作成者別アーカイブ: jun01

11月23日ホームSC相模原戦を終えて

2015シーズン明治安田生命J3リーグ第39節、ブラウブリッツ秋田はSC相模原に2対2での引き分けとなりました。

前半を2対0で折り返したものの後半に連続失点。今期のチームを象徴するような悔しい結果となりました。

試合前の選手バス出迎えでは、これまでで最も多くの皆さんにバス出迎えに参加して頂きました。
ゲートフラッグや旗、メッセージボード、写真などを手に声援を送ってくださった皆さん、コンコースから横断幕を掲出してくださった皆さん、ありがとうございました。

試合では、メインスタンドの皆さんにも多数応援に参加していただきました。
試合前の時間帯にセットプレーチャンス時のタオルアクションによる応援を説明するお時間をいただいて、試合中のセットプレー時には多くの皆さんにタオルを回しての応援に参加していただきました。
手拍子や拍手も普段の試合以上にスタジアムを包み込み、特に試合終盤の攻撃時にはスタジアム全体が揺れるような雰囲気があったと感じています。
残念ながら、この日はその雰囲気が結果に結びつく前に試合終了となってしまいましたが、このようなスタジアムの熱を継続できれば、きっとピッチ内での試合にも反映されていくと思います。

試合開始前、選手も含めスタジアムの皆で秋田県民歌を歌ったことも、これまでにない試みでした。

ゴール裏では、ひさしぶりにホームスタジアムでの歌詞字幕応援「トラパンツ」を実施しました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

そして、はじめてゴール裏に来てくださった皆さん、応援に参加してくださった全ての皆さん、ありがとうございました。
もしよろしければ、ぜひ来シーズンもゴール裏に足をお運びください。

来年もまた、皆でブラウブリッツ秋田を応援していきましょう!

11月15日アウェイFC町田ゼルビア戦を終えて

2015シーズン明治安田生命J3リーグ第38節、ブラウブリッツ秋田はFC町田ゼルビアに0対2での敗戦となりました。

前節の藤枝MYFCに続いての複数失点での連敗でした。
試合後の選手、監督のコメントにもあったように、優勝を争うチームとの力の差を痛感させられた試合となりました。
その差を埋めていくのは容易なことではないかもしれません。それでも埋めていかなくてはならない差です。
試合の後、ゴール裏にむかって一礼する選手たちの表情には、その差を埋めていく決意が見えました。

試合会場、町田市立陸上競技場のアウェイ側応援エリアには、今シーズン最後の首都圏での試合ということもあり、多くの方にお越しいただきました。
秋田に様々な縁があり一緒に応援してくださった皆さん、秋田のサッカー、秋田の選手、秋田の応援に興味を持ってゴール裏に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
期限付き移籍で秋田に所属する選手の移籍元クラブのサポーターの方も大勢駆けつけてくださって、選手紹介の際にも大きな拍手と声援をいただきました。
もし秋田のゴール裏の雰囲気を気に入っていただけましたら、またぜひ足をお運びください。

残るはあと1試合。
ホーム、あきぎんスタジアムでの最終戦です。
シーズンをどのような試合で締めくくるのか、今シーズン積み上げてきたものの真価が問われる試合です。
あきぎんスタジアムを埋め尽くす来場者の全員力で、笑顔でシーズンを締めくくる試合にしましょう。

11月8日アウェイ藤枝MYFC戦を終えて

2015シーズン明治安田生命J3リーグ第37節、ブラウブリッツ秋田は藤枝MYFCに1対3での敗戦となりました。

7月26日のガイナーレ鳥取戦以来の敗戦。
アウェイ遠征募金に皆さんからお寄せいただいた寄付により飛行機での現地入りが可能となったこの試合ですが、それが単純に勝利には結びつかず悔しい結果となってしまったのも、またサッカーの複雑な部分かもしれません。

藤枝も秋田からの到達が難しいアウェイ試合会場の一つですが、天候の悪い中、多くの方が秋田側応援エリアでの応援に参加してくださいました。
特に、GK松本拓也選手の出身チームという縁で一緒に応援してくださった「香貫サッカー少年団」の皆さん、本当にありがとうございました。

2015シーズンのJ3リーグ戦も残り2試合。
今週末11月15日(日)はアウェイFC町田ゼルビア戦です。
ブラウブリッツ秋田にとっては今シーズン最後の首都圏開催試合です。
首都圏、関東地方をはじめ全国各地にお住まいの皆さん、秋田出身の方、秋田に縁のある方、それ以外の方も、秋田を応援してくださる方はどなたでも大歓迎です。
ぜひ町田市立陸上競技場のアウェイ側応援エリアにお越しください。

今シーズン最後のアウェイ戦を勝利で締めくくることができるよう、皆で後押ししましょう!