タグ別アーカイブ: 山田尚幸

4月9日天皇杯県予選決勝 ノースアジア大学戦を終えて

第27回秋田県総合サッカー選手権大会 兼 天皇杯秋田県予選決勝、ブラウブリッツ秋田はノースアジア大学と対戦して9対0で勝利。16年連続24回目(前身のTDKサッカー部時代を含む。ブラウブリッツとしては8年連続8回目)となる天皇杯本大会出場を決めました。

例年よりも約4カ月早く行われた今年の天皇杯予選。スーパーシードによっていきなり決勝戦の出場となる秋田は、準々決勝で秋田FCカンビアーレ、準決勝で秋田大学を下して勝ち上がってきた東北地区大学サッカーリーグ1部所属のノースアジア大学と対戦しました。2日のグルージャ盛岡戦から先発メンバーを4人入れ替えて(下田光平、日髙慶太、遊馬将也、安芸銀治が今季初先発)このゲームに臨んできた秋田は、前半風下ながらも序盤からノース大陣内へ攻め込みます。

すると6分、ペナルティエリア内で安芸が倒されてPK獲得。これをキッカーの前山恭平が冷静に決めてまずは先制。さらに16分にはまたもペナルティエリア内で遊馬が相手GKとの競り合いあいからファールを受けてPKを獲得すると、キッカーの古田寛幸が確実に決めて追加点を奪います。その後も果敢にゴールを狙う秋田ですが相手の守備に阻まれ得点を奪えず。2点リードで折り返します。

後半も序盤からシュートを放っていく秋田ですが枠内を捉えることができず。それでも60分に古田のパスを受けた前山が相手DFをかわしてシュートを決めて3点目。ここからようやくエンジンがかかった秋田のゴールラッシュとなります。64分に山田尚幸、70分に深井脩平、73分には途中交代で入った堺俊暉がファーストタッチで決めて6点目。さらに81分には安芸が公式戦初ゴール、83分には山田がこの日2点目となるFKを直接決めると、最後は後半ロスタイムに安芸がこの日2点目となるゴールを決めて9点目。一方、守備では相手に撃たれたシュートは1本のみと無失点に押さえて完封。9−0の完勝で天皇杯本戦出場の切符を勝ち取りました。なお、天皇杯1回戦は4月22日(土)あきぎんスタジアムにて、東京都代表の国士舘大学との対戦(13時キックオフ)です。

また次節ホームゲームは、4月16日(日)あきぎんスタジアムにてガイナーレ鳥取との対戦(13時キックオフ)となります。秋田と同じく2勝1分で現在負けなしの鳥取。無敗対決となる注目の一戦です!

7月10日アウェイ AC長野パルセイロ戦を終えて

2016シーズン明治安田生命J3リーグ第16節、ブラウブリッツ秋田は敵地でAC長野パルセイロと対戦し、0対1で敗れてしまいました。

前節・セレッソ大阪U-23戦で引き分けながら連敗を止めた秋田。そして今節からいよいよリーグは後半戦に突入。秋田は、5月のホームでは引き分けに終わった長野と敵地・南長野運動公園総合球技場で対戦しました。

この日は、日曜の夕方開催ながら秋田をはじめ全国各地から約60名の秋田サポーターがゴール裏に集結。JFL時代から秋田が勝ち星をあげることができていない宿敵・長野が対戦相手とあってサポーターの応援にも力が入ります。そして試合前にはスタンド上部のコンコースにて既存チャント(カモン!)の変更点を確認し、練習を行いました。

さて試合については既報の通り、前半を0−0で折り返すと後半開始直後から攻勢に出た秋田。前山恭平が立て続けにシュートを連続で放つも相手キーパーのファインセーブに阻まれて得点ならず。守備においては、この試合でボランチに起用されたキャプテン・山田尚幸、そして3バックの1角として先発起用となった下田光平が間瀬秀一監督の起用に応えてピッチで躍動する。

しかし、長野が前線の選手を入れ替え、ロングスローやコーナーキックなどのセットプレーで状況を打開しにかかると、後半35分、ロングスローを途中交代で入った長野のFW塩沢勝吾に頭で合わせられ、先制点を許してしまう。残り10分、まずは同点に追いつきたい秋田は、田中智大、比嘉諒人、前線の二人が途中交代でピッチへ。後半44分、左サイドをドリブルで突破した呉大陸が相手DFとGKの間を突く絶妙なクロスを入れるも誰も合わせることができず。ロスタイムには山田のロングスローで最後まで相手ゴールを脅かすも、こぼれ球を拾った前山のシュートはゴール上を大きく飛び越えたところで試合終了のホイッスル。最後まで攻撃の手を緩めなかった秋田だが、課題としているセットプレーからの失点に泣く結果となってしまいました。

