋田をピンチから救います。すると直後の同16分にはFKから右サイドに大きく展開すると、日高慶太のクロスに藤田祥史が頭で合わせますがゴールラインを割ることはできず。そして前半42分、秋田にビッグチャンスが訪れます。右サイドを藤山智史がドリブルで駆け上がると、前線で抜け出した古田寛幸にスルーパス。パスを受けた古田はドリブルでペナルティエリア内へ侵入し、ゴール前へクロスを入れます。このクロスを外山が胸に当ててコースを変えるとボールはそのままゴールネットを揺らし、秋田がついに先制……かと思われましたが、主審はハンドの判定でゴールは認められず。0対0のまま後半へ。

エンドが変わった後半、両チーム一進一退の攻防が続くと後半20分、秋田は相手にカウンター攻撃を許して失点。前節・ガイナーレ鳥取戦に続き、またも追いかける展開となります。すると直後の同26分、右サイドでファールを受けた外山の早いリスタートから江口直生へとボールが渡り、江口は日高とのパス交換から前線へフィード。ここでうまく抜け出した藤田がボレーシュートを放つも相手GKが身体で止めてブロック。しかし、このこぼれ球に詰めていた久富が豪快なシュートを叩き込んで秋田が同点に追いつきます! 久富は第22節・SC相模原戦での決勝ゴール以来となる今季5ゴール目。

さらにここから逆転を狙う秋田は、やや疲れが見えてきた相手に対して猛攻を仕掛けます。そして迎えた後半40分、秋田は自陣でのカウンター攻撃から途中交代で入った平石直人がドリブルで突破すると、同じく途中交代で入った前線の中村亮太にパス。中村は相手DFのブロックを冷静にかわして左足でシュートを放つも、これは相手GKのファインセーブに阻まれてゴールならず。後半だけで11本のシュートを放った秋田でしたが決定機で決めきることができず、1対1のままタイムアップ。ホーム2連戦は苦しい展開から追いつく粘りを見せましたがどちらも引き分けで終わり、勝ち点を大きく伸ばすことはできませんでした。

この結果、秋田は10勝5分8敗で勝ち点を35とし、順位は5位から6位へ後退。しかしJ2昇格圏内となる2位・アスルクラロ沼津との差は8としており、残り9試合で上位(沼津、鹿児島、群馬)との対戦を残してる秋田としては、厳しい闘いは続くもののまだまだJ2昇格のチャンスは残されています。そして次節は9月29日(土)敵地で3位・鹿児島ユナイテッドFCと対戦(白波スタジアム、19時キックオフ)です。J2昇格を狙うライバルとの直接対決。絶対に負けられない闘いです!

2018シーズン第3節 vsガンバ大阪U-23戦 試合結果

2018シーズン明治安田生命J3リーグ第3節、ブラウブリッツ秋田は敵地・パナソニックスタジアム吹田でガンバ大阪U-23と対戦し、1−2で敗戦。第3節を終えて1勝2敗の勝ち点3で15位の秋田は、次節にいよいよホーム開幕戦・福島ユナイテッドFC戦(秋田市八橋運動公園陸上競技場、13時キックオフ)を迎えます。

アウェイ3連戦、ミッドウィーク開催による連戦と北国のクラブチームにとっては開幕からハードな日程が続くなか、前節・ザスパクサツ群馬戦での惜敗から流れを変えたい今節。この日は冷たい風が強く吹き、さらに時折雨がパラつくコンディションのなか、会場となるパナソニックスタジアム吹田には約50名近くの秋田サポーターが集結しました。

開始直後から主導権を握っていた秋田でしたが、前半15分に相手への寄せの甘さから放たれたミドルシュートが見事に決まって失点。しかし秋田も前半24分に相手のバックパスを奪った前山恭平がドリブルでゴール前へ持ち込んでシュート。これが決まって同点に追いつくと前半は風上となっている秋田は一気に攻め立てますが勝ち越すことはできず後半へ。

風下となった秋田は後半も勝ち越しを狙って攻め込むも絶好機に放ったシュートはいずれも枠内を捉えることができず。逆に後半34分、相手のクロスに対する処理を誤ったところを押し込まれて勝ち越しを許した秋田は終盤にパワープレーでゴールを狙うが追いつくことができず試合終了のホイッスル。2試合続けて競り負ける結果となった秋田は、2連敗と苦しい状況でホーム開幕戦を迎えることとなりました。

次節は中3日空けて25日(日)にホーム開幕戦、福島ユナイテッドFCと対戦(秋田市八橋運動公園陸上競技場、13時キックオフ)です。この日のためにシーズンオフから『1万人応援プロジェクト』が進められ、当日も多数の来場が見込まれます。周辺の駐車場は数に限りがございますので、公共交通機関での来場が可能な方はご協力何卒よろしくお願いいたします。

試合情報など詳細についてはブラウブリッツ秋田公式サイトをご参照ください。

連敗脱出! 8月27日ホーム ガンバ大阪U-23戦を終えて

2017シーズン明治安田生命J3リーグ第20節、ブラウブリッツ秋田はホームのあきぎんスタジアムでガンバ大阪U-23と対戦し2対0で勝利。連敗を脱出した秋田が、2位・アスルクラロ沼津に勝ち点4差をつけて首位をキープしました。

約1カ月の中断期間を経てリーグ再開となった今節。相手は先月のアウェイゲームで秋田に今季初黒星をつけたガンバ大阪U-23だ。優勝を目指すには同じ相手に再び負けることは許されません。中断前の連敗からの脱出、そしてホームできっちり借りを返したい秋田は、ゴールキーパーの松本拓也、ボランチの日髙慶太が今季リーグ戦初先発。さらに2種登録の現役高校生プレイヤー、鎌田斗来もベンチ入りしました。

試合は15時半にキックオフ。序盤、左サイドから攻撃を組み立て突破を図る相手をファウルで止めていきなりピンチを迎えるも、守護神・松本を中心に秋田守備陣が懸命のディフェンスでゴールを守ります。一方、攻撃では前半23分に最終ラインの下田から前線の田中智大へ縦パスが入ると、田中は抜け出した古田寛幸にスルーパス。パスを受けた古田はドリブルで一気にペナルティエリア内へと侵入し、前に出て止めようとしたキーパーをかわしてシュートを放つもゴール前まで戻ってきた相手DFに弾き出されて惜しくもゴールとはなりません。前半はお互いに幾度かチャンスを得るものの相手のディフェンスに阻まれ、スコアレスで終えます。

迎えた後半、開始早々に得たセットプレーで混戦から有薗真吾がヘディングシュートを放つも、これもまた相手選手が頭で弾き返してブロック。なかなかゴールを割ることができない秋田ですが後半18分に大きなチャンスが生まれます。右サイドの下田から前線の田中へロングパスが送られると、相手のクリアボールを拾った日高が右へ開いた久富賢にダイレクトパス。このパスを受けた久富がすかさずゴール前へクロスを入れると、相手DFの死角から走り込んできた前山恭平が頭で合わせます。すると叩きつけたシュートはワンバウンドしてゴール右へ突き刺さり、ようやく秋田に先制点が生まれます! 前山は今季6ゴール目。

1点リードした秋田はこのまま逃げ切りたいところですが、ここからG大阪U-23の反撃を受けます。しかし、再三のピンチも松本の好セーブによって得点を許しません。勝負を決めるためにも追加点が欲しい秋田は後半40分、ピッチ中央左からのFKでキッカーの前山がふわりと浮かせたパスを同じ左サイドにいた久富へ送ると、このパスを受けた久富は相手選手との1vs1をかわして中央へと切り込んで行き、左足を振り抜きます。この久富が放ったグラウンダーのシュートがゴール右のサイドネットを揺らして待望の追加点! 久富は5月の藤枝戦以来となる今季6ゴール目。この日は1ゴール、1アシストと大活躍です!

試合はこのリードを最後まで守りきった秋田が、6月の相模原戦以来となる今季8試合目の完封勝利でリベンジ達成。この結果、12勝4分2敗となった秋田はリーグ一番乗りで勝ち点40に到達。この日2位に浮上したアスルクラロ沼津に勝ち点4差をつけて首位をキープしました。次節はホーム連戦となり、3位・栃木SCを迎えての上位対決となります。優勝争いを左右する大一番、J2昇格を目指して臨んでくる相手を返り討ちできるか、注目の一戦はあきぎんスタジアムで15時キックオフです!

それではスタジアムでお会いしましょう。We are AKITA!!