この結果、秋田は5勝7分4敗の勝ち点22で、順位は9位に後退。厳しい後半戦のスタートとなった。なんとしても勝利をあげて勢いを取り戻したい秋田の次回ホームゲームは、7月16日(土)あきぎんスタジアムにて、ガイナーレ鳥取との対戦(15時キックオフ)となります。今季初の土曜開催、そして15時キックオフといつもとは異なるのでお間違いなく!

なお当日は、隣接会場で他競技の大会など八橋地区において催事が集中しております。駐車場など周辺道路は大変混雑が予想されますのでお気をつけておこしください。それでは、あきぎんスタジアムでお会いしましょう!

5月22日ホーム AC長野パルセイロ戦を終えて

5月22日(日)に行われた2016シーズン明治安田生命J3リーグ第10節、ブラウブリッツ秋田はAC長野パルセイロと対戦。結果は1対1の引き分けで、それぞれが勝ち点1を分け合う結果となりました。

前節・カターレ富山戦との首位攻防戦を制し、いまだ無敗、そして首位をキープしているブラウブリッツ秋田。この日は、3位のAC長野パルセイロを本拠地・あきぎんスタジアムに迎えてのホームゲーム2連戦の2戦目。会場には2229名の観客が応援に駆けつけてくださいました。また、われわれBLUE+AKITAが応援活動を行っているゴール裏にも約200名の秋田サポーターが集まってくれました。いつもありがとうございます!

試合は、後ろから攻撃を組み立ててチャンスをうかがう秋田、ボールを奪ったらすばやく前線にロングボールを送ってチャンスをうかがう長野、という好対照の攻撃スタイルで前半から両チームが激しくぶつかり合います。リーグ戦においてPK以外の全得点がセットプレーからの得点の長野に対し、失点の多くがセットプレーからとなっている秋田は試合を通していかに集中力を切らさずに守ることができるかが試合のキーポイントとなりました。

そんななか前半40分にビッグチャンスが生まれます。ビルドアップから右サイドへとポジションを取ったキャプテン・山田尚幸が、前山恭平とのワンツーパスからエリア内へと走り込んでシュート。ブロックにきた相手GKの足に当たりながら後ろへと転がっていったボールがネットを揺らし、待望の先制点! 山田のJ初ゴールにスタジアム全体が沸きます。これで秋田は10戦連続で先制点を記録しました。

1対0で折り返した後半、風上に立った秋田が序盤から相手陣内の深くまで攻め込みますがなかなかシュートを打つまでには至らず。一方、長野は前半に続いて前線へのロングボール、長身を生かしたロングスローを多用し、シュートチャンスをうかがいます。この長野の攻撃に対して身体を張って守り続ける秋田守備陣。

しかし後半26分、長野が前線へふわりとパスを入れると競り合った相手FWとの接触によってPKを取られます。そしてこのPKを決められて同点。このあと秋田は川田和宏、田中智大、畑田真輝を投入して勝ち越しを狙いますがなかなかシュートを打てず。結局、後半はシュート0本のまま試合終了。これまでホームゲームでは1対0という僅差で競り勝ってきていた秋田でしたが、あと一歩のところで勝ちを逃す悔しい結果となりました。

しかしながら、この試合で引き分けたことにより、秋田は去年8月から続くホームゲーム13試合連続負けなしのJ3リーグ記録をさらに更新。さらに今シーズンいまだ無敗の秋田は、5勝5分の勝ち点20で引き続き首位を守りました!

次節は、5月29日(日)沖縄県総合運動公園陸上競技場にて、FC琉球との対戦となります。ナイターゲームとなるこの試合は19時30分キックオフです。秋田と同じく大幅な選手の入れ替えがありながらも開幕ダッシュに成功して好調をキープしている3位・琉球との首位攻防戦。現地・沖縄に来られる方は道中お気をつけておこしください。また、現地に来られない方も、それぞれの場所からブラウブリッツ秋田の勝利を願い、その想いを届けてください。

 

すべては秋田のために!
共に闘っていきましょう!!